全体表示

[ リスト ]





イメージ 1

                  1966年作品  Truman Capote (1924―84)






今まで読んだ中で、好きな本の上位に君臨する大切な本。


トルーマン・カポーティは、「草の竪琴」 「遠い声 遠い部屋」 「ティファニーで朝食を」

「夜の樹」 「冷血」など、どれも好きだけど、この 「クリスマスの思い出」 は別格。


カポーティの自伝に近く、年齢差53歳以上の従姉スックと、愛犬クィーニーとの、共に過ごした最後の

クリスマスを描いていて、山本容子さんの銅版画の挿絵も素晴しく、頁を繰るたびに楽しみも増していく。


クリスマスツリーには、クィーニーのプレゼントのラッピングされた骨も飾られる。

『彼女はツリーの足元にうずくまって、感に堪えかねるというような、うっとりした目でじっと上を見ている』

この表情だけでも、ぜひ本を!64頁!


この骨をクィーニーは牧草地の穴に埋める。〔翌年、クィーニー自身も死んでここに埋められるのだ〕






☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  
 





☆私のクリスマスの想い出は、28年前のクリスマスに洗礼を受けたこと。

レーサーで不慮の事故で亡くなった浮谷東次郎さんの家族が建てた教会「 THE CHAPEL OF ADORATION 」
〔 現在は OMF THE CHAPEL OF ADORATION です 〕

教会が質素で殺風景だなんて!浮谷さんは主に最高のものをと考えています。

この美しい教会で、4人で受けました。


その後、日曜学校を受け持ち、実は自分が学ばせていただくという素晴しいチャンスに恵まれました。

毎週、フランネルグラフや紙芝居、英語の「Jesus Loves Me」を皆で歌ったり。

終了するとき歌います♪
「 Our sunday school is over now we are going home. Goodbye goodbye be always kind and true. 」


最初は、私一人・生徒一人、でスタート、現在では溢れんばかりに成長しています〔私は今はしていません〕。

フランネルグラフで、聖書の中からお話をしている風景。テキストがないので、絵を見ながら話をします。

イメージ 2






教会を献堂した浮谷さん母娘〔右端〕朝江さん、和栄さん、その奥に座っているのは星野道夫さん。

高橋克郎さん、菅井日人さん夫妻と、錚々たる写真家が集まって記念撮影。

〔 古い写真をまた写真に撮ったのでひどいピンボケ!m(_ _)m 〕

イメージ 3




浮谷朝江さんは画家で、具象でしたが、ニューヨーク万博の頃マンハッタンで絵の勉強をし、その後

抽象に。

船でアメリカに渡る途中、海と空の色の素晴しい色彩に出会い、神の存在を確信して、ニューヨークで

洗礼を受けました。


弟の東次郎さんは、トヨタの2000GTで鈴鹿で優勝を果たしたレーサーでしたが、練習中、コースに

出てしまった人を避け、自分は激突して命を落としてしまいます。〔後記:トヨタスポーツ800でした m(_ _)m 〕

ずっと先ですが、このことで、イタリアから「イル サマリターノ」の認証を受けました。


この東次郎さんの死や、実家の火事で更に確信し教会を建てました。


浮谷さんのすごいところは、人を徹底的に許すこと。

許されたというか、何があっても受け入れられている、という経験をされたことがあるでしょうか?

私はあるのです、浮谷さんは聖書に忠実であろうとしているので、裁くことがあるなら主に委ねようとします。

人を許して、見えないところで勇敢に行動していた姿を何度も知っています。


そしてユーモラス!

私が、猫達のクリスマスプレゼントにキャットフードをあげたら、全く似たような箱に入ったミューズリを私にくれて爆笑。


今も、計り知れない思い出を作ってくれています。



<街のクリスマスの風景>


バーニーズ ニューヨーク新宿店の今年のウィンドーのツリー。

洋服のハンガーで出来ていました。


イメージ 4







市川駅前もイルミネーションが始まっています

イメージ 5








ヘンデルの「メサイア」から For unto us a child is born




Nat King Cole - Nature Boy




ポピュラーなクリスマスソングで一番好きな、その名も The Christmas Song




ハイドンの「天地創造」から






mo

閉じる コメント(63)

