ぱたぱたぱんだ日記

ご訪問いただきありがとうございます。

米米関係

[ リスト | 詳細 ]

米米CLUB 解散撤廃!!

一生続けるぜーい!!

近頃の米不足は深刻ですぞ
記事検索
検索

全159ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

AMAZONS with BIG HORNS BEE

AMAZONS with BIG HORNS BEE
MOTION BLUE YOKOHAMA
2019.5.12.sun  [2nd] open_6:15pm / showtime_7:30pm

平成最後のライブ「おかわり」から約1か月。令和最初のライブに行ってきました。
以下は、モーションブルーのサイトより

“AMAZONS”と“B.H.B”がダブル・フロントを務める 
スペシャル・プロジェクトが横浜のステージに帰ってくる!
伝説的コーラス・グループ“AMAZONS"と、米米CLUBのホーン・セクションとしても知られる5人組のブラス・グループが再び横浜へ!圧倒的な歌唱力とパフォーマンスが魅力の“AMAZONS”は1985年に大滝裕子・斉藤久美・吉川智子の3人で結成。これまで松任谷由実、藤井フミヤ、米米CLUB、久保田利伸、玉置浩二などの数々のアーティストのサポートを務めてきた3人組。名実ともに日本を代表するコーラス・グループだ。また“BIG HORNS BEE”は1991年に『BHB1』でメジャーデビュー。米米はもちろん、B.B.キング、P-FUNKのメンバーなど、国内外問わず様々なアーティストと共演。ジャズ、ファンクなど、多様な音楽性を聴かせるそのプレイは、多方面から高い評価を得ている。大人気のスペシャル・プロジェクトをクラブならではの至近距離で味わう絶好のチャンスだ。
AMAZONS:
斉藤久美(vo)、大滝裕子(vo)、吉川智子(vo)

BIG HORNS BEE :
金子隆博(key)、河合わかば(tb)
佐々木史郎(tp)、小林 太(tp)、織田浩司(sax)、石川周之介(sax)

BAND:
清水信之(g)、山内 薫(b)、江口信夫(ds)、友成好宏(key)


「星空のバンドワゴン」でスタート
金ちゃんVo.
でもBHBの面々が吹かない時には一緒に歌う、この姿が好物の1つです(笑)
AMAZONSが登場して、
「夢で逢いましょう」
ライブの定番ですね。私も好きな曲です。
サビ前(Bメロで良いのかな?)で簡単な踊りがあるのですけれど、
フッシー&シローのトランペットコンビが一緒に踊りました。
その時のわかばさんは演奏中だったかな?踊ってたかな?
サビの小さくジャンプするところで、わかばさんが一緒にジャンプ!

あとは順不同で一部の曲名を挙げておきます。
BHBの曲では・・・
「Party Around The Clock」
「SWEET HONEY BEE」
「Bloez Job」
 お米ツアーでも演奏しましたけれど、
 わかばさんがトロンボーン、オリタさんがアルトサックス、ケンカナさんがテナーサックスの
 5管パターンはなかったんじゃないのかな?
 これが本当に気持ちよくて気持ちよくて
 金ちゃんのかわりというのもさみしいのですけれど、
 5管のBHBは格別ですから、もう、いつもケンカナさん呼んじゃいなさいよ〜
 そして、AMAZONSとの掛け合いもあって、
 これがまた相乗効果とでもいうのでしょうか、一段とグレードアップしたようになりました!

AMAZONSの曲では・・・
「Pass me mighty spice」
 最初のうちはみんなで振りをマネしていたのに、
 途中からは♪Pass me mighty spice♪のところはケンカナさん一人になってみんな注目
 客席が少しザワついて、AMAZONSのお姉さん方もチラチラ後ろを振り返ってましたねぇ(笑)
「ジャングル・ブギ」
「Precious Melody」
「YOU」
 新曲で、今回のステージに立っているメンバーで作った曲とのこと。
 一部、AMAZONSのツイッターで紹介されていましたね。
 イントロが始まった途端に、あぁ〜BHBだぁ〜と思いますよ
 明るくて良い曲ですね〜

アンコールは
「嘘泣きでCHEEK」
 以前は、客席を2分して、一緒に歌うことがありましたが、
 今回は、クラップ(手拍)で参加ということで、
 2種類のリズムを練習して、参加しました。
 最後の締めをAMAZONSの3人が手をつないでジャンプ!
 その反動でBHBの3人がジャンプ
 さらにその反動?でBHB残りのフッシー&わかばコンビでジャンプ
 こういうのやってるのも好き

ホーン隊に近い席で、AMAZONSの素晴らしいハーモニーとともに、
素敵なショーをたっぷりと味わうことができました!
サックス担当は、ケンカナさんがテナー、オリタさんがアルトとバリトン
やっぱり5管と4管では全然違うものなのですね。
全員のソロまわしもあり、コンパクトな時間ではありましたが、非常に濃密でした!

