まっくすの駅旅日記 -Love & Peace-

このブログ…一応移行しとこうか迷うなぁ。。。

全体表示

[ リスト ]

※訪問日:2011/7/31

イメージ 1
 有田川鉄道公園を出たご一行様、次は和歌山港駅へ戻るだけだったのですが
 渋滞予測行程が全く渋滞していなかったため、こんな場所へ急遽寄り道してくれました。

 ココ、駐車場に付いて出発時間が告げられただけだったんですよ。
 場所の説明も何もなくこんな所に連れてくるツアー、普通じゃ考えられません(笑)。
 それでも皆ココがどこだかすぐ分かるという、鉄っちゃん率高すぎなご一行様でした。

イメージ 2
 うーん、もう少し何か遺構が残っているのかと思っていましたが、
 貨物ヤード跡っぽい敷地以外は何も残っていませんでした。

イメージ 3
 この場所は「水軒 多目的広場」というそうです。
 きっと何か旧水軒駅跡だという説明などが書かれているのかと思ったのですが、
 全く他にもそれを示すものがありませんでした。

 何か水軒駅が歴史から消されてしまったかのようで、寂しくなってしまいました。

イメージ 4
 遠くから見て「これは水軒駅跡の何かモニュメント的なもの」と思っていたら、
 実は「水軒堤防」なるものが移築保存されたものでした。
 てっきり水軒駅跡の何かだと思ったのですが…。

イメージ 5
 排水溝の右側に線路1本と水軒駅のホームがあったはず。
 ですがもう既にすっかり野に帰ってしまっていました。
 雑草の奥に何か張られた板があったので、もしかしたらそこに旧水軒駅の表記があるのかもしれません。
 でも、この状態では雑草をかき分けて行かないと…。

イメージ 6
 和歌山港駅から徒歩で来ようかと思っていた旧水軒駅跡ですが、
 まさかこの日、こんな形で訪問することになろうとは思いませんでした。
 徒歩で来た方が、寂しさが強かったかもしれません。

 この後バスで通った線路跡には、一部線路が残されている場所もありました。

イメージ 7
 振り返って、こちらは車止めのあった方向。
 この先は水軒川になっているので、和歌山港駅からまっすぐ線路を延ばしてここまで来た、
 という感じに思えました。

イメージ 8
 水軒川には今も渡船が残っていて、しかも2つの渡船が仲良く並んでいました。
 大きな橋が出来ても、なくならなかったというのはそれだけ高齢化が進んでいる証拠かも。

イメージ 9
 水軒川沿いから戻って、出発までこのアングルでずっと眺めていました。
 もちろん現役時代を空想しながら…。

 つづく。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

hahaha 昨日ここに行きました 車載動画撮影の帰りに寄りましたよ

2011/9/17(土) 午後 1:05 [ youfujikawa2002 ]

顔アイコン

水軒駅跡は公園に成り果てましたか・・。
あそこは確か和歌山県の土地でしたね・・すぐ隣が紀州徳川家ゆかりの土地ですから公園ぐらいにしか跡地の活用の仕様がないのでせうけど・・。
遺構はナニも残っていませんか・・元々簡素なホームと厠と思しき小屋が有っただけですから簡単に撤去されたのでせうね。

しかし・・時間が余ったからとは言へ水軒駅跡へ立ち寄りますか・・。
和歌山港駅のすぐ南側ですから無理な寄り道では無いとは言へ普通のツアーでは考えられませんな・・。
南海旅行の関係者は余程「鉄分」が濃いと見える・・。

2011/9/17(土) 午後 7:20 [ 大和飛鳥 ]

顔アイコン

youfujikawa2002さん>それは凄い偶然ですねぇ。
やはりコラボ企画やっちゃうぐらいなので、ご縁が繋がっているのだと思います。

2011/9/18(日) 午前 7:35 まっくす

顔アイコン

大和飛鳥さん>これを公園と呼べるのだろうか…というぐらい空き地みたいでしたけど。。。
もう少し何か残っているかと思っていましたが、すっかり何もなくなっておりました。

確かに和歌山港駅からすぐ南の場所ですが、普通こんな場所に寄り道なんてしませんよ(笑)。
おそらくこの日の添乗員さんの中に、かなりの鉄ちゃんがいらしゃったのだと思います。

2011/9/18(日) 午前 7:37 まっくす


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事