映画

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

「洗骨」

イメージ 1



「ガレッジセール」のゴリの監督・主演で、数々の映画祭で好評を博した2016年製作の短編映画「born、bone、墓音。」を原案に、ゴリが本名の照屋年之名義で監督・脚本を手がけた長編作品。
沖縄の離島・粟国島に残る風習「洗骨」をテーマに、家族の絆や祖先とのつながりをユーモアを交えて描いていく。

新城家の長男・剛が母・恵美子の「洗骨」のために故郷の粟国島に帰ってきた。
がいなくなった実家にひとりで暮らす父の信綱の生活は、妻の死をきっかけに荒れ果てていた。
さらに、長女の優子も名古屋から帰ってくるが、優子の変化に家族一同驚きを隠せない。

久しぶりに顔を合わせ、一見バラバラになったかにも思えた新城家の人びと。
数日後には亡くなった恵美子の骨を洗う大事な洗骨の儀式が迫っていた。

父・信綱役を奥田瑛二、長男・剛役を筒井道隆、長女・優子役を水崎綾女がそれぞれ演じ、
筒井真理子、大島蓉子、坂本あきら、鈴木Q太郎らが脇を固める。



毎日毎日、寒いったら、ないのー。

だから、あったかい沖縄に魂だけでも飛ばしたいさーー。


よしもとの沖縄映画祭で、ゴリ監督の「born、bone、墓音。」が評判が良いというのは当時耳にしていたの。

それが、長編になったとあつては見に行かなくては。。。

メインストーリーは家族の再生。

なんだけど、沖縄の空気なのか 湿っぽさがなくて 随所に笑いもちりばめ

正直、風葬した仏様を一度外に出して骨を洗うという(大和んちゅには)とてもシュールな

展開を、命をつなぐという筋の通った物語に昇華しているのはすごい。

そして、10回は笑える。 その笑いのはさみ方はもちろん芸人さんとはいえ、うまい!と思った。



そして連綿と続いてゆく 田舎の大家族、こういう話って、あるあるなんだよね。

親戚には、絶対必需品のご意見番。 大島蓉子の存在が、とってもいい。 

粟国島の風景も相まって、そんな珍しい風習も

すんなり受け入れられる、すがすがしささえある作品でした。

法事やお葬式は、故人が一族を会わせてくれる。歳をとってしみじみわかるようになりました。












開く コメント(0)

「七つの会議」

イメージ 1




テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名企業犯罪小説を、野村萬斎主演で映画化。

中堅メーカー・東京建電の営業一課で万年係長の八角民夫は、いわゆる「ぐうたら社員」。
トップセールスマンで、八角の年下である課長の坂戸からは、そのなまけぶりを叱責され、営業部長・北川誠が進める結果主義の方針の下、部員たちが必死で働く中、八角はひょうひょうとした毎日を送っていた。

そんなある日、社内でパワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下される。坂戸に代わって万年二番手に甘んじてきた原島が新しい課長として一課に着任するが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。

八角役を自身初のサラリーマン役となる萬斎が演じ、香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、立川談春、北大路欣也といった池井戸ドラマ常連俳優が顔をそろえる。監督は「陸王」「下町ロケット」「半沢直樹」など、一連の池井戸ドラマの演出を手がけた福澤克雄。



仙台のtohoシネマズで見てまいりました。


いやー、面白い。

ずーっと見どころが続いているような、ゆえに濃ゆーい映画になっていました。

その分、これは連続ドラマで見たいわーって、思う。

凝縮した味わいもいいけど、あっさり長ーく時間をかけてみたい、ような。

それだけストーリーに、日本人の教育をうけてきたDNAみたいなものに

びしびし触れてくるんだろうと。

かつてサラリーマンを続けていた自分も、わかりすぎるくらいわかる彼らの気持ち。

現役男性サラリーマンの方の本音、聞きたいですね。

開く コメント(4)


イメージ 1



日本から初の海外進出作品となる山下智久が出演し、ハンギョン、リディアン・ボーン、リー・ユエンと、アジアの若手スターが顔をそろえるサイバーアクション。

オタク系プログラマーのハオミンがかつてハッキング対決で負かしたコードネーム・ゼブラは裏世界の仕事に手を染め、ハオミンを次の大仕事に巻き込むべく、パートナーのスー・イーを介して接触を図ってきた。

