洋楽、洋画、海外ドラマの部屋

タイトル変更。たまには更新ありかも

映画

[ リスト | 詳細 ]

好きな映画の紹介をしています♪
記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

La La Land

25日に話題の「La La Land」観てきました。
ネタばれ満載なので、見てない方はスルーしてくださいね。

思ったほどミュージカルしていなかったので、とても観やすかったです。
音楽も良かったけど、やっぱりストーリーが良かったな。
一緒に観に行った夫は「ベタだ」と言っていたけど、エンターテインメントとしての歌と踊りには高評価で、俳優のポテンシャルの高さには感銘していた模様。

オープニングからワンショットでの映像が続き、舞台を意識しての作りは悪くないと思いました。
往年の映画からのオマージュ・シーンはあちこちで語られ、映像も上がっているのでここでは割愛。

ツイッターで賛否両論があると読んで、どの部分なんだろうと思ったのですけど、どうやらエンディングが人によって受け入れられなかったようで。
売れないジャズ・ピアニストとなかなかオーディションに受からない若手女優の恋の行方。
ミュージシャンが自分の好きな音楽で食べていけるのはほんの一握り。
売れたら売れたで、アルバム制作(契約で何年で何枚作らないといけないという制約)して、ツアーを敢行。
しかもそのツアーも全米を回るとなると1〜2年なんてざらで、多くはそのツアーにうんざりして辞めたりしてしまう(デイヴィッド・ギルモアは、もうツアーにやりたくないので、やっても英国内かEUのみと決めているらしい。ツアーの過酷さはBon JoviのPV、「Wanted Dead or Alive」見るとよくわかる)。
だから、セヴがツアーの最中にいきなり帰ってきて、ミアに一緒に来てほしいって言ったのは、よくわかる。でも、それは一方でミアに女優をあきらめてと言っているに等しい。
夢を諦めかけているセヴに怒るミアの気持ちもわかるし、意に沿わないバンドで安定を得ようとしているセヴの気持ちもわかる(ミアが母親と話しているのを聞いて、彼なりに出した答え)。
そして、夢を諦めかけて故郷に帰ったミアをオーディションのために迎えに行き無事に送り届けたセヴの中には、既に予感があったと言ってもいい。
だから、ミアに全力で役に取り組めと言ったし、二人の関係も成り行きに任せようと言った。

いきなりの5年後、ミアは女優として成功し、結婚して子供にも恵まれる。
偶然入ったジャズバーでセヴと再会(言い過ぎ、セヴが舞台からミアを見つける)する。

店のロゴは以前ミアが考えたもの。
セヴは夢をかなえ、自分のお店を持っていた。
セヴがメロディを奏でるとミアはもう一つ別にあったであろう人生に思いを馳せる。
あれは、後悔ではなく、もし自分がもう一つの人生を選んでいたらこうだったのではないかという想い。
ラストにミアに見せるセヴの微笑は、「いいんだよ、これで」という彼のゆるぎない愛情。
ある意味、このラストで二人はお互いを一生忘れることのできない人として心の中で愛し続け、恋を成就させるのである。
ものすごく切ないけれど(特に、セヴがミアが思う以上に彼女を愛していたことがわかる)、セヴは彼女を女優にさせ幸せな(多分)家庭を持ったことで(当然、ミアが結婚、出産していることはマスコミで知っているはず)安心したのではないか。
セヴのミアへの愛情を思うと涙が止まらないのよ。

でも、この後セヴとミアがそれぞれの道を行くのか、ミアがセヴの元に走るのか、それはわからない(ないとは言えないでしょ?(^^;)。
切ないラブストーリーではあるけれど、それは救いのないものではなく、ラストのセヴの微笑がすべてを許し、真実の愛の一つの形を見せてくれたような気がする。

最後に、エマ・ストーンのオーディションの歌は最高でした。
上手い、下手ではなく、歌心があり人の感情を揺さぶることができるという意味で素晴らしかったです。

あと、小ネタを少々。
ミアがジャズで思い浮かべたのが「ケニーG」で、昔でいうクロスオーバーというジャンルで(今ならスムースジャズか)、ジャズの部類には入らない。
ミアがリクエストした A Flock Of Seagullsの「I Ran」は82年のヒット曲で、その前にかかっていたA-haの「Take on Me」はMTVで年間最優秀を取った曲。
そんなにジャズに詳しいわけじゃないけど、壁にビル・エヴァンスの写真が飾ってああって(マイルスもあったな)ピアニストとしては外せないところとか、あとミアの部屋に飾ってあった大きなポスターがイングリッド・バーグマン(ちょうどドキュメンタリーを見たばかり)だったのも印象に残ったかな。

