マキシマムのブログ

yahoo!マキシマム オンラインショッピングのブログ

全体表示

[ リスト ]

カボパン様  1ニャリ

皆様は普段、カボチャパンツ様を『バカボン』のパパみたいに気軽にを『カボパン』などと(王子パンツと言う高貴な名称は許します(><))

【カボパン】と馴れ馴れしく、呼び捨てにしますが、

じゃ〜、一体どれほど、カボパン様の事えおご存知なのでしょうか、(`へ´)黒玉ボーボープンプンなのです

皆様が『カボパン』と、マシュマロ及び羽毛布団はたまたタンポポの種、みたいに、余りにも軽々しく・・・呼び捨てにするので、

黒玉、(´;ω;`)可哀想に思い浅はかな知識と聞いたり読んだり努力は全くせず、適当に調べて簡単にまとめました(´Д`)

しかし、調べるにつれ、なかなか( ̄□ ̄;)!!恐ろしい事実が

13世紀ヨーロッパでは、、キャロット=ズボン=パンツは、男子の女子に対する男性の優位の象徴だったのです。

16世紀フランス貴族様の肖像画を見ると、男子が、す・・ストッキングを履き・・その上にショートパンツを履いています『男の子がストッキングを履いています(οдО;)』。

キュロットは、【オ・ド・ショース】、ストッキングは【パ・ド・ショース】と呼ばれました。

当時の衣装は500年も昔の物、いくら古着屋さんでもク○・チャ様には売ってませんので、
モード史の研究者の方は古い書物と、その時代の絵画、街の人々の衣装や肖像画などからの想像や推理を働かせるのでしょう、素敵ですヾ(=^▽^=)ノ。

しかし、黒玉は思い付き&勝手な思い込みを働かせます\(^O^)/

さていよいよ【カボパン】様のお話

(漫画に出てくるおバカな王様の縞模様のパンツは、実は模様では無く切口装飾と言われるはめ込みの布なのでゴザイマス)

切口装飾と呼ばれ棒状の飾り穴からはめ込みの布地が覗く作り

黒玉の想像ですが、【元祖カボパン】はボックスプリーツの上と下を止め真ん中が開いている状態でしょうか、
いまいち縫製状態が絵画からしか想像できませんでしたのでゴメンナサイ

さらにパンツには馬の毛やコットン・羊毛屑などを詰め込みカボチャの様に丸くしていたそうです。

当時のオ・ド・ショース(パンツ)にはポケットが無かったのです。

理由は武器などをポケットに隠しての持ち込みを禁ずる為

(暗殺とかが多かったのでしょうかそれとも神聖な場所への持ち込みを禁じたのでしょうか、
黒玉、調べるのが面倒くさい(_´Д`)ノ~~ので深くは考えない様にしました)。


その代わりに16世紀を代表する、恐怖のポシェトが生まれました( ̄□ ̄;)!!

更に男子のコマネチ部分には・・ガクブル(//∀//)なポコポコなポシェトが描かれているのです、

黒玉の見間違いだと思い何度も繰り返し、肖像画を・・
やはりポコポコ(T_T)・・・
『そんなバナなw(°O°)w』

そのポシェット様のお名前は・・

ガクブルですが、勇気をだして、来週に続きます。

【ガクブル・・・続きます】

◆参考文献
(株)バンタンデザイン研究所・チャネラー
「新ファションビジネス基礎用語辞典」

美術出版社
【カラー版】世界服飾史
深井 晃子 監修




マキシマムの『カボパン』様はこちら 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
このコラムはメルマガで黒玉が、一方的に・あまり深く考えず・適当に・ノミの脳みそで汗を掻きながら・自分勝手に思う事を(ごめんニャさい)、配信したお洋服やファッションに関するコラムです。メルマガ配信から6週間〜8週間遅れでさらに詳しく加筆し掲載しています。あまり期待しないでお楽しみ下さい♪
メルマガ登録はこちら から♪宜しくお願い申し上げますヾ(=^▽^=)ノ

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事