ひまわり署名プロジェクト

虐待死0を目指して署名活動中です

全体表示

[ リスト ]

平成22年6月、大阪市西区で3歳と1歳の幼い姉弟が実母によりマンションの一室に監禁・放置され、水や食料も与えられないまま亡くなりました。

下記はニュースで報道された概要をまとめたものです。
 
実母・下村早苗(しもむらさなえ)容疑者
三重県四日市市出身。
同市の小・中学校を経て、東京都にある武蔵野東技能高等専修学校に進学し、
ラグビー部マネージャーを務める。
(父親の度重なる離婚・結婚に端を発する家庭問題に悩み中学校の頃に不良化し、ほぼ不登校状態。
容疑者父はラグビー部の監督として非常に有名で、そのツテで専修学校へ進学した。)
 
■2006年12月 結婚。夫の実家で夫・義父母と同居生活を開始。
■2007年5月 長女・桜子ちゃんを出産後、三重県四日市市菰野町へ転居。
2008年10月 長男・楓ちゃん出産。
・結婚生活中に幸せな生活をブログに綴っていたが、実際はその当時から育児放棄しており、桜子ちゃんを義母と夫に任せ
 夜遊びに興じ、朝帰りすることも多かった。
 その頃、下村容疑者が中学校の同窓会で再開した男性と浮気をし、それにより夫婦仲が破綻。
■2009年5月 離婚。離婚後に愛知県名古屋市のキャバクラ店で勤務開始。
・この頃からホストクラブにはまり、名古屋市から大阪にまで足を延ばしホストクラブ通いを行う。
■2010年1月 大阪府ミナミにある風俗店で勤務を開始し、風俗店の寮である西区のマンションに
 転居。
・既に育児放棄が進んでおり、自宅マンションに炊事用具や入浴用品は皆無。桜子ちゃん・楓ちゃんを部屋に残したままで
 2〜3日家を空けることもしょっちゅうだった。
 転居当初は子供の泣き声が夜間や未明にかけて聞こえていたが、3月以降は昼夜を問わず泣き声や叫び声が聞こえていた。
 食料は主にコンビニで購入した菓子類を与えていた。(容疑者供述による)
・4月以降幼児2人の入浴などが行われた形跡はなく、水道使用量はほぼ0(大阪市水道局によると、この使用量は「帰って寝るだけ」の単身世帯並みとのこと)
・室内・ベランダには入居直後からのものとみられるごみが積み上がり、桜子ちゃん・楓ちゃんの遺体が発見された際には
 1畳分ほどのスペースしかなかった。
■2010年3月以降 マンション住民から3度、大阪市こども相談センターに虐待の通報あり。
 同センターは2010年5月18日までに5度、容疑者の自宅マンションを昼過ぎに訪問したが応答が
 無かったため手紙を置いて帰ったとのこと。
 また同じ頃に警察にも虐待通報があったが、現場が隣接するマンションであるとの誤報も含まれてい たため警官も接触できず。
・通報した女性は通報の際に泣き声のことばかりでなく、2人の子どもがインターホン越しに「ママー、ママー」などと
 夜中の長時間にわたって叫んでいたことをセンター側に伝えていたがセンター側では「夜泣きの可能性もある」などとして
 危険視をしていなかったことが同センターの相談支援担当課長代理によって明らかにされている。
 児童虐待ホットライン(当署名のきっかけとなった聖香ちゃん虐待死事件を受け、大阪市が24時間通報を受け付けるため設置)
 への通報を夜間〜朝方に行ったこともあったが、センターには夜勤の職員が1人しかおらず「帰宅した職員を呼び出すのもどうか」
 という理由により通報直後の職員の訪問は見送られた。
 
