ガーデナーの雑記帳

祝 令和元年、新しい年号になり、このブログもお引越ししなければ(;'∀')

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

コノテガシワ(児手柏 Platycladus orientalis cv. Compacta=Biota orientalis、Thuja orientalis/千手 センジュ/黄金児手柏 オウゴンコノテガシワ/側柏 ソクハク/児手檜葉 コノテヒバ/
英名:chinese arborvitae/oriental arborvitae)ヒノキ科コノテガシワ属またはクロベ属・常緑針葉低木(花3〜4月・実8月〜12月・樹高1〜5mくらい)中国〜朝鮮半島原産の園芸種(矮性種・雌雄同株・雌雄異花)
(撮影1/17:圃場にて)


江戸時代に中国から日本に渡り、以降日本でも良く植えられるようになったものですが、
本来の「コノテガシワ(Biota orientalis)」は20mにもなる高木です。
現在出回っているのは、その矮性の園芸種「センジュ」で、
明るい緑の葉色から「黄金コノテ」とか「コノテガシワ」とか呼ばれています。
子供の手をたくさん重ねたような葉の形から「児の手」です。
上の写真は寒さで紅葉しているコノテガシワ。冬の姿もまたきれいですね。
(^.^)

1mくらいの苗木がたくさん生産されているので、
お値段もお手ごろな美しいコニファーです。
暑さや寒さにも強いし、病害虫もあまり心配いりませんから扱いやすいですね。
コニファー類を楽しむのに考えておかなければいけないのは、大きく育ったときのこと、
また大きく育つ過程でどのように剪定し、仕立てるかということでしょう。

コノテガシワもいかに矮性種とはいえ、
放任で20年も経って大きく育つと樹高も5mくらい、葉張りも2mくらいになります。
葉張りが出て枝葉が伸びたのをばっさりと葉のない状態まで落としてしまうとまず芽吹きません。
ちょっとでも新芽があってそれが伸びたとしても、葉が展開するには5年くらいはかかってしまいます。
そうなる前に葉張りをあまり出したくなければやはり剪定は必要です。
コニファー全般に言えることですが、金気を嫌うのでどうしても大鋏などで剪定すると
切り口が枯れて見苦しくなりますから、新芽が吹く春前に剪定するのが普通です。

大きくなるからコニファー類は敬遠する、という方も多いと思いますが、
それなりの剪定がもし可能なら、
コニファーの魅力も利点も十分楽しみたいと思います。
上手にガーデンに取り込むと、独特の雰囲気が味わえますし、
大きくなる前に挿し木で新株を作って更新、という技もあります。
(^.^)

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事