ご無沙汰しております。
気が付けば、師走で今年もあっという間に終わりを迎えようとしております。

昨日は成田空港に初のお出迎えに行ってきました。
それはSherlockで有名になった英国俳優、ベネディクト・カンバーバッチの初来日。
先週の水曜日に急遽出回った来日情報にざわざわ(^^;
来年の9月に日本公開が決まった「スター・トレック2」のプレス向けプロモーションで来日することに。
(主演のクリス・パインと監督のJ.J.エイブラハムも来日)
仕事が忙しかったので最初は諦めていたものの、週末になって仕事が落ち着いたのでお出迎えに行くことに決め、12時上がりを申請。
もう、それからは緊張が止まらなくて大変でした。
日曜日にプレゼントを買いに行こうと思っていたのに、体調を崩し、家でDVDの整理。
なんでかというと、他のことに集中していれば3日の来日のことを思わなくて済むから(笑)
やっぱり、プレゼント買ってお手紙書けばよかった。。。後悔先に立たず(>_<)

ベネディクトは前日、「キャビン・プレッシャー」の公開録音があり、現地19時の飛行機に搭乗。
彼自身はツイッターをやっていないので、彼の友人を通してちゃんと日本に向かったことを確認。
ホントにやってくるんだ♪

そして当日。。。
朝からそわそわ、いつものように通勤でiPodを聞く気にもなれず、成田に向かう電車の中も同様。
飲み物も食べ物も喉を通らず、まさしく恋煩い状態(笑)
14時半過ぎに成田に到着。
既にかなりの人が集結。
どこにポジションとるべきかわからず、適当に並んだところ、ちょうど出てくる正面に。
成田の到着はJAL402便のロンドンからの直行便。
イメージ 1

最初は15:55分の到着だったのに16:05になり、16:10に。
16:09に無事に到着♪思わず拍手が(笑)
でも、出てくるまでにはまだまだ時間が。。。
スタッフの方がいろいろ教えてくれたりしてましたが、思った以上に人が多かったので(500人集まったらしい)サインのお願いはしないで下さいとのこと。
「エーッ!」となったものの、再度のお願いに「はーい」とみんな返事が(笑)
あと、プレゼントの回収もスタッフの方してくれて「必ずお部屋にお届けします」とのこと。
やっぱり用意すべきだった。。。

片手にデジカメ、もう片方に動画を撮るためにiPod Touch。
そして現れた〜!!!
(出るタイミング間違ってフライングしたらしい、(笑)ベネたんらしいよ♡)

とりあえず録画できました。40秒ほど(^^;
近くで見れたけど、目の色がわかるほどじゃなかったのが残念。
(もう少しゆっくり歩いてくれると思っていたのに、思いのほか足早に移動。。。時間なくてせかされていたんだろうなあ。)
サインをねだるような人もなく、ホントに心からのお出迎え。
ベネディクトも驚いたようで巻いていたマフラーを「ワォ!」と言いながら外してました(^^)
ここで見れます (が、Twitter登録していないとダメかもしれません、フーと息を吐いて、一言ワォと言ってマフラーを外しています)
ホントに始終笑顔で私たちも幸せ♪
Welcome Boardを見てとっても喜んでたし、2階のファンに手を振ることも忘れない心配り。
とにかく日本を好きになって帰ってもらいたい!
そしてまた来てもらいたい!今度はスタトレ2のプレミアかなあ(^^)
とりあえず、私が撮れた動画はこれ
HDで撮れなかったのが残念!

さて、今日は肝心のプレス向けプロモーション。
木場のシネマズ109のIMAXで上映。
こんな感じ(gooです。←こちらのURLに飛んで見ていただけると良いかと)

来年の秋には見られるのね(遠いなあ。。。暑い夏を越さないといけないのか)。
シネマトゥデイなど既にあちこちで写真など公開されておりますので、スタトレお好きな方は是非チェックされてくださいまし。
嵐のように来て去って行った(多分もう離日しているとは思うんだけど、わからん)ベネディクト。
今度は目を見て話せる距離でお会いしたいです♪

この上映会の後、出待ちしていたファンにサインしてあげたらしい。
優しいから絶対に断らないよね、彼は。
彼のそういう気配りとか性格の良さはファンにも伝わっていて、今回のお出迎えも利用客に迷惑にならないようとの心配りをするファンの多くの方の努力があっての心温まるお出迎えになったと思っています。
それも、ひとえに日本を好きなって帰ってもらいたい、そしてまた来たいと思ってもらえるようにというファンの気持ちが一つになったからではと思っています。
その気持ちは十分にベネディクトに伝わったと、彼のあの笑顔を見たときに思いました(だよね?)。

