全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

4/29

 
昨日クレタ島に到着し、イラクリオからレティムノンへバスで1時間半。
 
ベネチア統治時代の名残から、海沿いはリトル・ベネチアみたい
町はやっぱりジュエリーが豊富♪どの町も歩くのは楽しいなぁ。レティムノンは路地が綺麗で緑も多く、落ち着いた雰囲気☆ 好きだな〜
 
翌日レティムノンから”ハニア”へバスで1時間。
ハニアはレティムノンより栄えた感じで、華やか。ちょっと物価も高い感じがするけど、町並みはレティムノン同様、ベネチア風。海沿いをあるきながら、カフェに入り、路地を散策・・・。路地には穴場なかわいいお店が時折あるし、何よりざわざわしてなくてゆっくり歩ける。
ギリィシャの犬はみんな、それぞれ面白い寝方をします。
アテネにはダラ〜ンと横たわって寝る犬が多くて、はじめは老衰の犬が沢山いるのかと思った(笑)
 
 
イメージ 1
 
ホテルは市外でとったけど、港沿いの裏路地には古い民家を改造した自宅兼ホテルのような宿泊所が沢山!
眺めもよさそうだし、こっちで泊まってもよかったかな☆
(ホテルを取るとき、事前にインターネットで料金を調べていったほうがいいみたい。直接ホテルに行くと、5〜10ユーロ高い金額を言われます。インターネットで予約金がかからないなら、そこで予約しちゃってもいいと思う)
 
 
イメージ 2
 
明日は夜行船でアテネへ帰り、5/2にチャーは帰国
 
私は5/1にトルコへ
の、予定でしたが、一身上の都合で、日本に一時帰国することになりました。
アフリカはツアーをとってあるので、参加しようとは思いますが、その後の旅程については分かりません。
けど、私にとってこの1ヶ月は、半年、一年をも上回る内容だったような気がします。色々な国にいき、顔や肌、言語は違ってもコミュニケーションがとれ、国は違えど人の基本は同じなんだと改めて感じました。仕事の名残か、特に子供には目がいきました☆ ダダをこねる子、物をねだって泣く子、笑顔で近づいてくる子、恥ずかしがって顔を隠してしまう子、やっぱり子供は純粋でかわいい☆
 
今度は弾丸トラベラーではなく、好きな土地に腰をすえ、ゆっくりと旅行したいな〜
トルコは残念だけど、、
また旅行はいつでもできる♪ そんな自信をくれた旅でもあります。
 
アフリカのインターネット事情は分かりませんが、キャンプツアーなのでブログは出来そうにありません。
なので一先ずブログは終わりにしようと思います。
いままで読んでくださったかた、コメントで応援してくれた方、ほんとうにありがとうございました(^^)
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(55)

4/27

 
今日はミコノスからクレタに発つ日です。
ぎりぎり迄、町の散策&ショッピング♪
 
すると・・・
どこかで見た小物入れが・・・・・
イメージ 1
 
まさかギリシャの島、ミコノスでこれに出会うとは思わなかった(笑)
物にも縁があるんだなぁ
(このドラえもんには以前中国に行ったときに、下町の路上マーケットで買ったものとうりふたつ。というか同じ)
 
この旅行に来てから、めずらしくアクセサリーに目覚めたチャー。
高い!高い!といいながら、選ぶのに夢中です。
一日に何度も訪問しては悩み、また次の日も。店のご主人は苦笑い&ちょっとうんざり。
 
イメージ 2
 
そんなご主人をみて温厚な奥さんがこっそり、「男は赤ちゃんなのよ」って(^^)
最後までチャーのアクセサリー選びに付き合ってくれ、とてもやさしい奥さんでした。
 
ミコノスにはジュエリーショップがいっぱい。ギリシャのジュエリー工房に見習いにきている日本人の女性もいて、いろいろと宝石の名前を教えてくれました☆
やっぱり女の子はキラキラした物が好きみたい。ウインドーを眺めてはため息をつき、時には値札とにらめっこ。
ミコノスは人も明るく、しつこくもなく、小さい町にはお店がひしめいて、とても居心地のいい島でした〜
 
ペリカンのペドロにお別れをいい、港へ。
お尻にはペドロからは餞別の糞が・・・・。ペドロと一緒に記念撮影したときに座ったとこでついたみたい。
 
魚くさいジーンズをはいた二人は次なる島、クレタへ。
 
クレタには高速船も出てたけど、一人70ユーロと高額
なので私たちは一度ピレウスに戻り、そこから夜行船でクレタへ。夜行なので宿泊費も浮き、一人40ユーロ
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

4/25〜26

 
2日間サントリーニを満喫し、次なる島、ミコノスへ〜
サントリーニから2時間半。高速船しか出でおらず、一人40ユーロほど・・高い。
 
ミコノスの宿は着いてから探す予定でしたが、着いたらホテル勧誘の嵐。みんなホテルの写真を手に、自分のホテルのアピールをしてきます。そのうち、街中の2つに絞りました。一人はおじさんで、3ツ星、一室30ユーロ。もう一つは女性で、自宅を改造したプチホテルで、25ユーロ。結局安さをとり25ユーロの宿へ〜
 
港から送ってもらう途中、「もう一人勧誘していた男は悪い男と有名。あっちのホテルに行かなくて良かった。彼はバーで旅行者にセクハラをする。被害にあった人がたくさんツーリストポリスに苦情に行っている。」などと言われビックリ。よかった行かなくて・・・鼻毛が出てたのは覚えてるけど、そんな悪そうな人にも見えなかったな。。
 
 
宿はツインの個室で、街中にあり25ユーロは安い・・・。一人12,5ユーロは今回の旅で最安値。ラッキー♪
ミコノスではペリカンのペドロがお出迎え☆
 
イメージ 1
 
ミコノスは小さい島で、町は歩いて簡単に移動できます。さっそく街中をうろうろ。かわいいハンドメイドアクセサリーのお店もたくさん♪
そあいて、やっぱり島の夕日は最高〜
 
イメージ 2
 
 
 

この記事に

開く コメント(2)

サントリーニのつづき

夕日・・・
イメージ 2
犬も見てる
 
イメージ 1
 
 
今日もチャーと二人ダブルベットで眠りにつきました zzZ

この記事に

開く コメント(0)

4/24

 
サントリーニはとにかく町がかわいい☆
 
新婚旅行者が多いのか、日本人カップルも何人か目撃。
同じホテルにも、新婚カップルらしき人々がテラスで抱き合ってました〜
そんな中、私とチャーは女二人、カーテン付のかわいいダブルベッドで睡眠(笑)
 
夕日がきれいなイアへ。島内はローカルバス移動。
国際免許証があればレンタバイクもできたけど、二人とも持ってな〜い。残念。
 
バスで10分くらいで、イアに着きます。イアはとにかくかわいい。お土産もの屋さんもたくさん。
そして景色最高。二人でいい景色を求めて散策、 写真家みたいにシャッターを切る。サントリーニだけで200枚くらい写真をとってます☆
 
イメージ 1
 
その内、夕日が100枚くらい・・
2日間にわたり見にいきましたが、2日間とも違う夕日で、それぞれ綺麗・・・
イアの高台は、夕暮れ時になると、夕日を見に来た観光客でにぎわいます。ハイシーズンは道まで人で埋まるとか。ゆっくり時間の流れを感じるにはこのくらいの時期がいいのかも☆
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事