ここから本文です
マイ★ヴォス マイ★ヒーロー
バカも休み休みYEAH!

書庫全体表示

イメージ 1

『ZENOLOGY II』と平行して作られた5作目。実質的には1986年の『ZENO』、
1998年の『LISTEN TO THE LIGHT』に続く3rdアルバムです。私が2006年に最も聴いた1枚!
秀逸なジャケットの絵は元メンバーのUle Ritgen画伯が書いたものです。
やはりこれまで同様、ZENOのコンセプトでもある「光」が描かれていますね。

さっき気付いたんですが、発売されてからこの1年間、
タイトルは『RUNAWAY(ランナウェイ) TO THE GODS』だと思ってました・・・(恥)

本作でヴォーカルを務めているのは、Michael Flexigでもなく、Tommy Heartでもなく、
なんと、元JADED HEARTのMichael Bormann。私にはちょっとした事件でした(笑)
一部の方は御存知かと思いますが、私は大のMichael Bormann好きです。
Michael Vossとほぼ同等といっても良いでしょう。もちろん作品によって好き嫌いはありますけどね。

本作をお店で試聴した時は身震いしました。Michael Flexigにそれほど深い思い入れがなかった分、
純粋に楽しめました。骨太なメタルへと変貌しているので、『ZENO』『LISTEN TO THE LIGHT』を
こよなく愛してきた方には、ちょっと受け入れがたいかもしれませんね。
“ZENO”というより“JADED HEART featuring Zeno Roth”と考えたほうが良いかも。
発売当初は賛否両論で、人それぞれのZENO論が展開されました。
私も思っていることを一旦ここに書いたんですが、膨大な文字量になってしまったので、
全て削除しました(笑) それぐらい私はMichael Bormannが好きだということをご理解ください。
このアルバムに参加したことで、少し知名度が上がったようです。これを機にJADED HEARTの旧作に
スポットライトが当たることを願ってます。

否定的な意見をされてる方の大半はZeno Rothではなく、Michael Bormannに対してのものでした。
その意見は私も理解できる内容なので、甘んじて受け入れています^^;
Tommy Heartだったら、もっと垢抜けた感じに仕上がって、肯定的な意見が多かったことでしょう。
元々Tommy Heartが歌うはずだったわけですしね。
FAIR WARNINGの再始動はこの後でもよかったんじゃないかな・・・。
結果的に、Michael Bormannを迎えたZENOも、再結成したFAIR WARNINGも素晴らしいアルバムを
同時期に作ってくれた、ということで一件落着としましょう。

当初、アルバムの1曲目は「Climb The Sky」を予定していたようですが、
「Fanfares Of Love」に変えて正解でしたね。泣く子も黙る名曲です!
この曲は2006年のマイベストチューンなので、オマケの白星2個付けちゃいました^^;
「Do You Feel The Time」では珍しくZeno Rothがバースを歌って、
Michael Bormannがリフレインしています。
Zeno Rothがこのアルバムの中で一番好きな曲は「Refugees (Longing For Paradise)」だそう。

このアルバムはFAIR WARNINGの『BROTHER'S KEEPER』同様、記事にされてる方が多いので、
詳細はトラックバック先をご覧ください^^;

是非見ていただきたいのはジーノ・ジャーナルというオフィシャル・ブログです。
ヴォーカルがMichael Bormannに決定するまでのいきさつや、
このアルバムのデモはMichael Flexigに送られていた、とか裏話満載です。
↓日本語なので、是非ご覧になってみてください。
http://zenojournal.blog49.fc2.com/

次作は何年後に出ますかね〜。今までのようなインターバルだと、次がラスト・アルバム!?
Michael Bormannとはコレが最後になるような予感・・・。
かといってMichael Flexigは結構な年齢になっちゃってるだろうし。
いっそのことMichael Vossなんていかが? Michaelつながりってことで(笑)