■2010年6月10日前後 桜子ちゃん・楓ちゃんに最後の食事としてコンビニのおにぎりが与えられる。
 この食事を与えて以降、下村容疑者は7月下旬まで一度も帰宅せず。
■2010年7月29日 下村容疑者帰宅。「子供の体が茶色に変色して腐っていた(供述より)」事を確認し
 そのまま外出。
 ・報道にあがった6月中旬〜7月下旬の下村容疑者の行動内容
  出身地の三重県四日市市に何度も帰郷し、友人と遊び歩く。
  ミナミの繁華街でナンパを行い、不特定多数の男性と自宅マンション近くのホテルに頻繁に宿泊。
  mixiへの書き込みも頻繁に行っており、サッカーW杯で日本代表を応援したり、神戸・須磨海岸で友人らとはしゃいだりする様子、
  彼氏とのプリクラなどを公開。
  その一方、友人がメールで「子供はどうしたの」と聞いても返信はなく、面と向かって聞かれたときには「ちゃんと面倒を見ている。
  今日は親戚に預けてきた」などと良い母を演じる事もあった。
  逮捕の約1週間前には、3日間ほとんど眠らず大はしゃぎし、電話をかけ続けていた。
  子供の遺体を確認した数時間後に友人男性に誕生祝いの電話(「おめでとう」「今度一緒に食事行こう」)をしていた。
  また、「大事な人を亡くした悲しみはどうやって乗り越えればいい?」とも尋ねている。
■2010年7月30日午前1時20分ごろ 同僚男性から「部屋から異臭がする」と110番通報。
 警察官と消防のレスキュー隊員がベランダ側から中に入り、桜子ちゃんと楓ちゃんの遺体を発見。
 ・部屋の状況
  玄関は施錠。内側からドアを開けられないようにドアノブに粘着テープが貼られた跡があった。
  玄関から遺体が見つかった部屋に通じるドアにも玄関側から何箇所も粘着テープを貼り付け、固定した跡があった。
  ベランダや室内はごみ屋敷同然で大量のスナック菓子やハンバーガーの袋、おむつが積み上がっていた。
  ベランダに通じる窓は数センチ開いていたが、山のようなごみを掻き分けなければたどり着けない状態。
  子供たちの遺体が横たわっている1畳ほどのスペースしか身を置けるような場所はなかった。
  室内の電気も消えており真っ暗な状態。
  子供たちが母親を探し回ったのか、壁の下方にたくさんの子供の手形が残されていた。
  エアコンは止まっていた。
  単身者用の小さな冷蔵庫は空っぽで、扉が開いた状態。子供たちがわずかな涼を求めたのか、庫内には子供の無数の手形。
  冷凍室の霜を掻きとって食べたような痕跡もあり。
 
 ・遺体の状況
  桜子ちゃんと楓ちゃんは(暑さに耐えかねて服を脱いだのか)裸で、寄り添うようにして倒れていた。
  外傷はなし、死後1ヶ月以上。腐敗が進み、一部は白骨化。
  損傷が激しく、司法解剖でも死因の特定が不可能な状態。
  胃や腸には「食べ物」が全く残っておらず、 死亡前の数日間は食べ物を口にしていなかったと見られる。
■2010年7月30日午後 コンビニに現れた下村容疑者を死体遺棄の容疑で逮捕。
 ・逮捕後の下村容疑者供述
 子どもなんていなければよかった。
 もっと遊びたかった。育児が面倒になり家を出た。
 自分の時間が欲しかった。
 すべてから逃げたかった。
 現実逃避したかった。
 風俗店の仕事がしんどくて、働くのが嫌だった。
 マンションに戻って助けてあげないといけないという気持ちにならなかった。
■2010年8月10日 下村容疑者 殺人罪で再逮捕
 

閉じる コメント(37)

