ガーデナーの雑記帳

秋も深まり、きれいな紅葉が落ち葉になって手の中に(^^)/ 頑張ろう日本!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

プルンバゴ・インディカ(Plumbago indica=Plumbago rosea/Plumbago coccinea/アカマツリ 赤茉莉/ベニマツリ 紅茉莉/英名:Rose Plumbago)イソマツ科プルンバゴ属・非耐寒性常緑つる性低木(花7〜11月・草丈1mくらい)アジア南部〜東インド原産
(撮影7/12)


プルンバゴといえば、暑い夏でも涼しげな青〜白花を咲かせる
「ルリマツリ(Plumbago auriculata)」が思い浮かびます。
初夏から今見事な花を咲かせています。
その近縁種で真っ赤な花を咲かせるのがこの「インディカ」(別名:ロゼア)。
東インド原産のプルンバゴです。タネや樹皮、根にはプルンバギンを含み
中国やインドでは民間薬に使われるそうで、ハーブとしても扱われています。

ルリマツリと同じようにブッシュ状になりますが、
ルリマツリに比べるとクライミングの性質が強くて、葉は大きく、
花もドーム状にならずに花穂を30〜50cm以上伸ばして咲きあがっていきます。
日当たり好きで、耐寒性はなく、冬越しには10℃以上は必要で、
暖地でも室内に入れなければ冬越ししません。
周年開花性で、15℃くらいの温度があれば冬でも花が咲きます。

花のついた苗が出回るのですが、インディカは短日性が強いので、
もし開花株の苗をコンテナなどに植えて、翌年から花が咲かないようであれば
日照時間の調整が必要だということでしょう。
短日処理で花芽分化させるのが咲かせるコツということです。

植えっぱなしでも毎年きれいな花をつけてくれるルリマツリに比べると
ちょっとややこしいですが
とてもきれいな花、挑戦してみてはいかがでしょうか?
(^o^)


●プルンバゴ参考(ガーデンさかもとさんHPより)
http://www.rakuten.co.jp/gardensk/430279/669108/454554/

この記事に

閉じる コメント(2)

ルリマツリはよく見かけますが、アカマツリというのもあるんですね〜。
夏の赤い花も個性的でいいですね。
ルリマツリは一度育てたことがありますが、こちらの地域では屋外での冬越しができず、それきりになってしまいました。

2008/7/12(土) 午後 9:35 マユ 返信する

顔アイコン

マユさんこんばんは
マユさんの方はこちらよりも寒いのですね
アカマツリは気難しい花なので、あまり出回らないようです
写真の花はまだ花穂が伸びる前で小さいです(^.^)

2008/7/13(日) 午後 6:34 may33124416 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事