全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

4/9

 
移動が多かったためインターネットがゆっくりできず、すみません。
生きているかの確認の意味もこめた日記なので、心配してくださった方へ、二人とも元気です。特に、チャー。
 
イメージ 1
 
4/9はチェコの観光。
 
プラハは町並みがかわいくて、でもどこか哀愁が漂うような町並みでした。
カレル橋とプラハ城は観光客だらけ。プラハ城にミュシャが手がけた教会があって、とってもきれいだったけど、日曜しか開放されないとのこと。残念。
しかしプラハは寒い。。ドイツは暖かかったため、ついサンダルで街へくりだすと通りすがる子供までもがビックリした顔で私の足元を見ていました〜
よく分からないのはチェコの物価。小さい木の鉛筆キャップのような物が、400円だったり(私なら10円くらいの値をつける)。どうみても、値段と合わない物が売られている。
 
寒く、意味の分からない物価の中、私とチャーは23時の寝台列車を待ち、町や駅でうろうろ。
寝台列車は予約が必要で、予約料一人26ユーロ。
3人部屋で、洗面台付きだけど、やっぱり狭い。しかもコンセントはあるものの、電流がよく途切れ使えず。シャワー室はあったのでよかった〜
今回の旅で初めての寝台車はなんだかワクワクして楽しかった(^^)
 
イメージ 2
 

開く コメント(0)

4/8〜9

 
プラハに着いたのは4/822:30
 
ホテルにいくため、まず現在地の確認をバスの係りの人に聞くが、分からないとのこと。
 
とりあえず駅を探し、駅の中へ。駅の人に聞くと、両替をしてメトロに乗れという。しかし両替所は閉まっていて、チェコのお金がない!
歩いていくつもりだったので、ユーロからチェコに両替しておかなかったのです・・・
 
駅の人に、ホテルの目印であるカレル橋の場所を聞いても、「ここはチケット売り場で、インフォメーションではない」と言い無視。インフォメーション閉まってるじゃん!
警察の人がいたので、日本の“おまわりさん”的なものと思い声をかけるが、“ノー、アンダスタンド”とこちらもほぼ無視。駅内を二人であてもなくウロウロ
 
使えるお金がない。ホテルの場所も分からない・・・
チェコ人は冷たい〜
 
人に頼っていままで生きてきた私とチャーは途方にくれて、駅内をうろうろ。。
誰かが助けてくれるというのは、チェコでは通用しないんだ。自分達でなんとかしなければ!!
 
ヘルプ、ミー!!
 
 
 
と叫ぶわけにもいかず、たまたま近くを通り過ぎた青年にすがり(やっぱり人に頼る)、泣きそうになりながら事情を説明。
 
すると!青年が途中まで一緒に行ってくれるというではありませんか!!
なんていい人!
青年は仕事からの帰宅中だったみたい。
 
青年は大通りまで来ると、再度行き方を説明してくれ、去っていきました。
 
 
その後は、夜にもかかわらず道は観光客だらけで、安心して歩くことができ、通りすがりの人に聞きながら無事ホテルに着いたのでした。到着したのは0時。バスを降りてから1時間半が経過してました。
どっと疲れた1時間半・・
 
夜の街はとっても綺麗だったけど、
青年がいなければチェコが嫌いになるとこでした。
イメージ 1
 
 
 
チェコの教訓
人にばかり頼ってはいけない。
けど・・やっぱり困った時に助けてくれるのは、人なんだよね
 
 
*** 今日は一日チェコの街を散策し、夜行電車でオーストリアへ ***

開く コメント(2)

4/8.

 
今は
4/9 inチェコです。
 
昨日(4/8)は
昼間ドイツ観光♪
 
ドイツは人も優しくて、食べ物もおいしくて、のどかで、町はかわいくて、ほんとに良いところ。また行きたい国No1にあがるのも分かる気がするな〜
ローデンブルグにはかわいいお店もいっぱいあるから、お土産を買いたくなる。
けど、バックはパンパン。バックの外にまで物をぶら下げて歩いている状態。。買いたいけど今は我慢。我慢。
 
今度はゆっくりと買い物しに、家族できたいな(^^)
 
ローデンブルグからニュルンベルグに移動し、ニュルンベルグからプラハへは4時間のバス移動。いつものように食材を持ち込み、移動中に食事をとり、仮眠へ。
ばいばいドイツ。zzZ
イメージ 1
イメージ 2
 

開く コメント(0)

4/7夜

 
ユーロが高いのと、日々新しいことに奮闘していて、時間がなかったため、ちゃんとした食事をしていなっかったチャーと私。
 
いつもパンかマルシェのサラダと果物を移動中やホテルでたべていました。
 
疲れもたまってきて、ちょっとゆっくり食事がしたい。
 
二人の意見が一致し、今日はドイツの家庭料理レストランへ。
久々のお皿で食べる暖かい料理に二人で感激。
 
おいしかった〜☆
イメージ 1
イメージ 2

開く コメント(3)

4/7

 
だんだん曜日の感覚がなくなってきました〜
 
今日はフランクフルトから1時間のウィツバーグへ。
ウィツバーグはロマンチック街道の始まりの地。古い町並みがきれいなハイデンベルクやローテンブルクに行くためにウィツバーグでホテルをとったのですが、、、
イメージ 1
イメージ 2
午前中のうちにウィツバーグのホテルにチェックインを済ませ、ハイデンベルクへ行くため駅にいくと、なぜかフランクフルト行きを指差される。
なんと、ハイデンベルクはフランクフルト経由でいく場所だったのです。
 
なので、結局出たばかりのフランクフルトへ、二人は観光のため旅立つのでした。。
 
地図で位置を確認すればよかった〜
隣でチャーは時間がもったいない、もったいない、と嘆いていました。
 
彼女にとっては1ヶ月の猶予で観光しなければならず、一分、一秒が大切なのです。
それはわかるものの、休みなしに動きまわるのに疲れた私は、ちょっとぐったり(笑)
 
 
ハイデンゲルクは町並みがレンガで、とってもきれいでした。
お城、橋、川、中世の面影がそのままで、鳥のさえずりのなか、時がゆっくり流れてる。
 
ゆ〜くり歩いて、ベンチでボ〜としていたいなぁ

開く コメント(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事