顔アイコン

レスのお返しがなかなかできず、大変申し訳ございませんでした。
多数ご指摘をいただいた探偵ファイル情報については削除を行いました。
また、楓ちゃん出生の件に関しても削除を行いました。
・楓ちゃん出生に関しては「離婚前から育児放棄していた下村容疑者に子供を預けて、全くその後の様子に気を配ることのなかった父親や父方の祖父母もおかしいのではないか」といったご遺族を責める声も聞かれたため、あえて記載を行いましたが、ajisaiさまがおっしゃった「桜子ちゃんは楓ちゃんを大切な弟だと思って命の最後まで助けたでしょう」という言葉に非常に同感し反省しました。
考えが足らず、大変申し訳のないことをいたしました。
今後とも何かございました際には皆様のご指摘をお願いいたします。

2010/8/15(日) 午後 7:21 [ maylibrids_hope ]

顔アイコン

成田様
削除していただいたこと 大変有難くほっといたしました。
成田様なりのお考えがあってのことだろうとは思いましたが、これからの国会提出等を考えると、このままではこのプロジェクトは、、、と案じておりました。私も皆様と同様、成田様には感謝の念で一杯です。 私たち大人にはない純真さをもった大切な子供達のため、たくさんに広がりよい実を結ぶことを切に願っております。いつもお疲れ様です。

2010/8/15(日) 午後 9:14 [ ajisai ]

顔アイコン

どうもありがとうございます。
意見への真摯で丁寧なご対応に、やはり正義を貫らぬくお方だと、さらに尊敬の気持ちでいっぱいです。

私のような者がお名前を呼びお願いなど申し上げ、ご無礼をして、すいませんでした。

沢山の情報に接するお立場であり、被害にあった子供達へのご心痛や義憤で、心が休まらない時も多いかと思いますが、お体どうぞ大切にされて下さいませ。

今後も、微力をふりしぼり、このプロジェクトを応援し続けます!

2010/8/15(日) 午後 9:54 [ りかりか ]

顔アイコン

(ajisaiさんのレスに入れ違え投稿していました。)
私の考えもajisaiさんと同じです。
ajisaiさん>私のつたない言葉を何度もおぎなっていただきまして、どうもありがとうございます。

児童虐待について、親権一時停止や警察立ち入り等に、政党間が無責任と思える指摘のしあいをし、膠着状態になっていると私は思っております。そんな思惑の中に切り込むためには、市民の常識で身を固めるべきと感じております。

成田さま、いつも大変お疲れ様です、そして、どうもありがとうございます。

2010/8/15(日) 午後 10:12 [ りかりか ]

顔アイコン

(複数投稿お許し下さい 上記8月15日午後9:14の投稿に書きもれていました。)
私は老眼のせいか「探偵ファイル」という文字も見逃していた程度の人間です。私が気づけたのはyukikaze type2さんや、りかりかさん他皆様のお心によるものです。それだけお伝えさせていただきます。お邪魔いたしました。

2010/8/16(月) 午後 7:47 [ ajisai ]

顔アイコン

また、悲しすぎる事件がありました・・・。悲しすぎてやりきれない・・。私たち大人も虐待が多いことを知っているのに何の行動もしていない人が大半です・・・。
世の中の母親に言いたい。
いい母親ぶってないで、子育ては大変なことをもっともっと世間に言って欲しい!!
8月4日付けの読売新聞に「育児に疲れ、かわいいと思えなくなった」「泣きやまずイライラした」という容疑者の供述を“身勝手な動機”と書いてました。
・・・そんなの子ども育ててたらしょっちゅう感じます。
この記者さんはきっと子育ての経験がないんでしょうね・・・。
そして世間も母親に対して厳しい。
子どもを育てることは本当に大変で、複数の大人が愛情を持って積極的に関わらなくてはいけないし、子を生む前に子育てについての知識や技術取得・情報を与えなくてはいけないと痛感してます。
私も同情だけでなく子どもたちのために行動しようと思います。

2010/8/18(水) 午後 3:41 [ まゆしゅ ]

