SIPやら

勉強していきつつ、日ごろの雑感などを

全体表示

[ リスト ]

電話網の置き換え

もう一月近く前の話題ですが、NTTが光ファイバーの加入者目標を大幅に下方修正しました。2010年までに3,000万加入を目標、と言っていたのを2,000万に。NTT、FTTH加入者目標引き下げ “光大国”座礁しかねず(ITPro)
三浦社長は「中期経営戦略を発表した3年前は、現在のようなブロードバンドの進展が見えておらず、当時の加入電話回線6000万件の半分として示したビジョンにすぎない」と釈明
ということは最初がどんぶり勘定だったと認めたことになるのですね。

このニュースを聞いたとき、NTTは次世代ネットワークを既存の電話網の置き換えには使わないのでは?
と感じました。

実際、2010年に目標が達成されたとしても2,000万ユーザのすべてがNGNユーザになるわけではないですし
BフレッツユーザがどれだけNGNに乗り換えるかわかりませんが、数百万ユーザいけば御の字でしょう。

それでも残り4,000万近くのユーザは電話網を使い続けます。

もともとは既存電話網を維持できなくなるから中身をIP化して延命させる、という半ば追い込まれた状況が動機付けだったのがNGNで、それにブロードバンドサービスもからめて未来の飯の種に、という狙いだったはず。でもNTTは電話網の置き換えについてはまったく未来を示していません。

確か電話網がデジタル化が完了したのは1995年頃なので、20年は使うとして、2015年、そこが最大のマイルストーンでしょう。

その頃には、NGNにメタルをつなぎ、中継はIP、ラストワンマイルはアナログ電話、として利用者には今までどおりの電話に見せる、というサービスを提供するようになるでしょうか。

その頃には、BフレッツユーザもNGNに接続して、DSLユーザへの乗り換え勧奨も終わっているでしょうか。
それより何より、8年後に今の技術で作られたネットワークが使い物になっているのでしょうか。

8年前というと、、、フレッツISDN全盛期、iモードが出てきた頃、か。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

初めまして!ブログを開設しましたので、もし良ければ遊びに来て下さいね♪

2007/12/7(金) 午後 11:53 [ kya*ch*6523 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事