これで彼の日本での人気がかなりあると業界関係者も認識したでしょうから、彼の過去の作品を世に出してほしいと思います。過去の作品で持っているのは数年前にWOWOWで放送された「Last Enemy」くらいなもので(^^;
しかもその時はツボにひっかからなかった(笑)

お出迎えの後、Twitterで知り合ったファンの方と短い時間ですがお茶してお話してアカウント交換できました。
皆さん、ちゃんとCasebookご購入♪本も作品も読んだり見たりされていて、いいなあと思いました。
来年の3月にはSherlock3の撮影が始まる予定(1月から延期)です。
3が放送されるまでには聖典のシャーロック・ホームズを全部読んで(まだ途中なので)、ジェレミー・ブレットの映像の方も制覇しておきたい(チャンネル銀河で今月一挙放送があるので、申し込んでおかなくては)。


最後にRadio Timesにも空港のお出迎えの記事が載っていたので是非♪
それとPhoto Shootingの画像も最後に♪(慣れてるよね、このポーズ、笑)
イメージ 2

久しぶりにBDの映画を買いました。
もちろんベネディクト絡み(^^;
今年のアカデミー賞でゲイリー・オールドマンが主演男優賞にノミネートされた映画です。
見てわかりました。どうしてゲイリーがノミネートされたのか。すごい。。。

原作は元MI6のジョン・ル・カレが英国諜報部の内部を描いたもの。

ゲイリー・オールドマン演じるスマイリーは、コントロールと呼ばれるサーカスのリーダーの右腕だった。
ハンガリー・ブタペストの任務の失敗の責任を取って引退したコントロールとともに諜報部から身を退いていたが、ソ連の二重スパイ(mole=モグラ)を探すよう上から命じられる。

タイトルのTinker Tailor Soldier は英国のナーサリー・ライムから来ていて、それをコードネームにして使っています。
  Tinker, Tailor
  Soldier, Sailor
  Richman, Poorman
  Begger man, Thief

実はQueenの歌にもこの部分が使われていると先日知ったばかり(^^;
「フェアリー・フェラーの神技」に使われていたとは、不覚でございました(^^;

さて、肝心の映画ですが、メンツがすごいのなんのって。
コントロールにジョン・ハート、スマイリーにゲイリー・オールドマン、アレリン(Tinker)にトビー・ジョーンズ、ヘイドン(Tailor)にコリン・ファース、ブランド(Soldier)にキアラン・ハインズ、エスタヘイス(Poorman)にデイヴィッド・デンシック、実動部隊として、ジム・プリドーにマーク・ストロング、ピーター・ギラムにベネディクト・カンバーバッチ、リッキー・ターにトム・ハーディと英国を代表する俳優勢揃い。
イメージ 2

セリフが少ない映画だなあというのが第一印象。だから、表情や目での演技が要求されるのかなと思いました。
二重スパイを送り込んだのがカーラと呼ばれるソ連のKGBスパイ。そのカーラは最後まで顔を見せることなく終わるのですが、それがとても効果的。
昔そのカーラと関わったことがあると、ギラムに話すシーンが秀逸。
ゲイリーの一人芝居ともいうべきシーンで、これを見たときにアカデミー主演男優賞にノミネートされる所以がわかりました。
1度見ただけじゃ全部理解できないところがまた何度も観たくなるじゃありませんか(笑)
スマイリーの指示で活躍するギラムことベネディクトがまた最高♪
サーカスに呼ばれて、幹部の前で尋問みたくされるシーンは、こちらがドキドキしてしまうほど。
大物俳優勢揃いの中でのこのシーン、ゲイリーさんのお気に入りのシーンでもあるらしい。
ネタバレを含んでしまうのであまり多くは語れませんが、レンタルが始まったばかりなので是非見てもらいと思います(^^)

イメージ 1

イメージ 3

全然記事になってなくてスミマセン(^^;


すっかりご無沙汰しています、Twitterでは毎日壊れてます(笑)
昨日は朝からこの話題で盛り上がり♪

シャーロック(BBCの方ね)の監督、ポール・マグイガン(マクギアンは間違いなので、念のため)がベネディクト・カンバーバッチでブライアン・エプスタインを撮影すると発表しました→こちら
マグイガン本人のツイですから、決まりだと思います。その後、続々あちこちで報道されました。
共同プロデュースの一人がトム・ハンクス。
ホモセクシャルを演じるベネディクトってどんな感じかしら。
それもあるけど、ジョンは誰がいいとか、ビートルズ聞きたくなったとか、いろいろ盛り上がりました。
でも、仲間内ではベネディクトにロマコメやってほしい、の方が盛り上がりましたけど(^^)