ゼブラの次のターゲットを探るため、ハオミンは覆面捜査官として、ゼブラ側に潜入。
ゼブラのバックに裏世界の大物・モリタケシが関係していることが明らかとなるが……。

韓国のアイドルグループ「SUPER JUNIOR」の元メンバー・ハンギョンが主人公のホワイトハッカー・ハオミン役を演じるほか、テロリストのボス・モリ役を山下が演じる。



何だろう、この見たことあるよ、感。

男子2、女子1の王道スタイルと、善VS悪の見えるストーリーくれば

絶対に何本も見てきてるよね。

予告で、90年代香港の香りがブーンとしたので ついつい見ちゃったんだけど。。。


最初はうーん?と思いつつ、話が進んでくると

王道がゆえに案外面白いの。

山Pも、顔見世程度と思ったら、めっちゃがっつり絡む悪役じゃん。

英語が得意と何かで見たけど、確かに全編英語のセリフをこなし

日本のドラマでも話し方の熱量は高くないのと、出演者がみな若手なので、それがかえっていい感じだ。

主役の一人、トム・クルーズの若いころみたいな顔をしたリディアン・ボーンは「モンガに散る」に

確かに出ていたわ。 ひとりバタ臭いから覚えていたよ。

けれどこの作品はアジアをまたにかける筋書きなので

それもいい味を出しているかも。

ちょっと懐かしい香りのする、楽しい一本。









開く コメント(0)

「そらのレストラン」

イメージ 1

北海道せたな町の海が見える牧場で、牧場とチーズ工房を営む亘理(大泉洋)とその妻のこと絵(本上まなみ)、羊飼いの神戸(岡田将生)らは、ある日、自分たちが生産した食材が札幌の有名なシェフの手でよりおいしくなったことに感動する。
そして、この感動を人々に伝えようと1日限定でレストランを開くことを決める。 




1作目はパン、2作目はワイン、そして3作目は満を持してのチーズww
 
1作目の原田知世とは、ふわふわしていたけど、2作目のヒロインはふわふわというよりは、グダグダだったからな。
 
3作目、ヒロインが本上まなみとはいえ、期待せず劇場に。
 
おや、今作が一番地に足をついているストーリーでないの。

これまでは、ご当地映画感が強くて、ジモティとすると
居心地が悪い気もしていたけど。

ヒロインは大事だ。
夢見がちな男子を、こちらに引き戻すイメージが彼女にはあるんだ。
 
 
モデルもいる話なので、現実的なのだろう。
 
正直、舞台となった
せたな町といえば、道民とはいえ
海のイメージの方が強い。
旅館・あわび山荘とか、行ってみたいもんなー。
 
まして、10年も前から体によい農作物を
作っているグループのみなさんがいたとは。知らなかったー。
 
 初日に見に行ったので、せたな町のパンフやらプレゼントなんかも
頂いてしまったわ。

道南の、日本海側の町なので正直、車がないと行きずらい場所なんだけど
夏になったら、ドライブの候補になりそうな。
 
 
 

開く コメント(10)



イメージ 1

東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化し、
木村拓哉が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。

都内で3件の殺人事件が発生した。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、
連続殺人事件として捜査が開始される。
警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、
そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。

犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、
教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づいていく。

ヒロインとなるホテルマンの尚美役に長澤まさみ。「HERO」シリーズの鈴木雅之がメガホンをとり、
「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が脚本を担当。



いやもうね。

ダ―子とリチャードが、ホテルで詐欺の根回しをしてるようにしか見えないって( ´艸`)

久里生と雨宮が検事で、コンフィデンスマンの裏付けとかね。。。。


面白いけど、盛り上がりが少ないかも。 これだけ人が多いと。

ストーリーはまとまっていて、わかりやすく見られますが。


まぁ、犯人捜しというには弱いよね。。。

だって、あの人があれだけで。。。あわわ( ゚Д゚)

それにしても、明石家さんまさんはわからなかったわー。

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事