顔アイコン

せいかちゃんと同じ年の娘がいます、あまりにも、辛い事柄でした・・・あれから、ようやく一年・・・しかしながら、またもや、幼い命が、あまりにも残酷です・・・桜子ちゃんと三女が同じ年です・・・連日の報道の折、次女が入院中で、病院に付き添いながら幼い兄弟の事件を知りました・・・どうして、今の日本であのような目にあい亡くなってしまう命があるのでしょうか・・・あまりにも辛すぎ無念です、どうぞ、少しでもお手伝いできますようお声をかけてください・・・

2010/8/18(水) 午後 5:58 [ - ]

顔アイコン

まゆしゅさんの言う通り子育ては大変です。
我が家は事情あって妻がいないことが多く父親である自分が2歳の息子の面倒をほとんど見ています。
(自分の両親は既に他界)
普段は可愛くて仕方ありません。
でも、夜中に起きてぐずり、抱いて寝かしつけようとしてもぐずり続け結局徹夜状態で相手をし、朝になれば自分の支度をしながら息子に朝食を与え保育所に預けて出勤。そんなのが2〜3日続けば子供を放り投げたくなります。実際はやったとしても低い高さからベッドに落とす程度で、結局自分自身もそうやってきたんだと思い後悔。
役所に「離婚はしていないが、ほぼ父子家庭状態なので有償でもいいので子育て支援サービスを紹介して欲しい」と相談したら、正式に離婚してから来てくださいと言われてしまう。
現実は簡単には行きません。やはり育てている親がしっかりするしかないと思います。ただ自分で抱え込まないで、情報を得たり周囲に相談することも必要。それをせずに育児放棄や虐待に走る人はそれなりの人で、制度が整っても利用しないか悪用するのではないかと思います。

2010/8/19(木) 午前 10:43 [ mat ]

顔アイコン

こんにちは。
いつも署名活動の応援をしています。
この事件ついては、下村容疑者の父親も何かしらの処罰を受けるべきだと思うのは私だけでしょうか。

2010/8/19(木) 午後 1:22 [ susan ]

顔アイコン

昔インテグラ様。最近は生きてるだけでもこの暑さで疲れますが、その中でお仕事と2歳の息子さんの育児、本当にお疲れ様です。きっと喜びもたくさんおありになるのでしょうが、大変です。昨晩日本テレビNewsZeroで足立区こども家庭支援センターでやっている「子供のショートステイ」を最近育児疲れで利用する方が増えているとのことでした。全国にもその様な施設はあるようにテレビでは思えましたが、昔インテグラ様の地域はいかがでしょうか?しかし離婚しなければ利用できない、なんて、一人ひとりの事情に即していただきたいですよね。。。何かしらよい方法がありあすように。お疲れ様です。

2010/8/19(木) 午後 11:17 [ すずめ ]

顔アイコン

すずめさん、暖かい気遣いありがとうございます。
我が家の事情もあり、最近、児童虐待に関する報道、記事に関心をもつ様になり、このHPにも意見を書かせてもらってます。
私もNewsZeroの「子供のショートステイ」見ました。残念ながら近所にはそのような施設はありませんが、現段階ではそれほど切羽詰まっていません。幸い自分は会社役員なので、それほど会社の遅刻・欠勤を気にせずにいられますし、子供の世話をすることで規則正しい生活も送れますから。
差し当っての問題と言えば、子供に手作り料理を食べさせてあげられないことと、出張や飲み会が制限されてしまうことぐらいですね。

2010/8/20(金) 午後 1:17 [ mat ]

顔アイコン

昔インテグラ様 私も友人にこちらを聞き見始めたばかりでした。なので、こちらのブログの趣旨と違う投稿をしてしまっていたらごめんなさいでした。多くは書けませんが昔インテグラさんと息子さんのお
幸せを願っています。(お気持ちいただきました返信は大丈夫です)
人の幸せは周りをも幸せにしますし、聖香ちゃんのような子供がいたということは(正常な人間の心を持った)人々の心をズタズタにしますし、そのことを正しく裁いてくれない日本の司法にもやるせない思いです。残酷な人々を守るのでなく優しい心の子供を守る司法になってほしいです。

