マキシマムのブログ

yahoo!マキシマム オンラインショッピングのブログ

全体表示

[ リスト ]

山本大将は運が強かったと言うお話ですが☆☆☆

どれぐらい運が強さかと言うと、あまりにも賭け事が強く、モナコのカジノに出入り禁止になり( ̄□ ̄;)!!ました☆
しかも、出入り禁止になった人は、現在まで、山本大将を含めまだ2人しかいないとの事

山本大将のギャンブルのスタイルは闇くもに、お金を賭けるのではなく、勝負のバイオリズムを科学的&数学的に研究して、
勝てるタイミングがくるまでジット我慢して、勝てる時に賭け、負けるタイミングでは、お金を賭ける事なくジット我慢するとの事☆

大勢の優秀な艦長候補の中で、五十六様が『強運の持ち主』であった為、日本とアメリカの物資の差などから、
元々対米開戦に反対者していたにも関わらず、司令官に認命された理由の1つではないでしょうか。


プロの【ギャンブラー】と言われる人たちは、常に、人間の運やツキを研究しており
ツキがない時はツキが来るまで、ジット、引き分けか負けないように、勝負を心がけ
ツキ始めると、勝にのぞむそうです。

人間にはバイオリズムがあり、運がいい時と悪い時があるそうです、小さいスパン・大きいスパンで波があるそうです。
勝負の前にコインを10回振り、表・裏を考え、自分の感が冴えてる、良い時は7割りぐらいの確率で当たり、感がさえていない、悪い時は2割り位しか当たらず、

ギャンブラーは冷静にその確率の割合で、今、ツイている、ツイてないを瞬時判断して自分のツキを計算して、勝負に賭けるそうです、ギャンブラー恐るベシ。



黒玉メルマガでは、運が強すぎて逸話を残されたのが山本大将と、記載しましたが記憶違いをしていたので、訂正追記しますm(__)mペコリ


運が強すぎてエピソードを残されたのは、正しくは、東郷平八郎元師でした。

東郷平八郎元師は、日露戦争、日本海海戦で連合艦隊司令長官に抜擢された時、あまり過去に実績がなく司令長官になった為
、『異例の大抜擢』と呼ばれ、実績もなく抜擢されたので、明治天皇が心配され、東郷元師を抜擢した海軍大臣に、理由をご質問された時、

海軍大臣は、なんと!!!

『東郷を選んだのは、いちばん運が強いからです』と、
思いっきりガクブル・ストレート・単純明快に、答えたそうです。

『天気晴朗なれども波高し』は有名な電文で、運の強さが幸いしたのか、ロシアのバルチック艦隊を撃破しました。

『運も実力の内』と言う事なのでしょうか☆

話が、とんでもなく、ヨコ道にそれたので、イマワカ最終章に戻ります。

【続く】

参考文献
PHP文庫
『第二次世界大戦の「将軍」がよくわかる本』
株式会社レッカ社 編著

「運の法則を読む 不運さえも味方にできる!」サンマーク出版
さいふうめい著
 
◇おしゃまニャンコの著作権はマキシマムに帰属します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
このコラムはメルマガで黒玉が、一方的に・あまり深く考えず・適当に・ノミの脳みそで汗を掻きながら・自分勝手に思う事を(ごめんニャさい)、配信したお洋服やファッションに関するコラムです。メルマガ配信から6週間〜8週間遅れでさらに詳しく加筆し掲載しています。あまり期待しないでお楽しみ下さい♪
メルマガ登録はこちらから♪宜しくお願い申し上げますヾ(=^▽^=)ノ

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事