また機会があったら参加したいです☆☆☆
イメージ 1

たまには赤レンガ倉庫の写真を載せてみます
イメージ 2

Tシャツを買うとCDとサインがついてきましたよ
  個人的にはCD単体販売が嬉しいのですけれど、オトナノジジョウ・・・

実物はかなりきれいなピンクです
イメージ 3

開く コメント(0)

WOWOW版おかわり

「おかわり」WOWOWの放送が終わりました。
番組HPの通り、「愛 Know マジック」と「また逢う日まで」がカットされていました。
MCもだいぶカットされていたかな?
休憩含めて3時間近いコンサートを2時間番組にしたので
その分、密度が濃い番組でした!

よみがえりますね〜〜〜!
各メンバーのアップが多く、オイシイ場面もしっかり放送してくれたWOWOWさんありがとう!

テレビ見ながら、羽ばたいたり、踊ったり、歌ったり
それは忙しい2時間でしたよ〜

BHBの踊りのツボのレディキラーとスタイリッシュウーマンが
しっかり映っていたのもうれしかったです♪

コンサート自体も何度も観たいと思いましたように
今回の放送もまた繰り返し観たいです。
(今日は我慢しておきますw)

6/13夜10時から再放送されます

BD?DVD?はやっぱりお米の日の発売なのでしょうかねぇ・・・
そちらは是非ノーカットで、副音声で解説などいれていただきたいです!

あと各カメラの映像をもっとみられるようになったら最高なんだけどなぁ
だって、シローさんカメラとかまたろうさんカメラとか
それだけずーーっと観ててもすっごく興味深いと思うのよね〜

開く コメント(2)

26公演中10公演参加しました(←バカっ
      またろうさんの効果音付きでミナコちゃんにぶたれる風で)

1月11日 千葉/市川市文化会館 (初日)
1月14日 神奈川/神奈川県民ホール
1月23日 東京/NHKホール 
2月16日 東京/府中の森芸術劇場
2月24日 群馬/ベイシア文化ホール
3月 9日 愛媛/松山市民会館
3月10日 高知/高知県立県民文化ホール
3月17日 神奈川/パシフィコ横浜 国立大ホール
3月23日 埼玉/川口総合文化センター リリア
4月11日 大阪/フェスティバルホール (最終日)

すべてWCVのファンクラブ先行でチケットを入手。
プレミアムシートは横浜と市川の2回。どちらも端で、プレミアム感はチョイ薄でした。

再結成後のツアーでは、毎回、希望するチケットが取れなったり、譲ったり、
追加公演があったり、途中で参加を増やしたりと、増減があったのですが、
最初に思いついて申し込んだ公演にそのまま参加しておしまいというのは
私としては初のことだと思います。

席運でいったらよい方だったかな?
良く見えたのは高知で、良く聞こえたのが川口だったかな。

まずは、セトリのまとめ。
正確度の保証はありません。あしからず。
たいてい、最終日のセトリをWCVのFCサイト(スタブロ)に上げてくれるのですが
スタッフさんがお忙しいのか、ツアー終了の報告もまだですね。

第1部
NICE TO MEET YOU
KOME KOEM WAR (府中なし)
あ!あぶない!
あたいのレディキラー (大阪なし)
雨の御堂筋 (大阪のみ)
DRY MAN
OH !
迷路
Roppongi -雨-
STYLISH WOMAN (NHKまで)
I LOVE YOU
チョビットダンス
じんじんさせて
かっちょいい

第2部
TIME STOP
Troubled Fish (市川・神奈川のみ)
KISSING BLUE
Simple Mind
どんまい
STYLISH WOMAN (府中以降1部から2部へ)
Uha Uha (NHKまで)
BLOWZ JOB(府中以降)
大人物
君がいるだけで
浪漫飛行
愛 Know マジック
Shake Hip!

ボーナス(おかわり)
おかわり SHOW TIME (NHK以降)
リッスン (市川・神奈川のみ)
ごきげんようPARTY NIGHT (府中まで)
また逢う日まで

*府中までは「ごきげんよう PARTY NIGHT」までで一旦退場し、
 ダブルアンコールで「また逢う日まで」

さらに、一人芝居のネタが変わったり、
日によって1部のカールさんの出番が違ったり、
シュークの踊りの有る無しや、
小ネタの違い 等々、改めて振り返ると、
結構日によって違ったステージになっていたようですね。


全体的なことで言うと、
・再結成後の曲はどんまいだけだったのは意外
・JO曲やツインボーカル曲が嬉しかった
・カールさんがJOやシュークと絡んだり、
 何かとBONさんに振る場面が多く、米米ならではの楽しみが多かった
・シュークもう1曲くらいあっても良かった?
・なぜに「私こしひかり」がないの〜?(←新潟のみだったらしい)
・たくさん作ったという新曲のお披露目がなかったのね
・「東京 Bay Side Club」の回に行けなかった(T_T)
   諸事情はわかるけれど...

