弁護士法人アヴァンセ被害者の会のブログ

弁護士法人アヴァンセ被害者の会のブログです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

「弁護士 アヴァンセ」のYahoo!検索結果から注目リンクをピックアップしました。
アヴァンセ被害者さんのプロフィール
http://www.hatena.ne.jp/branz/
弁護士法人アヴァンセ被害者の会結成
http://rain.prohosting.com/rain7/branz/lawyer.htm
取引先の監査役になる金崎浩之
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/manage/1257737039/
弁護士法人アヴァンセ被害者の会
http://d.hatena.ne.jp/branz/
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1254969577/
『ヤンキー、弁護士になる』は退屈
http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/2780022.html

弁論準備手続は非公開であるが、書証の取調べや認証の証拠決定ができるために(170条2項)、裁判の公開原則との調整が問題となる(憲法82条)。「裁判所は、相当と認める者の傍聴を許すことができる。ただし、当事者が申し出た者については、手続を行うのに支障を生ずるおそれがあると認める場合を除き、その傍聴を許さなければならない。」(民事訴訟法169条2項)。
http://hayariki.seesaa.net/article/134755654.html
金崎浩之らの交渉態度は不誠実
http://d.hatena.ne.jp/branz/20091207/1260193696
http://avancelg.iza.ne.jp/blog/entry/1357422/
弁護士法人アヴァンセ被害者の会の決意
http://d.hatena.ne.jp/branz/20091206/1260066614
http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/4839044.html
アヴァンセ被害者スレで脅迫被害投稿
http://d.hatena.ne.jp/branz/20091205/1259982647
http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/4782911.html
弁護士法人アヴァンセの虚偽工作
http://d.hatena.ne.jp/branz/20091204/1259930254

開く トラックバック(2)

第6回弁論準備手続(平成21年10月29日)において初めて被告代理人金崎浩之(「崎」は正確には俗字「立の崎」、被告代理人事務所弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ代表)が出廷した。代理人でありながら、原告の前に姿を現すのは今回が初めてである。
これまで出廷するのは吉成安友だけであった。その吉成は別人(片山雅也)の印が押されている被告準備書面(甲47)を提出して出廷するというデタラメぶりであった。出廷する弁護士が別人の印が押された書面を提出することの深刻さは原告第6準備書面2頁で指摘したとおりである。
原告が指摘した途端、被告代理人から吉成安友が消えた。原告第6準備書面送付後に被告が提出した被告準備書面(6)からは吉成安友と前田瑞穂が消え、これまで全く登場しなかった松木隆佳が唐突に追加された。第6回弁論準備手続には金崎と松木が出廷した。被告準備書面(2)でも長谷川桃が追加されており、弁護士がコロコロ変わるアヴァンセと交渉することは相手方にとって危険であることを改めて確認できた。実際、金崎らの交渉態度は不誠実なものであった。
金崎は平成20年3月13日付で原告に内容証明郵便を郵送した(乙24)。内容は原告と協議したい、時間・場所を決めたいとの要求であった。根回しのなされない一方的な要求であったが、原告は快く了承して時間・場所を回答した(乙27)。ところが、金崎は一方的に反故にした(原告第1準備書面35頁)。金崎から原告に面談を要求しておきながら失礼な話である。しかも金崎からは一言も詫びも挨拶もなされていないという粗末さである。原告はアヴァンセの姑息な時間稼ぎ手法を実体験したことになる(平成20年(ワ)第23964号 土地共有持分確認等請求事件 原告第7準備書面)。
http://d.hatena.ne.jp/branz/20091205/1259982647
http://avancelg.iza.ne.jp/blog/entry/1357422/

弁護士法人アヴァンセ被害者の会は弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループの不誠実や虚偽に泣き寝入りしない。市民運動は「言うべきときに、言うべきことを、言う」ことが基本である。弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループに不正や欺瞞がある限り、それを記憶にとどめ、声を上げ続ける。「終わりよければ全てよし」という下らない言葉に惑わされることはない。
汚れたシミが洗っても落ちないように弁護士法人アヴァンセが簡単に反省して態度を改めるとは考えていない。しかし、弁護士法人アヴァンセ被害者の会が声を挙げなければ益々増長して虚偽を繰り返すことは確実である。「歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」という言葉がある。各位と共に歩み、公正な道を創っていきたい。(弁護士法人アヴァンセ被害者の会)
http://d.hatena.ne.jp/branz/20091206/1260066614
http://avancelg.iza.ne.jp/blog/entry/1354901/
http://hayariki2.seesaa.net/article/134986104.html
交渉態度は不誠実
http://d.hatena.ne.jp/branz/20091207/1260193696
http://avancelg.iza.ne.jp/blog/entry/1357422/

開く トラックバック(3)

インターネット掲示板のスレッド「弁護士法人アヴァンセ被害者の会」に弁護士から脅迫被害を受けたとする投稿がされた(2009年12月4日)。「ここの弁護士に示談金払えって、脅迫まがいのことされた」とする。被害者が弁護士を立てて裁判すると主張したところ、連絡してこなかったとする。被害者は「はっきりいってこの弁護士事務所はまともじゃないわ。ブラック会社とも付き合いあるみたいだし」と結論付ける。
これに対して、「代表がブラックな社会の出身なんだから、まあ自然ななりゆきなんじゃね」とのレスがなされた。弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ代表の金崎浩之(「崎」は正確には俗字「立の崎」)は元暴走族という良識ある一般人の感覚では恥ずかしい過去を売り物にしてヤンキー弁護士としてタレント活動をしている。そのため、「本人はブラックともなんとも思ってないだろ。というか、ブラック会社の意味を知らない、理解できてないんじゃなかろか」と指摘された。実際、アヴァンセを主要取引先とする企業では国際的なタブーであるナチスのシンボル(ハーケンクロイツ、鍵十字)をウェブサイトに掲示している。(弁護士法人アヴァンセ被害者の会)
http://d.hatena.ne.jp/branz/20091205/1259982647
http://tokyufubai.bravehost.com/
http://avancelg.iza.ne.jp/


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事