ここから本文です
林田力
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。希望のまち東京in東部共同代表

書庫不動産問題

すべて表示

林田力『東京外環道と東急不買運動』(枕石堂、2017年5月3日)は東京外郭環状道路の事業承認に対する異議申し立てについての7回目の意見陳述を収録する。意見陳述は以下の7回実施している。 2016年8月26日、第1回、国土交通省(合同庁舎2号館) 2016年9月27日、第2回、国土交通省(合同庁舎2号館) 2016年11月28日、第3回、国土交通省(合同庁舎2号館) 2017年2月15日、第4回、経済産業省 2017年2月24日、第5回、経済産業省 2017年3月27日、第6回、国土交通省(合同庁舎2号館) 2017年4月27日、第7回、国土交通省(合同庁舎2号館) 意見陳述では東急不動産だまし売り裁判原告として東急グループの問題も取り上げた。東急建設は外環道の施工業者の一社である。東急不動産だまし売りも外環道も「赤信号みんなで渡れば怖くないすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 果鋭

    2017/5/6(土) 午後 3:11

    黒川博行『果鋭』(幻冬舎、2017年)はパチンコ業界の闇を暴く小説である。パチンコ業界が警察の利権になっている実態を描く。ギャンブルについて問題意識を持つならば、先ずパチンコを規制しなければ始まらないと思わせる。 カジノの是非が政治の争点の一つになっているが、パチンコに触れないカジノ反対論は響かない。逆にカジノ容認論でもパチンコを含むギャンブルを今よりも規制 ...すべて表示すべて表示

  • ONE PIECE 10

    2017/5/5(金) 午後 6:48

    尾田栄一郎『ONE PIECE 10』(集英社)は魚人海賊団アーロン一味との対決である。麦わらの一味がアーロン一味の幹部と戦う。ウソップも幹部の一人と戦う。ウソップのような超人ではないキャラクターの戦いはハラハラさせられる。物語として面白い。 この巻ではルフィの名台詞が登場する。「おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある」。ワンピースが仲間を重視する ...すべて表示すべて表示

  • 林田力『東京都議選争点』

    2017/5/5(金) 午後 6:45

    林田力『東京都議選争点』(枕石堂、2017年1月6日)は東京都議会議員選挙の争点をまとめた電子書籍である。ここでは脱法ハーブ撲滅とブラック企業対策を論じたい。 脱法ハーブ撲滅は2017年東京都議会議員選挙の争点の一つである。危険ドラッグや脱法ハーブは避けなければならない。危険ドラッグや脱法ハーブは、あらゆる害悪を生み出す悪徳である。 危険ドラッグや脱法 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事