映画 山田洋二監督「十五才 学校検

 今日、DVDを借りて、山田洋二監督の映画「十五才 学校検廚鮓ました。感動し、泣けました。  不登校の中学生の少年が、ヒッチハイクの一人旅をする過程で、様々な大人たちの必死な生き様に触れ、成長していくという物語。屋久島までのヒッチハイクの一人旅が少年にとっての、本当の意味での人生の学校となる。  普段の学校と家だけの往復の生活の中では、中々味わうことの難しい「生きるという意味」。「学ぶということの意味」。それを、ヒッチハイクの一人旅の中で、少年は肌で感じ、一つ大人になり、学校に戻っていく。  この映画には、不登校のまま引きこもりとなっているニートの青年も出てきますが、この青年が不登校の少年へ送った詩がとても印象に残りました。  「草原のど真ん中の一本道を あてもなく浪人が歩いている    ほとんどすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事