映画

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

「追捕 マンハント」

イメージ 1


「レッドクリフ」「男たちの挽歌」シリーズの名匠ジョン・ウーが、「戦場のレクイエム」のチャン・ハンユーと「三度目の殺人」の福山雅治をダブル主演に迎えたサスペンスアクション。
日本でオールロケを敢行し、1976年に高倉健主演で映画化された西村寿行の小説「君よ憤怒の河を渉れ」を再映画化した。

製薬会社の顧問弁護士をつとめる男ドゥ・チウは、パーティの翌朝、社長秘書・希子の死体の横で目を覚ます。
現場の状況証拠はドゥ・チウが犯人だと示しており、罠にはめられたと気付いた彼は逃亡を図る。
独自の捜査でドゥ・チウを追う敏腕刑事・矢村は、ドゥ・チウに近づけば近づくほど事件に違和感を抱くように。
やがてドゥ・チウを捕らえた矢村はドゥ・チウの無実を確信し、警察に引き渡さずともに事件の真相を追うことを決意する。
共演にも「第7鉱区」のハ・ジウォン、「哭声 コクソン」の國村隼、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の桜庭ななみら日中韓の人気俳優がそろう。




これは「君よ憤怒の川を渉れ」のリメイクだったよな。。。と思っていたら。

骨組みはそうでも 肉付けがもうてんこ盛りのアクションであります。

すごよねー。 福山雅治がアクション俳優に見えてくるんだもの。


やっぱりジョン・ウーは日本でもジョン・ウーだった( ´艸`)

主要キャスト、みんな不死身だし、大阪の街中でばんばん人が撃たれるし

鳩だってサービスしすぎだろ、くらい飛んでるし

ストーリーのつながりが多少ぶつ切りか?と思う間もなく

怒涛のアクションてんこ盛り。

そして相変わらず女優より男優をかっこよくとるし。。。

最初に殺されちゃう女性ってTAOだったんだ。超絶痩せててちょっとこわい。

この一週間は、エンディング後にジョン・ウー監督×福山雅治の裏話の映像特典もあるんだよねー。

これも監督ファンにはたまりませんわ。





開く コメント(4)

「羊の木」




イメージ 1



「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が錦戸亮を主演に迎え、
山上たつひこ原作・いがらしみきお作画の同名コミックを実写映画化したヒューマンミステリー。

寂れた港町・魚深にそれぞれ移住して来た6人の男女。
彼らの受け入れを担当することになった市役所職員・月末は、これが過疎問題を解決するために
町が身元引受人となって元受刑者を受け入れる、国家の極秘プロジェクトだと知る。

月末や町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は明かされなかったが、
やがて月末は、6人全員が元殺人犯だという事実を知ってしまう。
そんな中、港で起きた死亡事故をきっかけに、町の住人たちと6人の運命が交錯しはじめる。
月末の同級生・文役に木村文乃、6人の元殺人犯役に北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平と実力派キャストが集結。「クヒオ大佐」の香川まさひとが脚本を手がける。







錦戸君て。。。県庁とか、市役所とか、やたら地方公務員が似合うよね。。。

普段が似合うってことか。

たぶん、一番難しいのだろうが。


映画の中でも彼は基本いい人だ。

普通に転入者に先入観を持ち、普通に勘繰り、普通に受け入れる努力をする。

生まれ育った土地だから、

守り神の「のろろ様」を子供のころからの言い伝えが染みついていたりするのも

この後の何もおこらない恐怖が 恐怖を増幅させてくれる気が。



そして松田龍平が存在感は独特だった。

それには錦戸亮の普通に見せられるアイドルの存在感は大事なんだなって。






開く コメント(2)


イメージ 1


2017年・第74回ベネチア国際映画祭で脚本賞、同年のトロント国際映画祭でも最高賞にあたる観客賞を受賞するなど各国で高い評価を獲得したドラマ。
米ミズーリ州の片田舎の町で、何者かに娘を殺された主婦のミルドレッドが、犯人を逮捕できない警察に業を煮やし、解決しない事件への抗議のために町はずれに巨大な広告看板を設置する。それを快く思わない警察や住民とミルドレッドの間には埋まらない溝が生まれ、いさかいが絶えなくなる。
そして事態は思わぬ方向へと転がっていく。

娘のために孤独に奮闘する母親ミルドレッドをフランシス・マクドーマンドが熱演し、ウッディ・ハレルソン、サム・ロックウェルら演技派が共演。「セブン・サイコパス」「ヒットマンズ・レクイエム」のマーティン・マクドナー監督がメガホンをとった。



