過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

天然酵母のパンって、色々あると思うのですが、今回、ライ麦から「自然種」を作ってみました。

夏だと暑くて作れなかったんですよね。

ライ麦と水をこねて、密閉容器に。
翌日にはひとまわり大きくなっています。
そしてまたライ麦と水を加えてコネコネ。

イメージ 1 イメージ 2
イメージ 3 イメージ 4  

「なんだかぬかみそみたいだわ」と、思いながらコネコネ・・・コネコネ・・・

5日間くりかえし、2枚目の画像のように、こんなにくっきりと筋が。
これでできあがり。
ビニール袋にいれ、布で包んで冷蔵庫で2週間の保存が可能。

使う時には、この自然種にライ麦・水を加えてこね、3〜4時間発酵させる。

この自然種を使って作ったパンがコチラ。
ベースになっているのはオーストリア町の名前がついたパン。

大きく焼いたほうがおいしいので、私はいつも大きいまま。
小さくころころしたパンもかわいいんですけどね。
イメージ 5
  
ライ麦は10%、キャラウェイシードの粉末も入っています。
使ったベリーは、カリフォルニアレーズン、サルタナレーズン、クランベリー。
砂糖はベイカーズパーセントで1%
いつものパンとくらべるとぐっと少ない。

こんなにおいしくできるなんて、感動です!
自分で作った自然種だとこんなに味わいが違うなんて!

出来上がるまでに随分時間がかかるのですが、それもまたいい。

この自然種を使って、次に作るパンは決めているの♪

こんなにおいしくできるなら、面倒がらずやればよかった。

「パン屋さんには絶対かなわない」から少し前進できた気がして、自己満足にひたっています。


◎このパンにはサワークリームがよく合います(≧▽≦)◎


レシピブログに登録しています
おいしそうだな〜と思ったらクリックをお願いします。

開く コメント(18)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事