顔アイコン

taneokanさんへ

本当にお祈りのおかげで戻ってきましたよ、本当に安心しました。
ちょっとの隙にこんなことが起こるとは…事件なんてこういうものかも知れないと思いました。

帰ってきたら、前よりも何かなつくんですよ、怖いことがあったのかも知れません。
野良で生きるのって大変だろうと思うのです。

taneokanさんがコメントしてくれたように、家が恋しくなってくれたのです、きっと。
これが嬉しくてね!
これからは今まで以上に可愛がりたいと思います。

taneokanさんもニキちゃん達をよろしくね!
今度のことでは、祈っていただいたことが本当に嬉しくて…涙
あ.り.が.と.う.ご.ざ.い.ま.し.た

2009/11/22(日) 午前 3:42 mo 返信する

顔アイコン

テレグラムムサさんへ

ムサさんがいい加減な気持ちの人でないことが、今回のことでよーくわかりました。
考えたら、ブログはYahooにお借りしている部屋のようなもの。
メンテナンスの時など、ほんとにそう思います。

ですので、私も行き詰ったことがありますが、気楽にというか、好きにやっていけばいいんだと
思い至ったのです。
ブログは、どんな個性でも受け入れてくれるのが嬉しいし、新しい自分が出来ていく楽しみも
ありますね。
でも、この人とは全然ダメ、というのも確かにある 笑 面白いですよね。

ムサさんの記事は幅が広くて、私も少しの間なのに随分教えていただいたように思います。
そして悔しいのは、始めて間もないのに、どうやって学んだのか高度な作りをしていること 笑

ブログを再スタートする決心をしてくれて、安心しました!
これからも、ぜひぜひよろしく!

2009/11/22(日) 午前 3:58 mo 返信する

顔アイコン

ちいさんへ

私は暖かいのが好きなので〔寒さニガテ!〕、Indian summerが何より好きなんです V(・ェ・)V
夏のイリュージョンのようなトラックバックをありがとうございました!
宝物が増えたような気持ち^^

クリスマスは音楽も楽しみな季節です、ポピュラーもクラシックもいいですねー
明日は何を聴こうかな…選ぶのもなんか嬉しい

2009/11/22(日) 午前 4:31 mo 返信する

顔アイコン

こんにちは!!

教会日曜学校私の子供も行っていましたが
もう自分が教会に行っていた頃の
子供になっちゃいました。
日曜学校など忘れているでしょうきっと
孫は可愛いですがクリスマスのプレゼントの
時期が来ます3人全部小学生高学年参りました。

2009/11/23(月) 午後 2:53 somacoma 返信する

顔アイコン

somaさんへ

お子さんは日曜学校は楽しかったかしら、小さい頃に教会へ行っておくと一生忘れないですね。
お孫さんたちも行くといいんですけど。

お孫さんたちはサンタクロースは信じているのかな、だったら余計に楽しみにしているでしょうね。
今の子達は、なにやら名前の難しいものを欲しがったりしませんか?
ついていけません 笑

12月半ばには学校も休みに入りますね、皆さんで楽しいクリスマスを迎えてください ☆ポチと

2009/11/24(火) 午前 2:03 mo 返信する

高校・大学、そして今の職場もミッション系
祖母もクリスチャンと、教会にはご縁があったりします。

クリスマスは「キリストの降誕の日」だと、ずっと言われてきたので
街中で異常に盛り上がっているのを見ると、疑問に思ってしまう事もあります…
でも、子供達にとっては、子供時代にしか味わえない不思議でワクワクする日。
雰囲気だけでも楽しんでもよいのかなって最近は思うのでした ^^

ナット・キング・コールさん…大好きなんです♪
渋い声にうっとりしちゃいます♪
素敵な歌をありがとうございます!

2009/11/26(木) 午前 0:01 かれん 返信する

顔アイコン

かれんさん、ウソー!というか本当ですか?
では、礼拝などに出たことがあるんですよね、嬉しいな!
お祖母様がクリスチャンなのも素晴しい、お会いしたいです 笑
近くに教会があるかしら?

