未妊(婦♪)エムキャリの日記

無事男の子を出産。応援してくださった皆さん、ありがとうございました。一部ファン限定です。ご質問ありましたら、ゲスブへお願いします

全体表示

[ リスト ]

4回目移植☆

イメージ 1

イメージ 2

8月31日(月) 移植


4時からの移植なのに、有給を取った私。
朝から落ち着かず、お風呂に2回も入ってしまいました。
予想以上に時間があるので、ユニクロへ行き、早くもヒートテックの靴下やブラキャミソールなどを
購入。

4時10分前に、クリニックへ到着しました。
トイレを済ませるように言われ、待っていると診察室に呼ばれ、
先生から、「この卵を移植しますが、いいですか?」と確認されました。
 *このクリニックでは写真は見せてくれないのです。

凍結前は 5A’A で「とてもよい卵ですよ」と言われていた卵も
融解後は、残念ながら4B'Bになっていました。


何度か書いたのですが・・・、
私の過去3回の移植のうち、2回は出血と痛みを伴うものでした。
なかなか管が入っていかず、卵を戻したはずの管も血に染まっていて(←露骨でごめんなさい)、
本当によい位置に卵が入ったかも怪しい感じでした。

あの有名な不妊治療クリニックのセント・マザーのHPを見ても、
出血は致命的と書いてあったので、
移植恐怖症のようになっていた私・・・
今回こそは、どうか出血せず移植できますように・・とそればかりを考えていました。
心臓は、もう飛び出しそうなほど・・。
バクバク鼓動を打っていました。

モニターに映った胚盤胞は、ちょうど自力でハッチングを始めたところで、
培養士さんが、
「4BBだったのですが、5B'Bになりました^^」と教えてくれました。
先生も
「ハッチングが始まったよい卵ですよ。」と言ってくれ、
BBでもよい卵と言ってくれる先生の優しさ?に感謝しつつ、
消毒・・移植。。

今回は、消毒のときから先生や看護師さんに聞こえちゃいそうなほど深呼吸を何度もし、
足に力を入れないよう心がけたからか、はたまた今回先生が上手だったからか、
出血はなく、すんなり移植することができました。

本当にほっとした瞬間でした。

お迎え後の安静時間は30分。

その間、いろんな想いが交錯しました。
詳しくは書きませんが、本当にいろんなことを考えていたら、涙がじわーと浮かんできてしまいました。

こうして、私の4度目の移植は終わりました。


今回の移植にあたり、陰日なた・・応援してくださっていた皆さん、
本当にありがとうございました☆


   エムキャリ38歳、どんな結果でも受け止めようと思います。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事