弁護士法人アヴァンセ被害者の会のブログ

弁護士法人アヴァンセ被害者の会のブログです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ブログ「弁護士と闘う」が2010年2月15日に記事「アヴァンセ金崎浩之弁護士のブログに反論」を発表した。記事は金崎浩之(弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ代表)のブログへの反論である。金崎は懲戒処分を受ける弁護士の「ほとんどが広告活動をしていない弁護士」と主張する。「だいたい1人で細々とやっている先生が、ずさんな仕事の管理をして、依頼者の債権が時効になっちゃったり、国選の刑事事件で全く接見に行かなかったり…。」という。
これに対して、「弁護士と闘う」では「そこまで言ってしまったんですね〜ちょっと我田引水じゃないだろうかね〜」と反論する。そして複数の弁護士が所属する法律事務所所属弁護士の懲戒処分があることを提示した。
金崎の主張は一人法律事務所を敵にするものである。金崎は多重債務や貧困問題に取り組む宇都宮健児氏を批判し、日弁連会長選挙では「派閥が擁立した候補者」である山本剛嗣氏への支持を表明する。
宇都宮氏は弁護士にとって一番大切なことは弁護士法第1条にある「基本的人権を擁護し、社会正義を実現すること」であると主張する(「石原コンクリート都政の問題点を明らかにしたシンポジウム」JANJAN 2010年2月15日)。弁護士は公正中立でなくてもよいと主張する金崎にとって、人権擁護や社会正義を重視する宇都宮氏が不都合であることは容易に理解できる。一方で一人法律事務所を敵に回し、山本氏を「派閥が擁立した候補者」と明言する金崎は山本氏にとっても迷惑な存在のように思われる。
http://d.hatena.ne.jp/branz/20100228/1267327846
http://hayariki2.seesaa.net/article/142382637.html
アヴァンセ金崎浩之弁護士のブログに反論
http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/30999869.html

記事「弁護士法人アヴァンセの嫌らしさ」は「アヴァンセ金崎浩之らの不誠実について」で説明した内容と同じ事実に基づくものである。

弁護士法人アヴァンセの金崎浩之、佐久間明彦、吉成安友、前田瑞穂は土地共有持分確認等請求事件(平成20年(ワ)第23964号)における被告代理人(当時)であるが、原告から第2準備書面等の直送を受けたにもかかわらず、受領書を返送しなかった。この件について、金崎らは何の謝罪もしておらず、嫌らしいと評価されても止むを得ない状態である。
http://tokyufubai.bravehost.com/avance.htm

記事「弁護士法人アヴァンセ提出証拠の欺瞞」は土地共有持分確認等請求事件(平成20年(ワ)第23964号)における原告第1準備書面を転載したものである。これは被告代理人・金崎浩之、吉成安友、佐久間明彦、前田瑞穂(当時、弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ)が提出した証拠に欺瞞があることを批判したものである。
http://tokyufubai.bravehost.com/avance.htm
被告は「原告と被告の交渉の経緯」「原告と被告ら代理人の交渉の経緯」を立証するとしながら、平成20年4月3日付、5月29日付、5月30日付の原告文書を除外した。

例えば4月3日付文書では金崎らが提示した委任状が相続人でもない被告Y2から相続交渉を受信したというデタラメな内容だったと指摘している。このような文書を被告が除外したことは、被告らにとって都合が悪いからと判断することは合理的である。

本記事の転載元である原告第1準備書面は東京地方裁判所民事第712号法廷で行われた第3回口頭弁論(平成21年2月5日)で陳述された。また、原告側は相続人でもない人間から相続交渉を受任した委任状は甲12号証、被告が除外した文書は甲23〜25号証として提出した。これらについて、被告代理人・金崎浩之ら(弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ)からは何の異議も反論もなされていない。
http://avancelg.iza.ne.jp/blog/entry/1451754/

