全体表示

[ リスト ]

長大ピストン ケータイ投稿記事

イメージ 1

2014年8月17日 日曜日 曇り後晴れ
 起床8時過ぎ、出発10時20分頃。単純に寝坊、曇っているといくらでも寝れてしまう。
 撤収前にNGSしていると山葡萄が成っているのに気づく。熟しているのを美味しくいただく。

 浦幌のセイコーマートで飯を喰って次の林道へ。
 再び音別へ行き、そこから広域農道。後半は昔の国道273号線のようなダート。

 道東第二期林道に行くつもりが新縫別林道に行ってしまったようだ。丸太越えの甲斐もなく、まもなく通行止め。突破して行こうとは思わず納得した。
 引き返して分岐点を曲がると、そこが本来の道。地図に「しまった林道」とあるが閉まっていなかった。「締まった林道」なのだろうが締まってもいなく、砂利が浮いていた。だからこそ楽しかったのだが。

 さて、次が本日のメインイベント、発見沢林道・北陽ヘルフナイ林道。地図の情報を信じれば42kmの長大林道だ。
 幸か不幸か発見沢から入るつもりが北陽ヘルフナイから入ってしまった。
 全行程にあと4kmというところで大崩落!たしかに10km手前に通行止めの表示はあった。その看板に「10km先」とレシートの裏側に書いて貼っておいた。だがオフローダーなら行くものだ。

 看板の所まで戻り、分岐のもう一つの道へ行くと北海道弁の語源となっている(嘘)シュンクシタカラ湖に出た。下界に戻る道は無い。
 そこでいすゞビッグホーンに遭う。後部座席まで見てないが、たぶんおっさん二人。この事態に落胆したが、この人たちに比べれば生温い。この人たちは日暮れ前にここから脱出することは不可能であろう。

 永遠のピストンを完走した後、幸か不幸か大崩落の地点で「4」と書かれた棒を見てしまった。キロポストである。
 そうと知ってしまっては、反対側から行ってコンプリートしたくなるものじゃない?
 冗談ではなかった。「4」なんて嘘で道道からは10kmもしくはそれ以上あった。日暮れぎりぎりに下界に戻る。

 だから、下界のセイコーマートに着く頃には真っ暗だ。あてにしていたキャンプ場はイマイチ。
 暗くなってからの野宿場は容易には見つからぬ。だが、運良く入った林道が崩落していて、そこで野宿。
 麦酒開栓時間20時45分。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事