弁護士法人アヴァンセ被害者の会のブログ

弁護士法人アヴァンセ被害者の会のブログです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

記事「アヴァンセ金崎浩之弁護士ら国税庁作成文書と詐称」弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループの金崎浩之、佐久間明彦、吉成安友、前田瑞穂(当時)が土地共有持分確認等請求事件(平成20年(ワ)第23964号)の被告代理人として、被告個人が作成した文書(乙第14号証)を国税庁作成と詐称して提出したという事実に基づく内容である。
これは差し替え前の被告証拠説明書(平成20年12月4日付)に明記されている。原告が詐称を指摘した後に被告は証拠説明書を差し替えた。弁護士が裁判で個人作成の文書を公文書と詐称したことになり、公共の利害に関する事実である。
http://tokyufubai.bravehost.com/

100 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 14:05:25 ID:0yB+q3QuO
ここの弁護士に示談金払えって、脅迫まがいのことされた。こっちがちゃんとした弁護士雇って
裁判するぞって言ったらいきなり連絡してこなくなった(笑)はっきりいってこの弁護士事務所はまともじゃないわ。
ブラック会社とも付き合いあるみたいだし。
101 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 20:36:17 ID:zlhGdVFb0
代表がブラックな社会の出身なんだから、まあ自然ななりゆきなんじゃねw
本人はブラックともなんとも思ってないだろ。
というか、ブラック会社の意味を知らない、理解できてないんじゃなかろかw
102 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/04(金) 22:06:46 ID:n0+cgNK20
そのような人物が弁護士であることが間違えですね。
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1254969577/100-102
http://d.hatena.ne.jp/branz/20100111/1263178263
http://hayariki.110mb.com/avance/
知らないだけ
http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/6582572.html
http://hayariki2.seesaa.net/article/137593047.html

新年明けましておめでとうございます。2010年が始まりました。今年も引き続き、弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ(金崎浩之、佐久間明彦、吉成安友、片山雅也、長谷川桃、松木隆佳ら)の問題点をはじめ、皆様のお役に立つ情報を発信していく所存でおりますので、よろしくお願い申し上げます。
弁護士法人アヴァンセ被害者の会の主張と弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループの主張を、数十年の子孫が聞いた時に、どちらに妥当性があるのかを問おうではないか、という強い姿勢で臨んでおります。歴史の法廷に立つ覚悟をもって取り組みます。
http://d.hatena.ne.jp/branz/20100108/1262952619
http://avancelg.iza.ne.jp/blog/entry/1404350/
ナンセンス
http://d.hatena.ne.jp/branz/20100104/1262597186
http://avancelg.iza.ne.jp/blog/entry/1398633/
松木隆佳が知らないだけ
http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/6582572.html
http://d.hatena.ne.jp/branz/20100105/1262700393
http://avancelg.iza.ne.jp/blog/entry/1400356/
FW: 弁護士法人アヴァンセの虚偽工作
http://tokyufubai.at.webry.info/200912/article_3.html
FW:吉成安友はヘラヘラと哄笑
http://tokyufubai.at.webry.info/200911/article_10.html
FW:金崎浩之ら単元未満株を端株と虚偽主張
http://tokyufubai.at.webry.info/200911/article_3.html
弁護士法人アヴァンセ被害者の会結成
http://tokyufubai.at.webry.info/200910/article_4.html
アヴァンセ金崎浩之弁護士ら国税庁作成文書と詐称
http://tokyufubai.at.webry.info/200910/article_2.html

開く トラックバック(6)

遺言執行者の弁護士が中立性を放棄して懲戒された事例がある。遺言執行終了後に相続人の一部が遺言無効の訴訟を起こした。弁護士は被告の相続人の訴訟代理人になった。これに対し、懲戒の申し立てがなされ、懲戒された。
遺言執行者は特定の相続人の立場に偏することなく、中立的な立場でその任務を遂行することが期待されている。相続人の一部に有利な方向に傾いてはならない。共同相続人間や相続人・受贈者間では本来利害が相反していることを忘れてはならない。
相続人間に深刻な争いがあり、話し合いによっては解決することが困難な状況にある場合は、遺言執行業務が終了していると否とにかかわらず、特定の相続人の代理人となる行為は弁護士の品位を害するので懲戒の対象となる。
http://wind.prohosting.com/rain7/avance/jurist.html
http://d.hatena.ne.jp/branz/20100108/1262919562

弁護士という職業が、いかがわしい不就労所得マシーンと化したのは、過払金返還ビジネスからである。上場の商工ローン業者もサラ金も青息吐息である。金貸産業を潰す結果になったが、実際に債務者に還元された金額は幾らであるか。しかも次のターゲットは賃貸不動産業(原状回復費、更新料、敷引、礼金)の家賃二重取(過払い)返還ビジネスと囁かれている。
元々、弁護士ビジネスは用心棒スタイルのピンハネ(掠め)業的な要素があったが、今や強請タカリの輩と化している。ターゲットが溜め込んだ者の代名詞職業(貸家業)になるのは、強請タカリの理論から当然となる。法律事務所の広告解禁により、怪しげな広告が急増した。本来ならば悪質な法律事務所に対する不当報酬返還ビジネスがあっても良い。
http://tokyufubai.bravehost.com/jurist.html
http://hayariki2.seesaa.net/article/137281524.html
http://d.hatena.ne.jp/branz/20100106/1262783988
FW: 弁護士法人アヴァンセの虚偽工作
http://tokyufubai.at.webry.info/200912/article_3.html
FW:吉成安友はヘラヘラと哄笑
http://tokyufubai.at.webry.info/200911/article_10.html
FW:金崎浩之ら単元未満株を端株と虚偽主張
http://tokyufubai.at.webry.info/200911/article_3.html
弁護士法人アヴァンセ被害者の会結成
http://tokyufubai.at.webry.info/200910/article_4.html
アヴァンセ金崎浩之弁護士ら国税庁作成文書と詐称
http://tokyufubai.at.webry.info/200910/article_2.html


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事