2010/8/20(金) 午後 9:00 [ すずめ ]

顔アイコン

新聞の記事で紹介されていましたが、未だに献花などが絶えないそうです。しかもジュースなどは子供が飲みやすいように、封を開けたり、ストローをさした状態で行われているようです。

私が一番残念なのは、何度も通報されながら社会が幼い命を救えなかったことです。一番重要なのは「人命尊重」です。その最たるものが救急車で赤色灯を点灯してサイレンを鳴らせば信号無視や逆走もできます。いわゆる「特権」を与えられます。同じ命を救うために特権を与えることはできないものでしょうか?
特に、親からの愛情を受けられずに虐待されている子供たちに...

2010/8/22(日) 午後 10:48 [ MobilePC ]

顔アイコン

だったら子供なんて産むなよ!
子供たちが味わった事、同じ事ができるのか?

2010/10/18(月) 午後 8:47 [ あぁあ ]

この事件でも 行政の児相責任と言うー大事なケジメが全く無い 人道上許せないー職務怠慢と 簡単に見殺しした 関係児相職員達は 懲戒解雇だろう 普通の人格者な職員ならー確実に(100%)命は救えた筈だ こんなチャランポランな 行政職員は 処分すべき

2011/1/5(水) 午前 9:14 [ 日本芝 ]

顔アイコン

あの事件から、もう一年が経過しましたね・・・私は未だに、この二人の子供の事が頭から離れません・・・

何と言うか悲しみを通り越して怒りが込み上げてきます。
私にも子供が居ますが、間違っても育児放棄なんて考えた事無いです。

確かに子育ては大変だけど、大変な中にも幸せが沢山あり、一生懸命色々取り組んでいる子供を見ると・・・御免なさい涙が止まりません・・・またコメントします。

2011/9/29(木) 午前 2:13 [ トリプルシックス ]

顔アイコン

児童虐待ホットラインはもっとまじめに仕事してほしい

2012/1/5(木) 午後 11:24 [ shun ]

顔アイコン

最高裁で上告棄却されましたね。

懲役30年判決確定とのことで、
封印していた
早苗被告の養父母からうけたネットでのいやがらせ

新聞の事件のとりあげかたについて、私のブログに感想のせました。

ご照覧いただければ幸いです。

2013/5/18(土) 午後 3:28 [ ]

顔アイコン

2人の壮絶な状況を思うと、どんな苦しさの中、逝ったのかと思うと、今も胸が張り裂けそうです。事件を起こした母親が許せません。

2013/7/7(日) 午後 4:02 [ なお ]

顔アイコン

私も4歳になる女の子がいます。毎日のように流れる虐待のニュースをみていて、胸が張り裂けそうになります。松本聖香ちゃんの事件も大阪の事件も他の事件もなんで 一番幸せに過ごすべき子供が一番弱い子供が大の大人、それも実の親によって死ななければいけないのか・・・人間の皮を被った鬼としか思えない。虐待を受けた子供達の心境を考えると、眠れなくなることもあります。なんで 無抵抗の子供に殴る・蹴るをできるのか放置をできるのか・・・考えられません。亡くなった子供達がちゃんと供養されているのかも心配です。こんな惨状なのに日本という国はきちんと罰する事もできない。子供を殺したら、極刑で当然だと思います。極刑でも単に死刑では軽すぎるとさえ思います。同じ状況において同じ目に遭うべきだと思います。今の法律を変え、子供を助けることができるなら 自分ができる事はなんでもお手伝いしたいです。ひまわり署名プロジェクトで署名活動を知り、ネット上での署名は終わっていましたが、これからも応援して、協力したいです。子供は毎日笑って・沢山のことを学んで、大きくなるべきです。1日でも早く 虐待が無くなる日がくる事を願ってやみません。

2013/10/25(金) 午後 2:54 [ hir*mi*nan* ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事