最終日のMCや、先日届いたWCV会報から思うに、
ボーナスに向けてどんどん盛り上がっていくという今までのパターンとは
逆のスタイルだったおかわりは、
おせきはんのボーナスつまり、おかわり自体が一つのボーナスショータイム。
そう思うと、合点のいく部分が多いです。
が、やっぱり群馬あたりから、ダブルボーナスがなくなり
ボーナスがカバー曲1曲のみというのは、
米米としては、少し味気ない終わり方かなぁとも思うのです。
でも、米米らしさというのも、取り方は人それぞれだろうし
こっちの予想を超えてくるのも米米らしさなのかなぁ。
また、初日から比べると曲数が減ってMCが長くなっていきましたが、
個人的にはMCをうまく調整して曲を減らさずにいてほしかったです。

勝手にわがままなことを言っていますが、
前回の「おせきはん」から、こんなにすぐにまたツアーをやってくれるなんて
本当に本当にそれだけでも嬉しくて感謝しています。
MCにもありましたように、誰一人かけることなく、活動してくれて、
それを見に聴きに行ける自分がいるというのは、
本当に幸運なことなのですね〜☆☆☆

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
プレミアムグッズのお茶碗は、色違いだったのか!

開く コメント(0)

米米CLUB 「a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2019 〜おかわり〜」
4月11日(木) 大阪/フェスティバルホール
開場17:30/開演18:30

ひとつ前の記事では参加報告のみだったので、
いつものようにさらっと記録。
ツアー通じての詳しい描写はまた別の機会に。

大阪ならではのご当地ソングと千秋楽ならではの何かを期待し、ツアー最後を見届けたく、
諸々の理由で最初から遠征を決めておりました。
が、仕事の関係で、1月頃から雲行きがあやしくなり、
直前まで参加も危ぶまれるくらいで、なかなか準備態勢に入れませんでした。
結果、参加できて本当によかったです。

この日のBHBは正規メンバー
ところが1部の途中、「I LOVE YOU」でBHBがソロリソロリと前に出てくるところに
下手から旗を持った石川県金沢氏がソロリソロリと登場。
以後、ちょいちょい参加して5管のBHBが見られました。
5管贅沢ですねぇ〜〜

1部のカールさんのステージ登場具合が、日によって違っていましたが、
この日のカールさんはほぼフルくらいの登場でした。
最終日だもの、頑張ってくれたんですね。
ただ、やっぱり衣装チェンジの関係で、「OH!」は不在。
JOさんが客席に向けてお手手パチパチでした。
ここはやっぱりカール&ジェームスの図が一番オイシイのですけどねぇ・・・
カールさん、声が出にくそうで、序盤から体調悪いと言っていまして、
風邪ひいて熱をだしたのだとか。
JOさんも、声がつらそうなところがあって、疲労の蓄積と、2日連続は大変なのでしょうね。。。

小芝居は、アンディ岡田(ハワイ生まれのベテラン歌手)
例によって話が長い長い。
途中でミナコちゃんが白衣姿で登場!
話が長いと注意して1輪の花をアンディさんに渡して去っていきましたが
アンディさん、それを後ろ(=ステージ後方)に投げるという技で返しました。
で、結局話は切り上げられず(爆)
BONさんもBEさんも、楽器を置いてしまってるくらいですものねぇ(笑)
札束を配るアンディさん。
最初はバンドのリーダー(責任者と言ったかな)へとBONさんが受け取り
次にホーン隊の皆さんへ渡そうとしたら、BHBはステージ上におらず、
かわりにBEさんに預ける形に。
次にスタッフにもと、「遠慮しないでここまで来なさい」とステージ上に呼ぶと
ゾロゾロとたくさんのスタッフがやってきて囲まれることに
  これはアドリブかな?面白かったですねぇ
で、責任者一人に渡して、スタッフさんは去っていきました。
おひねりの金一封が、ものすごい束になっていて、
BEさんにとられまいとにらみをきかせつつ後ろのテーブルに置いてました。
「I LOVE YOU」で、最初のなんちゃって!で
スタッフさんが大勢出てきてカールさんを取り囲むのも最終日ならではの演出なのかな?
これもカールさんへのドッキリ?演出?
JOさんが帰っていくときに、3回目かな、いつもなかなかドアが開かないのね。
今回はカールさん「開くわけないですよ、スタッフみんなでてきちゃったんだから」
みたいなこと言ってまして大うけしました(笑)
小道具はバナナ。
マー坊と石川県金沢さん2人で食べてまして、カールさんにはあげなかったですね。
石川県金沢さんなの?って双眼鏡で確認しました。はい。しっかり染まってますね。
ついでにマー坊も見たら、2-3本のバナナを抱えてもいました。

