ここから本文です
東急不動産だまし売り裁判
東急不動産消費者契約法違反訴訟を描くノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』。だまし売りのない世界へ

書庫不動産問題

すべて表示

埼玉県警は警察署で保管していた死亡小学生の遺品の腕時計を紛失した。事件を担当していた元男性警部補が紛失に気付いて腕時計の記載があった押収品目録交付書を遺族の母親から回収し、破棄した。腕時計は母親からの十歳の誕生日プレゼントだった。事件当時も身に着けており、母親が事件直後に署に任意提出していた。 埼玉県警は、リストを破棄したとして公文書毀棄(きき)の疑いで元警部補を書類送検する方針(「証拠品紛失を隠ぺい?遺族からリスト回収し破棄か」テレビ朝日2019年2月17日)。これに対して母親の代理人弁護士は「腕時計をなくしたことを隠すために文書を回収して破棄し、新たに虚偽の文書を作ったのではないか」と指摘。虚偽公文書作成の疑いもあると主張している(「紛失遺品記載文書を破棄疑い 埼玉県警、元警官を書類送検へ」東京新聞2019年2月17日)。 すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 第3のギデオン 2

    2019/2/2(土) 午前 10:12

    乃木坂太郎『第3のギデオン 2』(小学館)はギデオンとジョルジュの出生の秘密が明らかになる。父親の発想が信じられない。貴族にとって平民生活は憧れだろうか。アルトワ伯の言うように選ばれし者の義務を子どもの頃から学ばせようとは思わないだろうか。銀河英雄伝説の二次小説では貴族制度のメリットを再評価する作品も出ている。 父親の思考は現代の庶民的な常識に引 ...すべて表示すべて表示

  • 横田順弥『火星人類の逆襲』は明治時代を舞台にしたSF小説である。NHK大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺(ばなし)』に登場したバンカラ集団「天狗倶楽部」が火星人類と戦う。 本書はH.G.ウェルズ『宇宙戦争』の勝手な続編である。『宇宙戦争』は火星人類がロンドンを襲撃し、人類を圧倒したが、地球の細菌によって滅ぼされた。本書は、その後の明治44年 ...すべて表示すべて表示

  • 第3のギデオン 3

    2019/1/4(金) 午後 7:56

    乃木坂太郎『第3のギデオン 3』(小学館)は王妃マリー・アントワネットと国王ルイ16世の印象が変わる。ジョルジュは王子を暗殺するため、ベルサイユ宮殿に侵入する。王妃マリー・アントワネットは身を挺して我が子を守ろうとする。そこにルイ16世が現れる。マリー・アントワネットはカンの鋭い人物である。庶民生活に無知なところもあるが、国民のことを考えている。「パンがなけ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事