ここから本文です
林田力
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。希望のまち東京in東部共同代表

書庫不動産問題

すべて表示

インターネット動画放送局・日本海賊 TV 「金八アゴラ」は 2017 年 11 月 8 日、「治療拒否を忖度させる佼成病院」を取り上げた。コメンテータは小野寺通(緑のハーモニー調布代表)、石川公彌子(政治学者)、山内和彦(元川崎市議会議員)、古川順弘(希望の塾第一期生)、林田力(東急不動産だまし売り裁判原告)。司会は須澤秀人(日本海賊党代表)。 立正佼成会附属佼成病院裁判(平成 29 年 ( ネオ ) 第 596 号、平成 29 年 ( ネ受 ) 第 670 号)の上告受理申立書を紹介する。上告受理申立書から佼成病院の医師が治療拒否を誘導しているような実態が浮かび上がった。最善の医療を受ける権利など憲法を問う裁判であることに注目である。この裁判には注目したいとの声が出た。 番組では上告と上告受理申立の差異も説明した。佼成病院裁判すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 『同級生』

    2017/11/21(火) 午後 10:19

    東野圭吾『同級生』(講談社文庫、1996年)は学園推理小説である。最初は探偵役が実は犯人という掟破りの可能性を想像させる。その後は、いかにも悪そうなキャラクターが犯人ではないかと推測させながら、真相は意外であった。以下にも悪そうなキャラクターは真犯人になるほどの価値もなかった。 『金田一の少年の事件簿』などでは真犯人が明らかになった後に真犯人によ ...すべて表示すべて表示

  • 釈明権不行使による違法な認定

    2017/11/17(金) 午後 10:06

    高裁判決18頁の以下認定は経験則に反し、釈明権不行使による違法な認定がなされている。「控訴人を含めた患者の家族の全員に対して個別に連絡を取ることが容易な状況であったことを具体的に認めるに足りる証拠はなく、そうである以上、キーパーソンを通じて患者の家族の意見を集約するという方法が不合理であるとは認められない」。これは情報化社会の現実を無視し、明らかに経験則に違 ...すべて表示すべて表示

  • 川竹文夫『どんなガンでも、自分で治せる! 』(三五館、2017年)は癌を自力で治すことを勧める書籍である。生活習慣を見直すことで癌を治す。癌を直した人に取材したルポタージュである。 抗がん剤や手術が意味がなく、逆に寿命を縮めかねないものであることは以前から指摘されている。近藤誠『患者よ、がんと闘うな』が有名である。それが医療や製薬会社の利権になっていると ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事