夜明ヶ前

ぼちぼちやってます(;´Д`A

全体表示

[ リスト ]

●いや〜念願だった足利高氏関連の小説、読み終わりました(^○^)

著者も、以前に北条政子でお世話になった桜田さん。

この辺の鎌倉北条幕府から足利幕府への流れって全然分からなかったんですよね。

ちょうど南北朝が別れたところ。何でそうなったのかすらよく分からない。

多分日本史の授業で習ったんでしょうけど(;^^)



●実際に北条氏を葬り去ったのは新田義貞だってのがわかりました。

この新田義貞も、名前以外は殆んど知りませんで、足利と同じく源氏なんですねo(゚∀゚o)

そして楠正成。以前に大佛次郎さんの小説を読んだんですけど、どうも分かり切れなくて……

今回は結構理解が深まりました(^○^)



●なんかちょっと幕末に近いような感じもするんですよね。

朝廷を立てて倒幕をはかったのが足利、新田、楠ら。維新の頃なら薩長土ですかo(゚∀゚o)

そして天皇を頂いてこの三人らが新しい政府を、ってところで、

足利が幕政に逆戻り、ってことなんですね。

まぁ高氏にしてみれば悲願だったわけですし、朝廷に御家人達を統御する力もなかったわけで、

物語の中では頼朝や北条氏同様に悪しざまに罵られちゃってますけど、

どこか止むを得ない部分もあったんじゃないのかなぁ?




●弟の直義は、高氏よりもよっぽど将軍らしい人物なんですけど、

兄高氏にとって代わろうなんて全く考えずに、どこまでも将軍職獲得のために発奮します。

秀吉の弟、大和大納言秀長に勝るとも劣らない兄思いで、ちょっと感動しちゃうんですけど、

彼も結局源義経みたいに兄に殺されちゃうんですねぇ(ToT)

そのへんは流す感じであまり詳しくは書かれてないんですが……



●なんかこの本の作者によると、高氏は一度も合戦に参加してないそうなんですよ。

陣の後方で見物してるだけで、実戦経験無し、ってことで、

だから小学生の頃に歴史の教科書に載ってた騎馬姿の“足利尊氏”が別人、って話になったんですね。




●室町幕府についてもちょっと勉強してみたいなぁ〜

この時代の人物っていったら、ひらは

一休さん、新右ェ門さんとかしか知らないや。

(蜷川新右ェ門は実在の人物なんですって!ヽ(;゚〇゚)ノ )

閉じる コメント(2)

顔アイコン

相変わらず読書されてますね〜^^
私は最近本の白いページに虫が飛ぶようになってきました、、、!!
ひら様は大丈夫ですか?
(モモミアンピー)

2008/12/7(日) 午前 10:09 モモミアンピー 返信する

最近ちょっと仕事がヒマで読書がはかどってます(;^^)
目の方は大丈夫ですが、睡魔に襲われることが多いかも……

2008/12/7(日) 午前 11:27 [ ひら ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事