過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「空母いぶき」

イメージ 1



「沈黙の艦隊」で知られるかわぐちかいじ原作のベストセラーコミック「空母いぶき」を、
西島秀俊と佐々木蔵之介の共演で実写映画化。

国籍不明の軍事勢力から攻撃を受ける中、それぞれの立場で国民の命と平和を守るため
奔走する者たちの姿を描く。

世界が再び「空母の時代」に突入した20XX年。日本の最南端沖で国籍不明の軍事勢力が領土の一部を占拠し、海上保安庁の隊員を拘束する事態が発生。
未曾有の緊張感に包まれる中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とした護衛艦群を現場に派遣するが……。
西島が、航空自衛隊のパイロットとしての実績を買われていぶき艦長に抜擢された秋津竜太、佐々木が、海上自衛隊の生え抜きながら副長に甘んじる新波歳也を演じる。
監督は「沈まぬ太陽」「ホワイトアウト」などの大作を手がけてきた若松節朗。脚本は「機動警察パトレイバー」の伊藤和典と「亡国のイージス」の長谷川康夫。「ローレライ」「亡国のイージス」などで知られる作家の福井晴敏が企画に携わっている。



原作を無視している(敵が中国ではなく、某国にしてしまった)ことで、

ファンの間では辛口批評がおおいようで。

まるで原作を知らない自分は、

確かにストーリー上は小国の連合体とその裏で手引きをしている大国、な描き方であっても、

あ、なんかあの国に忖度してるよね?
って、すぐピンとくるよね。

でもさ、リアル現在は仲良くしておこうという雰囲気で国交をしているから

そこはしょうがないのかもね。

アメリカでも、他の国でも映画には仮想敵国はちゃーんと実名をだすのに

日本は大人の事情を大事にするもんね。

とはいえ、先入観がないので

実にリアル日本の立ち位置も感じられるし








自衛権とは?

自衛隊とは?

そして、戦争とは?

私たちの住む日本という国の

立ち位置も改めて感じられます。

防衛省全面協力のもと、各船の中もわかるし

海上自衛隊の艦隊好きにはたまりません。

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事