洋楽、洋画、海外ドラマの部屋

タイトル変更。たまには更新ありかも

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全456ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

La La Land

25日に話題の「La La Land」観てきました。
ネタばれ満載なので、見てない方はスルーしてくださいね。

思ったほどミュージカルしていなかったので、とても観やすかったです。
音楽も良かったけど、やっぱりストーリーが良かったな。
一緒に観に行った夫は「ベタだ」と言っていたけど、エンターテインメントとしての歌と踊りには高評価で、俳優のポテンシャルの高さには感銘していた模様。

オープニングからワンショットでの映像が続き、舞台を意識しての作りは悪くないと思いました。
往年の映画からのオマージュ・シーンはあちこちで語られ、映像も上がっているのでここでは割愛。

ツイッターで賛否両論があると読んで、どの部分なんだろうと思ったのですけど、どうやらエンディングが人によって受け入れられなかったようで。
売れないジャズ・ピアニストとなかなかオーディションに受からない若手女優の恋の行方。
ミュージシャンが自分の好きな音楽で食べていけるのはほんの一握り。
売れたら売れたで、アルバム制作(契約で何年で何枚作らないといけないという制約)して、ツアーを敢行。
しかもそのツアーも全米を回るとなると1〜2年なんてざらで、多くはそのツアーにうんざりして辞めたりしてしまう(デイヴィッド・ギルモアは、もうツアーにやりたくないので、やっても英国内かEUのみと決めているらしい。ツアーの過酷さはBon JoviのPV、「Wanted Dead or Alive」見るとよくわかる)。
だから、セヴがツアーの最中にいきなり帰ってきて、ミアに一緒に来てほしいって言ったのは、よくわかる。でも、それは一方でミアに女優をあきらめてと言っているに等しい。
夢を諦めかけているセヴに怒るミアの気持ちもわかるし、意に沿わないバンドで安定を得ようとしているセヴの気持ちもわかる(ミアが母親と話しているのを聞いて、彼なりに出した答え)。
そして、夢を諦めかけて故郷に帰ったミアをオーディションのために迎えに行き無事に送り届けたセヴの中には、既に予感があったと言ってもいい。
だから、ミアに全力で役に取り組めと言ったし、二人の関係も成り行きに任せようと言った。

いきなりの5年後、ミアは女優として成功し、結婚して子供にも恵まれる。
偶然入ったジャズバーでセヴと再会(言い過ぎ、セヴが舞台からミアを見つける)する。

店のロゴは以前ミアが考えたもの。
セヴは夢をかなえ、自分のお店を持っていた。
セヴがメロディを奏でるとミアはもう一つ別にあったであろう人生に思いを馳せる。
あれは、後悔ではなく、もし自分がもう一つの人生を選んでいたらこうだったのではないかという想い。
ラストにミアに見せるセヴの微笑は、「いいんだよ、これで」という彼のゆるぎない愛情。
ある意味、このラストで二人はお互いを一生忘れることのできない人として心の中で愛し続け、恋を成就させるのである。
ものすごく切ないけれど(特に、セヴがミアが思う以上に彼女を愛していたことがわかる)、セヴは彼女を女優にさせ幸せな(多分)家庭を持ったことで(当然、ミアが結婚、出産していることはマスコミで知っているはず)安心したのではないか。
セヴのミアへの愛情を思うと涙が止まらないのよ。

でも、この後セヴとミアがそれぞれの道を行くのか、ミアがセヴの元に走るのか、それはわからない(ないとは言えないでしょ?(^^;)。
切ないラブストーリーではあるけれど、それは救いのないものではなく、ラストのセヴの微笑がすべてを許し、真実の愛の一つの形を見せてくれたような気がする。

最後に、エマ・ストーンのオーディションの歌は最高でした。
上手い、下手ではなく、歌心があり人の感情を揺さぶることができるという意味で素晴らしかったです。

あと、小ネタを少々。
ミアがジャズで思い浮かべたのが「ケニーG」で、昔でいうクロスオーバーというジャンルで(今ならスムースジャズか)、ジャズの部類には入らない。
ミアがリクエストした A Flock Of Seagullsの「I Ran」は82年のヒット曲で、その前にかかっていたA-haの「Take on Me」はMTVで年間最優秀を取った曲。
そんなにジャズに詳しいわけじゃないけど、壁にビル・エヴァンスの写真が飾ってああって(マイルスもあったな)ピアニストとしては外せないところとか、あとミアの部屋に飾ってあった大きなポスターがイングリッド・バーグマン(ちょうどドキュメンタリーを見たばかり)だったのも印象に残ったかな。

ご無沙汰

ご無沙汰しております。
更新の予定はほとんどないのですが、
Twitterで話しきれなかったドラマや映画のことを
こちらでダラダラと話すのにたまには
使おうかと思っております。

今年の総括

ご無沙汰しております(^^;

すっかり暮れも押し迫ってきました。
今年はほとんど更新できませんでした。。。
ほとんどTwitterに移行してしまったこともあるのですが(気軽にアップできるのは大きい。でも、じっくり語りたい時はブログかな)、ホントに忙しくて、じっくり記事を書いたりお伺いしたりということがなかなかできませんでした。
来年は、もう少しこちらを更新できるといいかなと思っとります。

今年も昨年から引き続きBenedict Cumberbatch(ベネディクト・カンバーバッチ)関係を追いかけているうちに終わりました(笑)
夏のスタートレック(Into the Darkness)のプロモで来日し、ZIP、スッキリ、目覚ましなど結構TV露出があったので目にされる機会もあったのではないかと思います。
これで、少しは知名度も上がったのでは?

