手作りパン&お菓子

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

東京チョコバナナパン

昨日、冷蔵庫の中で発見した「東京チョコバナナ」。
イメージ 1
 
バナナが立体的になっていて、かわいい♡

食べようか・・・どうしよう・・・。 

中はどうなっているのかしら?
イメージ 2
  
あらあら、中にはバナナ風味のクリームが(*^_^*)

ひとかけ食べたあと、パンに変身させてみることにしました。

生地には純ココアを練りこみ、生地自体のお砂糖はベイカーズパーセント5%にとどめました。
砕いた「東京チョコバナナ」と自家製オレンジピールも入れて焼き上げました。
イメージ 3
  
出来上がったパンはしっとり〜。

予定よりはちょっと甘かったかな〜?
そしてこの甘さならもう少し塩分を控えてもいいかも?

どうせ甘いパンならば!と、朝食には少〜し生クリームをつけていただきました(*^_^*)

レシピは

  強力粉       200g
  ココア       大3
  ドライイースト   小1
  砂糖        大1
  牛乳        130cc
  水         20cc
  ショートニング   30g 
  塩         小2/3

  東京チョコバナナ  約40g ← 1包40gなのですが、1cm角くらい食べちゃったので
  オレンジピール   30g  

  ◇1次発酵     30分
  ◇2次発酵     30分
  ◇焼成       220℃ 10分  
            200℃ 15分


レシピブログに登録しています
おいしそうだな〜と思ったらクリックをお願いします。

開く コメント(21)

昨日は旦那さまと外食でした。

私は初めて行くお店、「杏杏(シンシン)」
鯉川筋からちょっと裏に入ったところにあります。
お粥が有名なお店で、お昼のランチには行列もできるそうです。

タイのお刺身をのせていただくお粥の前に、
・焼き豚(皮がパリっとしているほう)
・エビのライスペーパーつつみ揚げ
・酢豚
をいただいたのですが、どれもとってもおいしい。
Meetsに載っていたネギ生姜そばもおいしかった(*^_^*)

残念ながら写真は撮っていません。


さてさて、これは昨日のお昼に作ったパンです。
イメージ 1
  

以前、アールグレイの葉を混ぜたパンを作っておいしかったので、今回はアップルティー。
でも、このアップルティーはちょっと変わったグリーンアップルのアップルティーなんです。

ドライアップルや胡桃もいれてみました。

レシピは・・・
イメージ 2 
強力粉          180g
ライ麦          30g
ドライイースト      小1
砂糖           10g
紅茶液          150cc
ショートニング      15g
塩            小2/3
茶葉(ミルサーにかける) 大2

ドライアップル      45g
くるみ          45g 

  ◇一次発酵(室温)  40分
  ◇二次発酵      30分
  ◇焼成        220℃ 10分
             190℃ 15分  


カッテージチーズをつけていただきました♪
ドライアップル、もっとたくさん入れればよかった!


レシピブログに登録しています
  ↑
  クリックしていただけるとうれしいです。

開く コメント(20)

開く トラックバック(2)

イメージ 1

イメージ 2

おもてなしの日に作ったデザートです。

下はバニラビーンズたっぷりのパンナコッタ。

上はロゼワインのゼリー。
そのまた上にはクラッシュしたゼリーをのせ、金箔でアクセント。

ちょっと見えにくいのですが、
ゼリーの層には皮をきれいに剥いた
ピオーネが一粒はいっています。

小さなグラスで作ったので、たくさんお食事をいただいたあとでもOKでした。

おもてなしの日には前日から準備できるデザートがいいですね。

開く コメント(10)

イメージ 1

最近はパン屋さんのパンばかり食べていました。

旦那さまがいない日の夜、時間を持て余し、久しぶりにこねてみました。

今回は、以前作っておいたオレンジピールを入れました。
イメージ 2
  

オレンジピールは下記の分量で。
このサイトを参考に作りました。http://www.geocities.jp/anyrecipe2/cake/recipes/candied_orangepeel.html

・オレンジ  1個
・塩     少々
・砂糖    100g
・水     50cc    
・グラニュー糖(仕上げ) 適量
作るまでにちょっと時間はかかりますが、自分で作ると満足感がUPします。


生地はいつもよりお砂糖も油脂も少なくしてみました。
油脂はバターではなくショートニングを使用し、あっさりとしたカンジをねらいました。
レシピは

イメージ 3 
・強力粉       180g
・全粒粉       20g
・ドライイースト   小1
・砂糖        小1 1/3
・水         130cc
・ショートニング   8g
・塩         小2/3

・オレンジピール   30g
・くるみ       30g

・全粒粉(表面に)  適量

◇1次発酵      45分
◇2次発酵      40分
◇焼成        210℃ 10分  
           180℃ 15分


オレンジピールもくるみももっとたくさん入れればよかった〜。



レシピブログに登録しています
  ↑
  クリックしていただけるとうれしいです。

開く コメント(10)

イメージ 1

先日、またまた名前に困ってしまうパンを作りました。

どんなパンかというと、名前のとおり。

レーズンはサルタナとカリフォルニアの2種類を使いました。

クランベリーは酸味が加わり、色もきれいなので入れました。

ドライフルーツ、好きなんです(^◇^)

レーズンのパンにクリームチーズを塗って食べるのが好きなので、中に巻き込んでみました。

生地はライ麦入りで、しっかりしたかんじに。

仕込水にカベルネソーヴィニオンを使いました。
なのでほんのりワイン色になります。

レシピは

イメージ 2 
  強力粉       170g
  ライ麦       30g
  砂糖        大1
  ドライイースト   小1
  ワイン       70cc
  水         50cc
  塩         3g
  ショートニング   10g
  
  サルタナレーズン 
  カリフォルニアレーズン
  クランベリー  
  クリームチーズ
 
  1次発酵      1時間
  2次発酵      1時間
  焼成        220℃ 10分   200℃ 15分
 

このパンは薄めにスライスして食べるのがおいしいな♪と、思っています。
朝食にいただきました。


さて、昨日のお食事会、イタリアンをおいしく楽しくいただきました。

奥様は近藤サト似の美人さんでした。
美人が好きな私としてはとても嬉しかった♪

色んなお話で盛り上がったのですが、「お財布はどちらが握っているか」というのが話題のひとつにのぼりました。
一般的にはどちらが多いのでしょう?
昨日のご夫婦は奥様だそうです。
ご主人もそのほうがいいみたいです。

我が家は旦那さま。
私はもらっているお金の範囲内で自由にしています。
私はそのほうがいいんです。気楽で。
いきなり管理してと言われても困ってしまいます。

自分の欲しいものは毎月いただくお金で買ったり、洋服は自分で買う以外にお義母様や旦那さま、実家の母が買ってくれたりします(妹はぶーぶー言ってますが・・・)。

お金には最近特に無頓着な私。
旦那さまの年収がいくらなのかもよくわかっていません。
(なんとなく予想していたりはするのですが・・・)

私は旦那さまが何にいくら使っても気になりません。
そういえば、私も旦那さまからお金の使い方で何か言われたことってないなぁ〜。
これっておかしいのかしら?

なーんてことをちょっと考えたりしました。


レシピブログに登録しています
  ↑
  なかなか変わったパンを作るのね、と思ったらクリックをお願いします(^◇^)

開く コメント(17)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事