人の善悪が、おもいっきりつまった様な。

悪は得てして隠れているものなのだが

心の動かし方を一つ間違えると 身近にいるものに襲い掛かる。

人種差別に暴力警官。

それに立ち向かうバンダナをぎゅっとしめたミルドレッドは

彼女こそが警察官のようだが

それでも心の中の悪は出てくるんだよなぁ。。。。

ストーリーも俳優も、お見事。

開く コメント(3)

イメージ 1


阿部寛主演、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。
東野の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、
2本のスペシャルドラマ、映画「麒麟の翼 劇場版・新参者」に続き、阿部が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる。

父との確執、母の失踪など、これまで明かされることがなかった加賀自身の謎が明らかとなる。東京都葛飾区小菅のアパートで滋賀県在住の押谷道子の絞殺死体が発見された。アパートの住人も姿を消し、住人と押谷の接点は見つからず、滋賀県在住の押谷が東京で殺された理由もわからず捜査は難航する。捜査を進める中で加賀は、押谷が中学の同級生で演出家の浅居博美をたずねて東京にやってきたことを突き止めるが……。
演出家の浅居博美役を松嶋菜々子が演じるほか、山崎努、及川光博、溝端淳平、田中麗奈、伊藤蘭、小日向文世らが顔をそろえる。監督は「半沢直樹」「下町ロケット」「3年B組金八先生」など
数多くのヒットドラマを手がけた福澤克雄。



ドラマシリーズ「新参者」の流れとして

最終話にして最高傑作のミステリーだったのではっ。

あんなに能動的な加賀恭一郎は今までなかった気もするし。

なんたって、新橋かいわいから全国へ 出張しちゃうんですもん( ´艸`)

松嶋菜々子の子供時代の役者さん、よかったねー。

うまかった。

松嶋菜々子になったら、泣きの演技も端正なのはしょうがないのか。。


たぶん、今までの作品を見ていなくても

この一本が映画として とても上質なミステリードラマとして

見ていられる気がする。


ラストに今までのゲスト出演者が物語にすっと溶け込んでるのも

愛を感じる―。


本編前の、新作映画の予告編が流れている間、阿部ちゃんが

3本に出ていたの。

阿部ちゃん働くねーと思った



開く コメント(4)

イメージ 1



ヘレン・ミレンとドナルド・サザーランドという2人の名優が共演し、人生の終着点を見据えた70代の夫婦が旅する姿を通し、過ぎ去った時間への慈愛や人生を謳歌する姿を力強く、ユーモラスに描いたヒューマンドラマ。

アルツハイマーが進行中の元教授のジョンと、末期がんに侵されている妻のエラ。夫婦生活は半世紀を迎え、子どもたちも巣立ったことで人生の責任も果たしきり、夫婦水入らずの自分たちだけの時間を過ごすことができるようになった。
ジョンが敬愛するヘミングウェイが暮らした家のあるキーウエストを目指し、愛車のキャンピングカーで旅に出た2人は、毎晩思い出のスライド写真でこれまでの人生を振り返りながら、ひたすら南を目指して進んでいく。
監督は「人間の値打ち」「歓びのトスカーナ」などで知られるイタリアの名匠パオロ・ビルツィ。




見終わった後の衝撃と、それにまさる後味の。。悪くなさ。

高齢の認知症の夫と余命の短い妻、という

シチュエーションだってなにも珍しい事でもない。

子供も成人している。

だったら、動けるうちに やり残したことを

やってしまおう。。。。

当たり前のことだったのに。

キャンピングカーは南のフロリダへと向かう。

途中のハプニングも年の功とユーモアで乗り切る。

舞台はアメリカ。

ヘレン・ミレンとドナルド・サザーランドの名演に引っ張られ


あるある、こういう夫婦げんか。認知症という病気にかかったいら立ちも、

身の回りで見てきた私なんか

すっと受け入れちゃった。


でも、なんで、こんなに苦い思いがちょっぴり残って


劇場を出たときは冬の日差しが心地よかったのか。

あー、そうか。

イタリア映画なのか。


同じ思いを10年前にしたことが有った。

あれもイタリアの映画で、

イオ・ロ・マネッジョなんとかなるさ、って気持ちになった。

人生ってそれでいいんだって。


ただ、日本人の宗教観を持つ自分はちょっと複雑だ。



開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事