無事に舞台挨拶つきのプレミア上映に行くことができました(チケットをフォロワーさんから譲渡していただけて感謝♪)。ベネの早口についていく通訳さんの井原有美さんがホントに素晴らしかったです!ベネの場合、早口+話が長い、でホント大変なんです(^^;プロの仕事を見せていただきました。

雑誌に至っては、表紙攻勢でエライ目に遭いました(^^;スクリーン、ムビスタ、ぴあと全部で10冊くらいあったでしょうか(さすがに全部は買いませんでしたが(^^;)。
「Time」の表紙が一番良かったかな(GQも良かったけど)。
イメージ 1
そして、1日には待望のシャーロックのS3が始まります(英国でのお話し)。
インドや韓国では早々に放送日が決定し、数日遅れで見られるというのに、日本は情報さえも出てこない。。。放送権を某国営放送がもっているようで、さすがは国営放送、仕事が遅い(やる気あるのかよ、と言いたくなるほど遅い。台湾や韓国にできて、なぜに日本にできない!BBCのあいぷれいやという強い味方がいるので、同時に見られますが。。。)そのうちやるでしょ(その前に密林UKでBD買いますけどね、笑)。

音楽関係では、今年のライブは10月のBackstreet Boysと山下達郎くらいでしょうか。。。
今日、大瀧詠一氏の訃報が入りビックリしました。つい先日ドラマーの青山純さんの訃報をきいたばかりでしたので、達郎に関係するミュージシャンの訃報が多かったなと(英詞を担当されていたアラン・オデイさんも死去されました)。ご冥福をお祈りします。

来年はGWにTOTOとJohn Mayerのライヴがあるので楽しみにしています♪
TOTOは早々にチケットが届きまして、1階席の4列目となかなかの良席でございます。今年はほとんどアルバムを買っていないので何も語れない。。。
ストーンズのチケットの先行予約を主人の知り合いから頼まれて取れたのですが、さすがに2枚で4万円近いことから断念されて流してしまいました。さすがに我が家でもスルーしました(^^;

音楽関係では悲しいことも。。。
Lostprophetsの解散がありました。昨年の11月の来日公演のドタキャンの時から何かおかしい感じはしていたのですが、イアンの逮捕&裁判という事件があり、最終的にイアンが罪状を認め35年の刑が確定しました。。。(罪状に関してはググればわかると思いますので、あえて書きません)
ホントに信じられない思いで、何が彼をそうさせてしまったのか、訳がわからないというのが正直なところ。残念としか言いようがありません。

最後に、シューマッハの事故ですが、未だ意識不明のようです。。。
このまま逝ってしまってはいけない、シューミ。。。彼の回復を祈るばかりです。

それでは、皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ(^^)
  ↓午年なので(^^;

イメージ 2



今週は鈴鹿

すっかりご無沙汰中です(^^;
コメント頂いていたことにも気づかず、ようやくお返事できました<m(__)m>

スカパーにずっと加入していたことから、1か月好きなチャンネルを無料で見られるってことで、久しぶりにフジを契約。ちょうどF1見られるし、と思ったら今年の今までのGPを全部放送してくれてラッキー♪
久しぶりにライヴで見られて楽しかったです(韓国GPはマーシャルとかひどかったし、ドライバーの多くがGP終わってその日のうちに日本入りしていて笑った(^^;)。

ロータスで走っているキミは来年フェラーリ入りが決まったし、来年もまたF1見るよ♪

(そして、相変わらずTwitterではベネディクト三昧しておりまする。土曜日はBSBのライヴ、23日は達郎のライブです。席が30番列台の右端なんですけど、顔見るわけじゃないからいいけど、でも難波さんは近くで見たかったな(^^;)
またもや猛暑突入で、暑中お見舞い申し上げます。
8月8日までが暑中見舞いで、それ以降は残暑見舞いとなるようで、滑り込みで暑中見舞いとなりました(^^;

すっかりブログをほったらかしですが、時間があれば少しは更新したいところ。
当分は無理そうです.....
全然ライヴは行けていないのですが、10月の達郎とBSBは確保しました。
Bon Joviはリッチーが来るなら(現在USツアーは離脱中)観に行ってもいいかなと考えておりますが、新譜も買ってないし、すっかり離れてしまいました(^^;(そのうち復活することもあろうかと)

先日、たまたまツイッターでプログレ系のフォローを受けつぶやいたら、ギタリストの方からフォローを受け、なんとその方はPink Floyd Tripsというトリビュートバンドをされている方で、8月6日の渋谷でのラストライヴまで各地でライヴされていたようです。
ちょっと聞きたかったなと。次回あったら、是非見てみたい(聞いてみたい)ですね。

後はいつものように、ドラマと映画中心の日々を送っております。
6月末からの10日ほどの幸運に恵まれた後、すっかりツキをなくし、応募したものすべてことごとく惨敗いたしました。
でも、とりあえず健康で好きなことをして暮らしているので、これ以上の贅沢は言わないことにします(^^;(でも、世の中には強運の持ち主っているんだなあと実感すること多々あります)

そろそろ仕事も忙しくなってきたので、今度更新できるのはいつになることやら。。。
それでは、皆様、20日までは続くと言われている猛暑に体調を崩さぬようお過ごしくださいまし。

近況報告でございました(^^;

全456ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事