↓試聴はコチラのマイスペで(残念ながら「Fanfares Of Love」はショート・ヴァージョン・涙)
http://www.myspace.com/zenoroth


SIDE 1
#1 Fanfares Of Love
★★★★★☆☆
#2 Climb The Sky
★★★★★
#3 Land Of Illusion
★★★★★☆
#4 Shades Of Blue
★★★★★
#5 Runway To The Gods
★★★★
#6 Sogno Di Angelo (Mascagni arr. Zeno) 天使の夢
★★★★

SIDE 2
#7 Refugees (Longing For Paradise) パラダイスを求めて
★★★★★☆
#8 I Feel - I Live
★★★★★☆
#9 Purify (Pilgrims Of Remembrance) 忘却の巡礼者
★★★★★
#10 Do You Feel The Time
★★★★★☆
#11 Sunset Birds Flying Home (Celestial Touchdown) 天への着地
★★★★★


Michael Bormann 関連記事

HIGH VOLTAGE SCHEISS SCHULE
TAX ON THE RUN
JADED HEART INSIDE OUT
GERMAN ROCK STARS WINGS OF FREEDOM
BISS JOKER IN THE DECK
20TH CENTURY BOYS !BEWARE OF THE REX!
CRYSTAL BALL TIME WALKER
BLOODBOUND BOOK OF THE DEAD


関連記事 ZENO ZENO
関連記事 ZENO ZENOLOGY
関連記事 ZENO LISTEN TO THE LIGHT
関連記事 ZENO ZENOLOGY II
関連記事 マイケル・フレキシグ ラジオ特番
関連記事 ULI JON ROTH BEYOND THE ASTRAL SKIES
関連記事 ULI JON ROTH PROLOGUE TO THE SYMPHONIC LEGENDS
関連記事 V2 V2
関連記事 FAIR WARNING FAIR WARNING
関連記事 FAIR WARNING LIVE IN JAPAN
関連記事 FAIR WARNING RAINMAKER
関連記事 FAIR WARNING EARLY WARNINGS '92-'95
関連記事 FAIR WARNING GO!
関連記事 FAIR WARNING LIVE AND MORE
関連記事 FAIR WARNING FOUR
関連記事 FAIR WARNING COMPLETE BEST
関連記事 FAIR WARNING BROTHER'S KEEPER

  • 顔アイコン

    TBありがとうございました。次のアルバムはいつ出るんでしょうね?

    nek*m*ru2*02jp

    2007/8/31(金) 午後 10:47

  • ZENOさん>否定的な意見といっても、ボーマンの声が好きか嫌いかぐらいで、アルバム自体の評価は非常に高いですね。これが初ボーマンでしたか。マイナー調の曲を歌わせたらピカイチだと思います。もう少し明るい曲も歌えるといいんですけどね^^; でもそれじゃあ、ボン・ジョヴィと丸かぶりになっちゃうか(笑)

    †ヴォスザル†

    2007/9/1(土) 午前 1:20

  • ちさとさん>私もかな〜〜〜り大好きです♪ トミー・ハート・ヴァージョンも聴いてみたかったですね♪ オフィシャル・ブログは必見です!

    †ヴォスザル†

    2007/9/1(土) 午前 1:30

  • 猫丸さん>TBどもです。次のアルバム出るんでしょうか・・・(苦笑)

    †ヴォスザル†

    2007/9/1(土) 午前 1:33

  • ヴォスザルさん、BORMANNさん、メロディアス・ハード・ポップ歌わせてみたいですね(笑)

    aaa

    2007/9/1(土) 午前 1:33

  • ZENOさん>ボーマンは、ビートルズやバックストリートボーイズなど、様々なジャンルのカヴァーをしてますが、いずれもマイナー調のボーマン節になってます^^; そこが彼の良さなんですけどね(笑)

