全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

また転倒

イメージ 1

2014年8月20日 水曜日 曇り後晴れ
 起床9時45分頃、出発10時半頃。朝、雨が降っていたので起きなかった。
 本気を出せば1日で帰れるかも知れない。日程は2日ある。少々林道を攻めてもバチは当たるまい。

 鎌内林道、フラットダート。片山地獄林道、ここも超フラットダート。
 こんなだと、ドリフト走行を試みねば。リアブレーキを強く踏んでリアが流れたのをきっかけにアクセルをガバ開けしてパワードリフト・・・
 リアブレーキを踏んでリアが流れた時点でコントロールを失って転倒(涙)。だー?!
 道の真ん中でコケただけだから、この前の転倒のように後からじわじわ来る恐怖はない。
 この林道は交通量が多い。この醜態を誰にも見られない様、急いで復旧。特に先程、道を譲ってくれたフォードのエスケープに見られたくない。色々と損害があるようだが、とりあえず走れる。鳴子温泉まで行く。

 鳴子温泉で修理。
 先ず人間の修理。エルボープロテクターを装着していないので、肘に擦り傷、温泉の足湯で洗浄、よく探したら水道水もあったから、改めてそれで洗浄。絆創膏が3枚しかない?!本当は4〜5枚欲しいのだが厳選する。人間の修理完了。
 バイクの修理。クラッチレバーが蝶番の部分でもげていた。スペアがあるから交換。家でやれば簡単なのだが、車載工具のみだと面倒臭かった。スペアも以前に転倒して曲がった物だから、後日交換が必要。

 国道4号線は嫌だから、国道457号線。
 愛子(あやし)に出る。「愛子暑し」と呟く。
 アウトレット・モールが在る。ゴーストタウン常態だ。大丈夫か?ここ。
 山根G長発注の品は無さそうだ。たこ焼き屋のおっさんが話し掛けて来たから訊くと、この辺では無いと云う。
 その、おっさんは若い頃チャリで西日本を制覇したそうだ。私のバイクと装備が似てるので話し掛けて来たのだろう。話は少し合う。同氏が秋保温泉を薦めてくれたので行く。
 温泉は良いにしても、何処に泊まればいいのか?民営のキャンプ場に行ってみる。スピーカーでJポップが流れている。ここじゃない!

 蔵王に向かう、その手前で野宿場も押さえた。
 正確には遠刈田(とおがった)温泉、外湯のような風情の温泉を戴く。熱くて俺好み♪
 怪我したばかりだから、蔵王の強酸性の温泉に入ったら、とんでもない事になるのでは?と危惧したが泉質が違うようだ。
 土産物屋に山根G長発注の品も有ったし、コンビニで酒もゲットして完璧!
 麦酒開銓時間21時頃。

秘密の通路 ケータイ投稿記事

 その後エンジンは調子を取り戻すものの、国道4号線は渋滞とは言わぬまでもノロノロで暑い。
 これでは何の為に帰路に3日取ったのか分からない事に気付く。

 とりあえず登ろう!知らない道に右折し、やがて国道397号線へ。登るにつれ、どんどん涼しくなる。
 国道342号線との分岐点に出た時、夕暮れが迫っていた。この辺なら良い野宿場を見つける自信がある。現にここまでの行程で良さげなのを何カ所も見つけた。
 これ以上下界に降りたくない。だが買い出しする店が無い。夕食も未だだ。
 諦めて下界に向かうと、思いの外手前にデイリーヤマザキが在った!ここで夕食と買い出しをして戻る。

 国道342号線、夢仙人トンネルの南の小峠に秘密の道があり、その先に広場がある。ダンジョンクリアのファンファーレが鳴ってもおかしくない場所だ。
 何の為の広場かは判らないが、本来の役目を終了してから2〜3年程と思われるくらいに草木が生えている。つまりは私の為の場所だ。こんな場所が見つかるなら麦酒をもう1本余計に買うんだった。
 麦酒開栓時間19時08分。
 野宿地の前を1時間に延べ1台ほど車が通るが、その車からは完全に隠されている。
 夜中に小便の為に出て上を見ると微かに天の川が見えた。

