映画

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1


「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロが監督・脚本・製作を手がけ、2017年・第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したファンタジーラブストーリー。

1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたという“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くように。
幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。そんな矢先、イライザは“彼”が実験の犠牲になることを知る

。「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスがイライザ役で主演を務め、イライザを支える友人役に「ドリーム」のオクタビア・スペンサーと「扉をたたく人」のリチャード・ジェンキンス、イライザと“彼”を追い詰める軍人ストリックランド役に「マン・オブ・スティール」のマイケル・シャノン。




さっき見て、帰宅したばかり。


何だろう。。この、世界観。

エロくてグロいシーンもあるのに 純愛にすら見えりして。

時代が1960年前半、当時の生活様式が 自分が子供のころ見ていたテレビの中のアメリカそのもので

心の中で妙に懐かしさとマッチングして、だけどテレビの裏側の大人の世界は

実は違うよと言われているようで。

やっぱりお伽噺なのかなぁ。

でも、サリー・ホーキンスの言葉の無い演技、124分が短かった。


正直、主人公の女性がなぜ゛彼゛に惹かれてゆくのか わからなかったけど、

その答えはラストに会ったようです。

エンディングはしばらく余韻を味わうための時間のようでした。


゛彼゛どこかで見たようなと思ったら仮面ライダーアマゾンだ(^^)/

なかなかのイケメンでした。




開く コメント(6)

イメージ 1


弘法大師としても知られる真言宗の開祖で、遣唐使として中国に渡った若き日の空海を主役に描く、日中合作の歴史ファンタジーミステリー。
夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を原作に、「さらば、わが愛 覇王別姫」「始皇帝暗殺」の名匠チェン・カイコーがメガホンをとり、主人公の空海を海外作品初挑戦となる染谷将太が演じた。

8世紀、遣唐使として日本から唐へやってきた若き僧侶の空海が、詩人・白楽天とともに首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫っていく。
空海の相棒となる白楽天を中国の人気俳優ホアン・シュアン、物語の鍵を握る楊貴妃を台湾出身のチャン・ロンロンが演じるほか、日本から阿部寛、松坂慶子らが参加している。



:原題「妖猫傳」

監督 陳 凱歌 チェン・カイコー



夢枕獏さんの原作は未読ですが、映画の出来上がりは

なんと壮大で、かつ 落ち着いた華やかさで

ある意味ミステリー仕立てでもあり。。。。

流石、チェン・カイコ―。




なぜ、吹替しか上映しないのか! 舞台は中国、詩歌をベースに進む物語、

それは日本語ではとうてい表せない叙情というものがあるではないか。

さんざんSNSで観客のつぶやきを

読んできたけど、私もそう思う。



だいたい、原題が「妖猫傳」という通り、だれが主役なのかって話だよね。

劇場にシニア層が多かったのは、邦題「空海」に

だまされ。。。いや、期待してたからなのでは?


中国映画ファンと、染谷君の地声を天秤にかけたら

日本語の方が、と思った配給さんは

カイコ―監督の世界観をDVDで見ろ、という事なのか。

どうか

出来上がりが大変面白いだけに、

一週間限定でもよいので、字幕版を見たいと思うの。


             微力ながら、同じ思いの方々のSNSをリツイートさせていただいてます。


開く コメント(4)

イメージ 1


綾瀬はるかと坂口健太郎が共演し、モノクロ映画の中のヒロインと現実世界の青年が織りなす切ない恋の行方を描いたファンタジックなラブストーリー。

映画監督を目指す青年・健司はモノクロ映画のヒロインである美雪に心を奪われ、スクリーンの中の彼女に会うために映画館に通い続けていた。そんなある日、美雪が実体となって健司の前に現われる。
モノクロ姿のままの彼女をカラフルな現実世界に案内するうち、健司と美雪は少しずつ惹かれ合っていく。しかし美雪には、人のぬくもりに触れると消えてしまうという秘密があった。「のだめカンタービレ」シリーズの武内英樹がメガホンをとり、「信長協奏曲」の宇山佳佑が脚本を担当。





ああー。 もうみてから一週間たつんだ。

どうも感想を書く気にならないんだけど。。。


ストーリーもシンプルだし、役者もいいし。

加藤剛バージョンは自分的つぼだし。



そう、私はラブストーリーものは

苦手なのを忘れていた。

ツンデレ、時を超えた恋、美男美女。

王道じゃない。

しかも見に行った日が14日のバレンタインデー。

どうりでカップルが多いと思ったよ。

上映終了5時で、その後食事かよー( ゚Д゚)ちっいいなあ。

あたしなんか、一人前の焼き鳥とビールを駅前のスーパーで買って食べたのに〜。


ということで、ラブストーリーOKな方は是非。





開く コメント(4)

イメージ 1


「レ・ミゼラブル」でも華麗な歌声を披露したヒュー・ジャックマンの主演で、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル。
劇中で歌われるミュージカルナンバーを、「ラ・ラ・ランド」も手がけたベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが担当した。

貧しい家に生まれ育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したフィニアス。妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねるフィニアスはやがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げ、大きな成功をつかむ。
しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていた。主人公P・T・バーナムことフィニアス・テイラー・バーナムをジャックマンが演じ、バーナムのビジネスパートナーとなるフィリップ・カーライル役を「ハイスクール・ミュージカル」「ヘアスプレー」のザック・エフロン、バーナムの妻チャリティを「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズが演じる。



とーっても大人なミュージカルで、歌はもちろん ダンスもカッコいい!

特に女性ボーカルはみんな力強くて

明日も元気で行ける、って気がしました。

主人公はヒュー・ジャックマンだし、バーナムの立身出世物語ではあるけれど



こちらのキアラ・セトルのTHIS IS ME は鳥肌ものです!!!! グレイト!!!

開く コメント(10)

「殺人者の記憶法」

イメージ 1



「監視者たち」「ソウォン 願い」「シルミド SILMIDO」など数々の作品で韓国を代表する名優ソル・ギョングが、アルツハイマーのため


に記憶があいまいな元連続殺人犯を演じ、「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」「パイレーツ」のキム・ナムギル扮する新たな連続殺人犯との対決を描いたミステリーサスペンス。

かつて連続殺人を犯した獣医のビョンスは、いまはアルツハイマー病に侵され、記憶がおぼろげになっていく日々を送っていた。
あやふやになる記憶への対処のため毎日の出来事を録音する習慣がついていたビョンスは、
ある日、偶然出会った男テジュの目つきに、テジュが自分と同じ殺人犯であるという確信を抱く。

やがてテジュはビョンスのひとり娘ウンヒのそばをうろつくようになり、ビョンスはひとりでテジュを捕らえようとするのだが……。






ワイルド系サスペンスって、韓国の監督さんはうまいと思う。

見せ方がエンタメしてるってゆーのか、この作品に限っては

ストーリーの選び方も、よくそこに着眼。。。って感心。

貧しい主人公が連続殺人を犯しながら獣医になれるってのは

ふーん、ってな感じだけど そこは流して。


とにかく主人公の頭の中の出来事(アルツハイマーが進行中のため)と、

周りの関係者の現実が 幻想かどうかの 線引きが観客も解らなくて。

多少スピードで引っ張る部分はあれど

ユーモラスな会話を交えてミステリーを深くしていくのはさすが。

こういうの、好きですね。





開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事