    †ヴォスザル†

    2007/9/1(土) 午前 1:42

  • 自分もランナウェイだと思っていました(笑)。これも好きなアルバムです。いっそのことZENOはFAIR WARNINGに入ってしまったらどうかと思うんですよ。

    ヒロエモン

    2007/9/1(土) 午前 6:27

  • 顔アイコン

    「Fanfares Of Love」は素晴らしすぎるキラーチューンですよね♪今作で初めてZENOを聴きましたがシビれました〜。

    BIG

    2007/9/1(土) 午前 11:14

  • ヒロエモンさん>間違い仲間がいてちょっとホッとしました(笑)私もその案は昔から思ってました。でもジーノ・ロートは性格上『バンド』という団体に向いてないんでしょうね。

    †ヴォスザル†

    2007/9/1(土) 午後 7:57

  • bigさん>私は「Fanfares Of Love」でイチコロでした^^; この曲、アンディ・デリスが歌ったらめちゃめちゃハマると思いませんか? ちょっと聴いてみたいかも。

    †ヴォスザル†

    2007/9/1(土) 午後 8:01

  • 顔アイコン

    メロディアス・ロックが好きなんで、ミーハーな曲しかしらない私でもZENOは聞いたことありましたが、Michael Bormannは先程マイスペで初めて聞きました。いいですね〜。
    「Id Die For You」が気に入ったのですが、その曲が入ってるアルバムはアマゾンとかにもなかったです...

    ★彡ノリノリ☆彡

    2007/9/1(土) 午後 9:55

  • どちらが好きかって言われるとTOMMYになってしまいますが、BORMANNも好きですよ!これは、1曲目でノックアウト確実!ですね。これってもしかして確信犯?
    アンディのことは、全然思いつかなかったですが、言われてみるとそんな気もしてきます。想像しちゃうとそうしても聴いてみたくなりますね!

    BOKE

    2007/9/1(土) 午後 11:04

  • ノリノリさん>「I'd Die For You」を気に入られましたか。RAINというバンドの『STRONGER』に収録されている曲です。AMAZON見てみましたが、2点在庫ありましたよ。ただ、高いですね〜^^;

    †ヴォスザル†

    2007/9/2(日) 午前 0:43

  • BOKEさん>「Fanfares Of Love」はアンディ・デリスに歌わせてみたいですね〜♪ 最近アンディを思い浮かべながら聴き過ぎたせいか、アンディが歌ってるように聴こえちゃいます^^;

    †ヴォスザル†

    2007/9/2(日) 午前 0:49

  • TBありがとうございました。
    Bormannの声はzenoの世界に合っていると思います。新作はすぐに出来そうにありませんから、来日公演して欲しいです。

    DREAM  REAL

    2007/9/3(月) 午後 1:59

  • TRAILさん>TBどもです。ボーマンは透明感はありませんが、音域広いし、歌もウマイので、ジーノの要求にかなり応えることができたんじゃないでしょうか。このまま終わってしまうのは惜しいなあ・・・。来日は無理でしょうね。せめてドイツでライヴをやって、音源を残してほしいです。

    †ヴォスザル†

    2007/9/4(火) 午前 4:25

  • 顔アイコン

    ヴォスザルさん、ありがとうございます。
    Michael Bormannで検索してました…(>_<)
    確かに\3,300はちと高いですね。

    ★彡ノリノリ☆彡

    2007/9/5(水) 午後 4:35

  • ノリノリさん>どういたしまして。とりあえずスルーで良いかと(笑)いずれRAINの記事を書くので、参考にしていただければ幸いです♪

    †ヴォスザル†

    2007/9/6(木) 午前 7:30

  • おそくなりました(^^;TBありがとうございました。
    一発目のメロを聴いた瞬間、万歳でした。ベテランの方は色々ご意見があるみたいですが…

    [ カイ ]

    2007/9/19(水) 午後 9:41

  • カイさん>TBどもです。お手数おかけしてすみません^^; 私もカイさん同様、このアルバムと心中できるほど気に入ってます(笑)

    †ヴォスザル†

    2007/9/20(木) 午前 7:55

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事