クリスチャンで無かった頃は、サンタクロースとケーキがクリスマスだと思ってました。
長いこと、サンタクロースはいると思っていたし^^
かれん家では、今年はどんなクリスマスかしら。
寒いから、ホワイトクリスマスになると雰囲気ですね。

教会に出席できた頃は、クリスマスはお客様の接待に終わって、
演奏やパフォーマンスは見られず、終われば皿洗い・後片付けでした^^;
今は、それも懐かしい…

「nature boy」は、「忘れられない人」という映画の中で効果的に使われていてとても印象的でした
実は意味するところが全然わからなくて、ずっと考えているところなんです。
もし知っていたら教えてください。

かれんさんに、詩篇23篇を贈りますね。
あまりに有名だけど、永遠に力づけられる箇所ですので。

2009/11/26(木) 午前 2:26 mo 返信する

顔アイコン

ご無沙汰しました。
殺人的な忙しさの後、旅行に行って昨日帰ってきました。いつものように行きも帰りも眠らず、今日は仕事してきて明日はセミナーなので記事のアップは2,3日後になるかも知れません。アップしたらみてくださいね。
そんなわけで、感謝祭がすんだのに我が家はまだクリスマスの飾り付けまだです。
クレアちゃんのこと、びっくりしました。でも帰ってきてくれて良かった。Yさんのネコちゃんはとうと雨帰ってきませんでしたからね。
「可愛い子には旅をさせろ」でクレアちゃんも少し大人と言うか、角がとれて来るかも・・・・
クリスマス、思い出しますね。降誕劇で、羊の役の子たちが、ちょこんとおとなしくズーット座っていたのを。その子たちももう社会人ですね。夜浮谷さんのお母ちゃまのリビングで、子供たちのクリスマスプレゼントの袋詰めをしたり、その後、朝江さんがオムレツを丁寧に時間をかけて作ってくださるのをじっと待っていたり・・・・

2009/11/29(日) 午前 0:29 sara 返信する

顔アイコン

続きです
私の子供の頃のクリスマスは、クリスマスプレゼントが26日に届くことが何回かありました。何故でしょう???
戦後の大変な時期で、父は毎日遅くに帰り、給料日が25日だったので、帰宅する頃はお店もしまってしまい(お間のように銀行振り込みなど無い時代ですから)家のサンタ酸は26日に来ていたようです。
「サンタさんは世界中回るから大変で、家は1日遅くていいです」行ったんだと言われ、すっかり信じていたものでした。

2009/11/29(日) 午前 0:38 sara 返信する

顔アイコン

saraさんへ

今度はどこへ行かれたのでしょう、また景品つきで当てさせてくれませんか?笑
今度は、とんでも無いことを言いませんから ^^;

26日のクリスマスプレゼント、いい話ですねー
どんなプレゼントを用意してくれたのかしら、遅れた忙しいサンタさん 笑
信じていたsaraさん姉弟もかわいい。

評判になったsaraさん手製の真っ赤なマクラメのツリーを、今年も正面に飾らせていただきました。
今年のクリスマスが終わったらお返ししますね。

毎年の降誕劇を思い出します、今年はどうでしょうか?大勢集まるように祈ります。
子供たちが増えたことが、チャペルにとって何よりですね。

クリスマスまでに歌を覚えようと決心して記事中のYou Tubeの「The Christmas Song」に
挑戦しています。
可愛らしい歌詞内容なので歌っていて楽しいです、もう少しでOKのところまできました。

忙しい毎日だと思いますが、体に気をつけて頑張ってくださいね

2009/11/29(日) 午前 1:18 mo 返信する

クリスチャンの方々の目には日本人の節操のない宗教感はどう映るのでしょう。かく言う私も仏教徒(それも熱心ではない^^;)ですが、賛美歌は大好きです♪『荒野の果てに』なんかロックバージョンで聴いています。

カポーティーは猫さんと同じく『冷血』がいいですね。

2009/11/29(日) 午後 4:26 ぐり 返信する

明治生まれの祖母は、もう大分前になくなりましたが、天使のように純粋で、最期まで凛としていて、今でも憧れている方です。
祖母は高井戸にいたのであの辺りの教会に行っていたのでしょうか…
父も子供の頃、日曜学校に行ったそうなのですが、詳しくは聞いた事がないのです。。。