お米マン?得ちゃんのかぶりものは、
胴体だけはつけずに、白衣で登場。それにカールさんはなかなか気づかないのもおかしかったです。
今はなき、ロマンティックドクター岡田の衣装ですよね。
マー坊がその後ろを胴体を持ってついてくるという演出に。
そういえば、「おせきはん」も最終日だったか、
かぶりものしないでマドロスさんの衣装で出るというドッキリがあったのですよね。
それ思い出して2重に面白かったです。
シュークのコーナーは、ご当地ネタではなく、シュークは27歳に見えるかを一人一人に聞き、
結局「6ちゃい」を連呼するカールさん以外のみんなは
ミナコちゃんに殴られたり撃たれたりしていました(笑)
またろうさんの効果音が決まってましたよね〜

ROPPONGI〜雨〜は北新地バージョンで。
BONさんはマチコちゃんと「なちゅらる」の時のミナコちゃんのような踊りではけていき
マー坊が振られてしまい、得ちゃんとあれはおっさんずらぶ?ただ慰めてたの?
な展開に。
おお!このパターン初めてです!まだガーベラ先生は攻めるのかぁ!

2部
すっかり乗りこなして余裕で回転したり、突進したりのセグウェイのちっちゃいいの
でスタート
BHBのコーナーは5管で迫力満点
石川県金沢さんをひきつれたわかばさんが、
下手の袖舞台から客席を横断して上手に戻るという大サービスぶりに震えました。
わかばさん&オリタさんの君いるの間奏のところでのフルート超高速持ち替えも
今回はしっかりたっぷり見られて、成功した後にフッシーさんに褒められたところまで確認。
あぁ、BHB専用カメラ映像欲しいですぅぅぅ
浪漫飛行ではこれが最後かぁととってもしみじみとしてしまいました。
意外だったのは、SHAKE HIP!で、恒例の「せーの!と言ったら跳ぶんだよ」がなく、
普通に1回でジャンプして終わったこと。
よほどお疲れだったのかなぁ・・・初めての経験でした。

おかわりコールで幕が上がると、カールさんもステージ上にいて
おかわりショータイムの歌を一緒に♪これは嬉しい。
でも、そうなら、フルに歌ってほしいとつい欲が出るものですねぇ
最後、幕が下りたあとに、もう一度幕が上がって、全員手をつないでの礼。
すぐに幕は下りたけれど、なかなか拍手が鳴りやまなかったのが
会場のファンの気持ちを表していると思います。

あ、期待していた「雨の御堂筋」は、なんとなんと1部早々に披露!
えー?ここで?と驚きましたが、大阪でしか聞けない観られないのでテンションMAX
間奏での長縄跳びはいつもカールさんで止まっちゃうのかな?(笑)

ただ、終わってみれば、あたいのレディキラーがなかった!
あれまぁ、残念(T_T)
仕方ないのかなぁ・・・うーん、うーん。

そんな曲順マジックもあってなのか、ツアー終わり!というよりも
なんだかまだまだおかわりしそうなイメージで終了したのでした。

今回は敢えて1部でガーっと行って2部がポップス系と、今までと逆パターンにしたとのことですが
発案はカールさんなのに、責任をBONさんに押し付ける、そんなところもカールさんらしいです
(いや、もちろんステージ上のトーク上のことなんですけどね)

1月にスタートしたツアー
とうとう終わりました。
初日と千秋楽を含め、結構な数を経験させていただきましたが
毎回あちこち変わったり、ツボるポイントが変わったりで
本当に何度でも何度でも参加したくなるツアーでした。
転倒や振替公演や謎の府中や見切れの横浜などもありましたが
早くもDVD(BD?)やWOWOWの放送が気になるおかわりでした。

また遊ぼうぜ〜〜〜♪

開く コメント(6)

ごちそうさま

4月11日大阪フェスティバルホールにて
おかわり千秋楽に参加しました。

ご当地ソングも聞けて、石川県金沢さんが途中参加のBHBも大迫力のひとときでした。

完走のメンバーさん、スタッフさん、お米達のみなさん
ありがとう❗️
お疲れさま❗️

また次回遊びましょう🎵

その時は、是非、奄美のおさるさんもね❗️

開く コメント(2)

全159ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事