ガーデナーの雑記帳

祝 令和元年、新しい年号になり、このブログもお引越ししなければ(;'∀')

全体表示

[ リスト ]

ダイスギ(台杉)

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

ダイスギ(台杉 Cryptomeria japonica D.Don var. radicans Nakai/アシウスギ/シロスギ)スギ科スギ属・常緑高木(針葉樹)(樹高20mくらい)日本自生アシウスギの仕立て物
(撮影12/5)


最近とても気になる木の一つがこのダイスギ(台杉)です。
針葉樹ですが、コンパクトにまとまって葉張りも出ないし、
スギ花粉の心配もありません。
和っぽいと言えばそうかも、とも思うのですが、
これが意外とモダンな雰囲気に良く合うのですね。

背の高いものもありますが、伸びる枝を更新することで背丈を低く抑えられます。
最も古く長く伸びた主幹を元から落とすことで更新しますが、
大きくなりすぎると、これは造園職人さんにお願いしないとできません。
先日圃場に伺った折に見ると、
2〜3mくらいの比較的お手ごろな背丈のものがたくさんありました。
このくらいからスタートすれば管理もそんなに難しくないな〜と思います。

「台杉」という杉があるわけではなく、
もともと建築材として、一本の杉から多くの建材を採るために
「台木に何本もの枝を仕立た杉」で、その歴史は室町時代までさかのぼります。

そのために使われたのが、萌芽力の強い「アシウスギ」。
「アシウスギ」は吉野杉を代表とする太平洋側の『表スギ』に対して、
日本海側に自生するもので『裏スギ』と呼ばれます。
吹き付ける積雪の重みで幹が折れ、その横から新芽を吹き…を長い年月繰り返したことで、
萌芽力の強い杉が生まれたということだそうです。
また長く伸びた枝が雪の重みで地に着き、根を出して幹となり、新しい株に更新する
「伏条更新(ふくじょうこうしん)」によるものもありました。
自然の中で、仕立てた台杉のような樹形となった巨木もあり、
天然記念物となっているものもあります。


さて、室町時代、京都北山地方の急峻な山地で
真っ直ぐな杉丸太を効率よく生産するための手法として「台杉」が生み出されましたが、
昭和の時代にはすでに増大する需要に追いつかなくなり、
台杉による杉材の生産は姿を消しました。
その後は観賞用として和庭に植えられるようになり、今に生きることとなりました。
人の手により手間隙かけて作られ、その優雅な姿から高級造園樹木の代名詞にもなり、
バブル期には数百万円の高値で取引されたものもあったそうです。

ちなみに写真の台杉は、聞いてみたらそんなに高くはなかったですが…(^^ゞ
今では台杉には「シロスギ」という品種を使って、挿し木生産するらしく、
他の品種と交配する事のない純粋種として作られたものです。
実がなりにくいので花粉は非常に少ない、ということですので
「花粉症」はあまり心配しなくてもよいそうですよ(^.^)


●伏条台杉の巨木 参考HP:巨大杉、すごいですね〜(゜.゜)
「京都片波川源流域の巨大杉群」http://www.sizen-daigaku.com/~kankyou/071012katanamigawa.htm
「下黒田の伏条台杉群」http://homepage2.nifty.com/Hiro-Akashi/kyotofu/daisugi.htm
「井ノ口山の巨大杉群」http://www.abaxjp.com/inoguti/inoguti.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事