記事「遺産隠し関連で弁護士懲戒処分」は前段で遺産隠しを知りながら遺産分割案を作成したなどにより弁護士が懲戒処分を受けたとのニュースに基づく内容である。後段に記載した東京地裁に係属中の裁判(平成20年(ワ)第23964号 土地共有持分確認等請求事件)で、原告側が被告代理人の金崎浩之、吉成安友弁護士らを遺産隠しで批判したことは事実である。遺産隠しの批判は繰り返し、原告準備書面で批判されている事実である。仮に弁護士法人アヴァンセに反論があるとしても、批判された事実を否定することはできない。

しかも被告代理人の金崎らが遺産の単元未満株を端株と虚偽主張したことは事実である(原告第2準備書面2頁)。これは原告の求釈明後に被告代理人自身が被告準備書面(2)で過去の主張を訂正した。他にも売却金額や香典件数などの誤りがあった。原告と被告を間違えるという信じ難い誤りもあった。

また、被告個人が作成した文書を国税庁作成と詐称して、裁判に証拠として提出したことも事実である(原告第2準備書面8頁)。被告が提出した証拠説明書では乙14号証「土地及び土地の上に存する権利の評価明細書」の作成者欄に「国税庁」と明記されている。この証拠説明書では乙15号証「美術品鑑定評価書」の作成者欄にも「東京古美術相談者」という存在しない組織が書かれているという虚偽記載がある。
http://avancelg.iza.ne.jp/blog/entry/1439094/
http://d.hatena.ne.jp/branz/20100131/1264914151
http://hayariki2.seesaa.net/article/139856130.html

開く トラックバック(1)

記事「松木隆佳が知らないだけ」は土地共有持分確認等請求事件(平成20年(ワ)第23964号)の被告代理人の一人である松木隆佳(弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ)が、第7回弁論準備手続(平成21年12月3日)において原告が既に準備書面で説明済みの内容を、わざわざ質問したという事実に基づくものである。

同訴訟の被告代理人は答弁書では金崎浩之、佐久間明彦、吉成安友、前田瑞穂で、出廷する代理人は吉成だけであった。ところが被告準備書面(6)から唐突に松木の名前が入り、出廷するのも松木になった。当初名前が入っていなかったことから、後から被告代理人に加わったと考えることが合理的である。

そのような人物が、過去の原告準備書面で指摘済みの事項を質問してきたのであるから、原告側からすれば「松木隆佳が知らないだけ」「松木隆佳が何も知らない」と受け止めることは合理的である。当人にとっては自分が入る前の出来事かもしれないが、既に書面で主張されているものであり、原告に詰問することは筋違いである。そのような人物を相手にしてはならないと考えることは極めて合理的である。

尚、本記事と同旨の主張は東京地方裁判所に裁判所に提出済みの原告第8準備書面でも主張されている。

http://d.hatena.ne.jp/branz/20100123/1264214734
相続人でもない人間(受贈者)から相続交渉を委任するというあり得ない委任状を提示した。

相手方からの複数回の指摘後に訂正した委任状を提示したが、委任者の印影が前のものとは別になっていた。

http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/7404293.html

http://hayariki2.seesaa.net/article/139223915.html

交渉の相手方宛の文書で虚偽の名前を提示した。

面会を要求しておきながら、相手方が都合の良い日時を答えると一方的に拒否した。

http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/7818422.html

http://hayariki2.seesaa.net/article/139222957.html

被告個人が作成した文書(乙第14号証)を国税庁作成と詐称して裁判所に提出した。

http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/7919767.html

http://hayariki2.seesaa.net/article/139224108.html

遺産の単元未満株を端株と主張するなどの虚偽主張を行った。原告の求釈明後に提出した被告準備書面(2)で訂正した。

他にも金額や件数や主語(原告と被告を間違えている)を訂正している。

http://hayariki2.seesaa.net/article/139225258.html

http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/7651629.html

被告準備書面(5)(平成21年8月27日付)では、被告代理人・吉成安友の記名の後に別人の片山雅也の捺印が押されていた。

http://hayariki2.seesaa.net/article/139225547.html

http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/7808169.html

甲号証と乙号証を間違えて提出した。

間違ったファックス番号を記載した。

http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/8034239.html

http://hayariki2.seesaa.net/article/139224832.html


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事