エンジントラブル ケータイ投稿記事

 やがて国道4号線に出て、そのまま南下。
 しばらくするとエンジン・トラブル。調子が悪いのかと暫く騙しだまし走ったが遂に止まった。
 キャブレターか?いや多分プラグだろう、と外したが異状は見られない。止まる直前もエンジンに異音や違和感は無かったからエンジン本体でも無かろう。
 プラグに火花が出てるか確認しようとした時、ニュートラルランプが消えてるのに気づく。単純にバッテリー付近の接触不良ではないかと確認すると+端子がモゲていた。
 とりあえず応急処置のための応急処置をしホームセンターを探す。
 ホーマック全店休業!ふざけんなよ!
 ダメ元で寄ったオートバックス、やはり目当ての商品はない。長いボルトを購入してみたが、やはりうまくいかない。
 寄ってきた店員さんが
「ピットにあるかも知れない」と言って動いてくれたが期待はしていなかった。
 だが、ベストな処置をしてくれた。端子交換!この店にそれが有ることは知っていたが圧着工具が無ければどうにもならない。店員さんの好意が有ればこそだ。
 オートバックス見くびっていました!そして、有り難うございました!

下船 ケータイ投稿記事

2014年8月19日 火曜日 晴れ時々小雨
 行きのフェリーと違い、帰りのフェリーは自分のバイクを早く出さないと前のバイクが出せないと思い、殊勝にも早く支度すると待たされた。定刻入港するも、車やトラックの下船が手間取っているようだ。
 その間に、一昨日の日記をうpし、昨日の日記を途中まで執筆した。

 下船して道なりに走ると八戸の環状線に入る。朝食を食うところを探すが、こんな時間に開いている店がねえ!
 踏切で単行の気動車をやり過ごして直ぐに、異様に客が入っているラーメン屋を発見。チェーン店のようだが明らかにチェーンを逸脱して店主が好き勝手やってる。隠れた名店かも知れぬ。味は別段、俺好みでもないや。何度か通うとハマるのかも知れぬが。

 八戸は大都会である。北海道から渡って来ると、そう感じる。実際大都会なのだろうけど。

 国道340号線を登る。高度をとらないと暑くて死んでしまう。
 ワインディングにヘアピンカーブ、北海道には遂ぞ無かった。
 先程の八戸大都会と相まって、北海道と内地の違いの剰りの多さに感じ入る。
 もう、セイコーマートを見ても焦って何かを食わなくても良い。その事一つとっても違う。前後に車が居ないというシチュエーションももはや無い。色々と頭を切り替えねばならぬ。
 津軽海峡は様々な意味でブラキストン線なのだ。

帰港 ケータイ投稿記事

2014年8月18日 月曜日 晴れ後曇り後小雨
 4時半前に目が覚め二度寝を試みるも眠れず起床5時、出発7時頃。朝の森の空気は美味しい。

 阿寒湖温泉街で朝食を取ろうとするも、セブン−イレブン・ローソンとセイコーマートくらいしかない。この3択ならセイコーマートだ。

 行きと同じ道を避け、帰路に就く。足寄・上士幌。日勝峠ピストンは止むを得まい。
 清水ドライブインの牛トロ丼を喰うが特筆するほどでもない。お土産が安かったが配送業者がウチじゃない。

 案外、早く帰って来れた。
 が、シルバーフェリーが室蘭発着でないことが判明?!
 それでも、室蘭のマイミクさんと会って夕食。飲めないじゃんか!
 お土産関係で、すったもんだしつつマイミクさんと別れる。
 結局、お土産は苫小牧のフェリーターミナルで買えたが、またしてもウチじゃない。
「面倒くせえなあ!」と呟きつつ、ウチの営業所に行く。
 証明書類無しで社員価格適用できたが、五月蝿い事言われたら、軽くキレてたな。
 定刻23時59分出港。航行時間7時間半なので、皆おとなしく寝てた。自分も自分にしては大人しく寝た。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事