映画

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全122ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1



戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた三田紀房による同名マンガを、菅田将暉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督のメガホンで実写映画化。

日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。
山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。
山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。
数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。菅田が櫂役、舘ひろしが山本五十六役を演じるほか、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶らが顔をそろえる。



見たいなーと思いつつ、あまり期待もせず。

最近映画も見ていないし、やはり何かみたいーという、消極的な鑑賞で。。。



これがどうして、ストーリーが戦争映画の目線というより

一人の天才の話、とみる事が出来て 面白い。

えぐい冒頭の数シーンが戦争なのだ、というイメージを与えるのみで

菅田将暉が時代に巻き込まれながらも 自分の興味だけを 突き詰めるシーンが軸なので

周りに影響を与えていくのがわざとらしくないんだよね。

世の中が戦争へと向かう時代に、期せずして飲み込まれ

何かが変わってゆく。

ラストの涙は現代人に何かを感じ取ってほしい、そんな気がしたなー。




開く コメント(6)

「天気の子」

イメージ 1




「君の名は。」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。

離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。
そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があり……。
「兄に愛されすぎて困ってます」に出演した醍醐虎汰朗と「地獄少女」「Last Letter」など話題作への出演がひかえる森七菜という新鋭の2人が、帆高と陽菜の声をそれぞれ演じる。
そのほかの出演に小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子ら。

「君の名は。」に続いて川村元気が企画・プロデュース、田中将賀がキャラクターデザイン、ロックバンド「RADWIMPS」が音楽を担当。RADWIMPSが手がける主題歌には女性ボーカルとして女優の三浦透子が参加



美しい。とにかく映像が美しい。

うっかり、雨の東京に行ってみたくなるほどだからね。

えー、(ヾノ・∀・`)ムリムリ さわやか北海道から。。。。夏の雨の東京なんて


それくらい画面の中の街は

憧れるのにもってこいだったんだな。

ストーリーも、無理はあるけどそこはファンタジー。

泥まみれのおばさんも

ピュアなティーンエイジャーの心があったことを、

それをはるか彼方に置いていたことを 、

心の片隅から掘り起こされたか。


ただ、横の席の啜り泣きが気にはなった。

おばさんの固い地盤はちょっとやそっとじゃ深く掘れないようで。





開く コメント(0)

イメージ 1



さえない中年男性たちがシンクロナイズドスイミングで人生を再スタートさせるスウェーデンで実際にあった実話をもとに、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネらフランスの実力派俳優の共演で描いたヒューマンドラマ。

2年前から患ったうつ病により会社を退職したベルトランは、引きこもりがちな毎日を送っていた。
ある日、ベルトランは地元の公営プールで男子シンクロナイズドスイミングのメンバー募集の文字を目にする。
家族から軽蔑され、嫌味を言われる日常をなんとか打破したいと思っていたベルトランはチーム入りを決意するが、そのメンバーはいずれも家庭や仕事、将来など、ベルトランと同じように何らかの不安を抱えるおじさんの集団だった
。コーチであるシンクロ選手のデルフィーヌの指導のもとで、さまざまなトラブルに見舞われながらも彼らはトレーニングに勤しんでいた。
そんな彼らが無謀にも世界選手権での金メダル獲得を目指すことになるが……。



うっかり「ウォーター・ボーイズ」のようなさわやかさをもとめてはいけない。

どこまでも、おっさんたちの悲壮と哀愁がプールに溶け込む

そんな映画です。

実話らしいけど、あんなに過酷な練習をしても

お腹がひっこまない。。。中年あるあるのがまた、リアルに悲しい。

やる気、元気、勇気なんか

10年前に置き忘れてきたけれど、あれっ、

もうひと踏ん張りやれるのかな?

そんなささやかなモチベーションを与えてくれる

10名のシンクロスイマーたちに拍手と感謝を。

開く コメント(4)

「Diner ダイナー」

イメージ 1




藤原竜也と蜷川実花監督が初タッグを組み、平山夢明の小説「ダイナー」を映画化。

元殺し屋の天才シェフ、ボンベロが店主をつとめる殺し屋専用の食堂「ダイナー」。日給30万円の怪しいアルバイトに手を出したばかりに闇の組織に身売りされてしまった少女オオバカナコは、ボンベロに買われウェイトレスとして働くことに。
ボンベロが「王」として君臨するダイナーには、全身傷だらけの孤高の殺し屋スキンや、子どものような姿をしたサイコキラーのキッド、不気味なスペイン語を操る筋肉自慢の荒くれ者のブロら、ひと癖もふた癖もある殺し屋たちが次々とやって来て……。
ダイナーの店主ボンベロ役を藤原、物語の鍵を握る少女オオバカナコ役を玉城ティナが演じるほか、
窪田正孝、斎藤工、小栗旬、土屋アンナ、奥田瑛二ら豪華キャスト陣が殺し屋役で出演。



今までの蜷川監督作品では、これが一番好きかも。

藤原竜也のダイナー店主が、冷たいだけの元殺し屋ではない性格の立ち位置、

玉城ティナの目の演技、

そして、なにより!!!!!!!!!!

真矢みき姐さんの恰好良さったら(^^)/

真琴つばさ姐さんを援護に据えても圧倒的。

ずーっとあのシーンだけでもみていられるわー。

色が多すぎるゆえに

食事があまりにも添え物になったのは残念な所。

ストーリーもしっかりしていたし

演者が喜々として殺し屋になっているのを見ると

こちらまで、うれしくなっちゃう(笑)

ただ、おおばかなこがなぜ金庫をあけた?という謎はのこったままー。



開く コメント(2)

「新聞記者」

イメージ 1



「怪しい彼女」などで知られる韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を務める
社会派サスペンス。
東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤をオリジナルストーリーで描き出す。

東都新聞の記者・吉岡エリカのもとに、医療系大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届く。
日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、強い思いを秘めて日本の新聞社で働く彼女は、真相を突き止めるべく調査に乗り出す。
一方、内閣情報調査室の官僚・杉原は、現政権に不都合なニュースをコントロールする任務に葛藤していた。
そんなある日、杉原は尊敬するかつての上司・神崎と久々に再会するが、神崎はその数日後に投身自殺をしてしまう。
真実に迫ろうともがく吉岡と、政権の暗部に気づき選択を迫られる杉原。
そんな2人の人生が交差し、ある事実が明らかになる。
監督は「デイアンドナイト」の藤井道人。



なんで主役の女性記者を、韓国人女優さんを使ったのかなーって思ってたんだけど。

映画の後に、各レビューを読み知った、日本人女優のリスクを恐れた出演NG。

そりゃそうだよね。

しがらみのない外国人でなきゃ、なかなか難しかっただろう。

結果的に、悪くないバックボーンを持つ主人公になったのかも。

そして松坂桃李も、よくぞ出演したものだと。

これだけ政治の裏側をフィクションかノンフィクションかと想像させる作品だもの。

モリカケ、内部不正、官僚の自死。

「空母いぶき」では、もやっとさせた部分を

この映画は真正面から見せてくれたと思う。

告発の部分は多少軽く過ぎてしまった気もするが、

ラストの部分はとても考えさせられるシーンだった。





開く コメント(4)

全122ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事