私は、無宗教なのですが高校・大学での礼拝は強制なので^^;
参加していました。
クリスマスになると教会で神父さんの穏やかな口調でのお話や聖歌を聞くと、優しい気持ちになれて好きでした。

詩篇、ありがとうございます。
何か安心して頑張れるような気がしました (^^)q

2009/11/30(月) 午前 0:51 かれん 返信する

顔アイコン

ぐりさんへ

私が洗礼を受けたのは30才の時のクリスマス、それまでは仏教も神道もごっちゃでしたよ。
日本だけではないれど、クリスマスやバレンタインデーの楽しい部分だけが取り上げられてますね
それはそれで。
でも「サンタの日」「ケーキの日」という子もいるからなあ…

カポーティの本は、一種独特な世界が広がってますよね、どれも。
ぐりさんは絵本がお好きだから、「クリスマスの想い出」は気に入ると思います。
従姉スックがたまらなくいいんですよ。

クリスマスの絵本では、猫のToscaのシリーズご存知?これもおすすめです。
アガサ・クリスティの「ベツレヘムの星」もね。
ペンギンの素晴しい絵本もあるけれど、名前を忘れてしまった^^;

クリスマスの絵本ではないけれど「ウェズレーの国」もいいですよー

2009/11/30(月) 午前 2:14 mo 返信する

顔アイコン

かれんさんへ

お祖母様は御存命ではなかったのですね、クリスチャンの素敵な先達であられたことが
嬉しいです!
信じたきっかけ〔証 あかしといいます〕を伺いたかったです。
いつの日か天国でお会いしたら、ご挨拶させていただきますね。

神様を信じる前は、ご利益とか自分の願いばかりを叶えてもらおうとしてましたが、
クリスチャンになったら、神様に何が出来るかと思うようになりました。

仏教国チベットの山奥、寺やマニ車、連なった旗があるような辺鄙な場所に、
カトリックの教会があったのをテレビで見たときには、腰を抜かしました。
普通、まさか!と思うでしょ?フランスの宣教師が伝道して、今でも信仰が守られているそうです。
「不可能は無い」と聖書にあるのに…本当に不信仰を恥じ入りました。

かれんさんの家の近くにも、良い教会があるといいですね。

2009/11/30(月) 午前 2:16 mo 返信する

顔アイコン

moさん
久しぶりに For unto us a child is born を聴いて、思い出しました。この歌や ハレルヤを合唱する時、絶対音感の持ち主のmoさんの横でないとアルトが歌えなかったことを・・・・
再来年のクリスマスには、ハレルヤ一緒に歌いましょう。

2009/12/1(火) 午後 0:54 sara 返信する

顔アイコン

saraさんへ

今年は、大竹さんの教会で歌うのですか?山崎さんがアルトパートを練習してましたよ。
それとも感謝祭のためだったのかな?
ヘンデルの曲は、聴いて良し・歌って良しで、ベートーベンやシューベルトとは全然違いますね。
バッハとも違うような気がします。

サグラダファミリアは素晴しかったでしょう?あそこは礼拝はしてないのかしら、未完成だから。

スペインの追記事、楽しみにしてますねー

2009/12/2(水) 午前 0:58 mo 返信する

アバター

遅い反応ですみません。
ご紹介たまわったMaximilianoさんのところを拝見させて頂きました。
有難うございました。

2009/12/3(木) 午後 2:33 な〜が 返信する

顔アイコン

TBありがとうございます。

(=^・^=)ちゃん、よかったですね。
ご多忙と存じますが、
どうぞ、御身ご大切に。

(・ェ・)V
あっ、TBも

2009/12/20(日) 午前 8:33 [ rou*es_*01 ] 返信する

顔アイコン

な〜がさんへ

高田さんのブログへもコメントしてくださって、ありがとうございました。
素敵な方々ですので、また見に行ってくださいね

2009/12/21(月) 午前 2:53 mo 返信する

顔アイコン

ちいさんへ

そうなんです、必死に探しましたが、ひょっこり戻ってきました。
何食わぬ顔で「ニャー」ですよ!

ちいさんの変わらぬお人柄に、いつもホッとするmoです。
これからも、ぜひよろしく!

2009/12/21(月) 午前 2:56 mo 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事