てな感じで毎日ツイでベネディクトで盛り上がっております(笑)
今日か明日には映画「裏切りのサーカス」(仲間内ではTTSS、原タイトルがTincker Tailor Soldier Spyなので)が届くので、また映画で盛り上がりそうです(^^)
(私をフォロしてくださっているここでのお友達には非常に申し訳なく思っております。。。)

このベネじゃない写真使ってほしかったな。。。
イメージ 1
これとかさ
イメージ 2

見てきました、「シャーロック・ホームズ」
イメージ 1


映画館で映画を見るって息子に付き合ってみたポケモン以来かも(笑)
前日にネットで予約して土曜日の夜7時からの上映だったんですが
10人いるかどうかわからないくらいの寂しいものでありました^^;
時間が時間だからかも知れませんが、マイケルの時に比べるとちょっとね^^;
でも、映画はなかなか面白かったです♪

ホームズをロバート・ダウニー・Jr、ワトスンをジュード・ロウが演じていました。
見るまでは逆の方がいいのかもって思ってましたが、このキャストで正解でした。
ロバート・ダウニー・Jrは私の中では好きじゃない俳優の一人で(笑)
彼の映画でちゃんと見たのは「エア・アメリカ」くらいで(いつの映画だよ^^;)
スキャンダルも多くて薬漬けの時もあったんですが、
「アイアンマン」で第一線に戻ってきてからは年を取ったこともあって
いい俳優になったなって思いました。
そしてこの映画も思った以上に
ロバートダウニー・Jrが良かったです♪
ちゃんとイギリス英語だったし、アクションも決まってました。
ジュード・ロウとの掛け合いもまるでラブコメのようで息がピッタリ。
二人のリズムがちゃんと合ってました。

そして大好きなジュードですが、こちらもなかなか良いワトスンでした♪
「シャーロック・ホームズ」というとどうしてもBBCでやっていたシリーズの
印象が強かったのですが、新たなホームズとワトスン像ができたと言う感じでした。
ちょっとお茶目で抜けたところもあって、結婚を機にホームズと距離を
置こうと思いながらやっぱり彼を助けに行ってしまう、そんな役どころを
上手く演じていました(^^)

この二人で続編を期待してしまうところです(^^)
それに最後に続編がありそうな振りで終わりましたしね。
ホームズと言えばあの人で、あの人が絡んでいたとわかったので
是非その対決が見たいところです♪

監督のガイ・リッチーですが、「スナッチ」くらいしか見たことがないので
こういう映画を撮る人だったんだと初めてわかりました^^;
ホームズの頭の回転の速さを見せる映像など凝っていて
2時間以上の上演ながら途中でだれることなく最後まで見れました。
年をとってから集中して映画を2時間見るって結構きつくて(笑)
ちょっと心配したんですが、最後まで一気に見れました。
マドンナと別れていい仕事が出来たなって勝手に思ったりして(爆)
(マドンナは大好きなので悪い意味ではございません(^^ゞ)

追加ですが、あとやたらと邪魔しに出てくる大男、
007のシャークを思わせたのですが、
その辺りはガイ・リッチーの007へのオマージュなのかなって
勝手に思ってしまいました(^^ゞ

あと、映画館では「アリス・イン・ワンダーランド」のポスターが
どんどんどんと6〜7枚並べて飾られておりました。
気合入ってますな^^;
今回は夫婦どちらかが50歳だと二人で2000円というので見たんですが
今回やっとダンナを連れて見に行くことが出来ました(笑)
ネットで座席を予約していくと楽だし、これからは少し映画館で
映画が見られるといいかなって思っています。
近くにシネコンができたのも気軽に見に行こうと思えるようになった一因ではあるんですが、やっぱり大きなスクリーンとドルビーサウンドで見るといいですね♪
「アバター」とかはIMAXのようにデジタルのきれいな映像で見るのがいいのかも
とフツーの映像で映画を見た昨日はそんな風に思いました。

今年は都内への花見は諦めたので(六義園の枝垂れ桜が見たかったんですが)
近場で桜を眺めてこようと思います。
それにしてもまだまだ寒いですね。体調を崩さぬようご自愛くださいませ。




開く トラックバック(1)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事