池上あきこのブログ

活動状況を配信しています☆教育子育て情報も♪
毎年恒例となりました、愛知県立の高等学校2年生全体講演をいたしました。

コミュニケーションの仕方を軸に、グループワークにも使えるノウハウを満載しお届けしました。

例年に比べ、今年の2年生はメモを取る生徒さんが多かったのが印象的でした。

今年度のキャリア講座もあとわずかとなり、残すところあと数回です。講師として多くの若者と触れ合える機会を頂けましたことに感謝し、精進してまいります。



イメージ 1

この記事に

琥珀糖作り

和菓子の琥珀糖は、別名『食べられる宝石』といいます。単純に横文字にして『アンバー・キャンディ』と名付けました。

材料は、寒天、砂糖、水と至ってシンプルです。

9日かけて表面が結晶化しました。
とても愛おしいお菓子です。
うまくできて満足🎶

イメージ 1

この記事に

新春メッセージ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

1月4日は、元日の早朝に眠るように他界した大叔母の告別式に参列。そして、永年お世話になった飯田雄三元県議の弔事と同じスケジュールでしたので、飯田県議には心の中にて手を合わせました。
お世話になった方々との別れとともに、父母世代の高齢化を感じ、また、次の世代の若者たちが立派に成長している姿を感じ時の流れを体感しました。自分がお世話になった方々に感謝しつつも、なかなかご本人に対して恩返しできないもので、次の世代に無償の愛を注ぐことが今の自分がすべきことと再確認しました。
...
さて、1月4日恒例の新春メッセージをまとめます。
・自分を取り巻く仕事を整理整頓する
すべき事、しなくていい事をしっかりと見極める。
・朗読で世直し
楽しくなければ朗読じゃない&楽しむだけじゃ終われないのが池上流!
・器量を整え、度量を持って考え行動する
積極的に意識して(^。^)
・ご縁をいただいた仕事の充実
ていねいに、そして心を込めて。
・いい加減にちゃんと生きる
これは定番目標。
皆様、本年もよろしくお願い致します。

この記事に

今年を振り返ると、多くの皆様にお世話になりました。
朗読会も毎月欠かさず開催しました。
第10回青空文庫朗読コンテストでは、高校生の部、一般の部にて初のダブル入賞を果たしました。

春にはグアム、秋にはニューヨークに行けましたし。

画像は今年着た着物を少し(^。^)
改めて幸せな1年でした。

ありがとうございます。どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

イメージ 1

この記事に

青空文庫朗読コンテストにて、私が指導させていただきました高校生は8回と10回に1名ずつ入賞しました。
審査結果発表で自分の名前を呼ばれた時、ていねいに客席、審査員、関わってくださいました全ての方に向けて感謝の気持ちを以ってお辞儀ができるか。コレが私が最も大切にしている指導ポイントです。朗読以上に厳しく指導します。自分の名前が呼ばれなかったとしても同じですが。

イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事