全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

 さて、出発。
 苫小牧近郊くらいは普通かと思ったら、国道を逸れたとたんに北海道。前にも後ろにも車は居ないのに片側2車線、これでもかと北海道が攻めてくる。調子に乗って飛ばすとエンジンがぶっ壊れるので良い加減にする。

 そして早くもダートがある♪町道豊丘字宇隆線。超フラットダート、セダンでも走れるレベルだ。現にセダンと擦れ違った。
 こんなフラットダート、コーナーはドリフトかませて華麗に曲がりたいところだが、悲しいかな、そんな腕はない。
 北海道には、この程度のオフロードは、そこら辺に無造作に転がっている。内地での珍重感とえらい違いだ。
 道々610号線、抜けれないという標識があったが抜けれた。意図しない所に出たけど。

 日高に着いて、遅い昼食。未だ明るいから更に進む。日勝峠は寒かった。国道は北海道といえ普通だ。
 花火大会か何かがありそうな気配の帯広を
スルーし豊頃の町営キャンプ場で宿営。
 ここからも遠くから銃声のような発砲音が聞こえる。結構ヒット商品なのだ。
 麦酒開栓時間19時26分。

洗濯機 ケータイ投稿記事

2014年8月13日 水曜日 晴れ
 船内の至る所に神出鬼没し、ありとあらゆる施設を利用した。本来利用してはならない施設も利用した。洗濯機である。

 最初、係員に
「コインランドリーは有りますか?」と訊いたところ
「ありません」とむべもない。
 だが、見つけてしまった、トラック・ドライバー専用区画内に。
 むろん使用中。ええ、待ちますとも。トラッカーさんが必要なくなるまで。朝にするつもりが深夜に目が覚めて見ると空いていた。
 結構バイタルなのだ。旅先で家庭用サイズの洗濯機を使えるチャンスは著しく少ない。今時のコインランドリーは業務用大型機しか置いてない。

 11時入港でライダーにお呼びがかかるのは、それより後だと、ゆっくり構えて居ると10時45分頃に既に接舷してて、あわてて支度を始めると間もなく、お呼びがかかる。
 まあいい、バイクが留まっている場所はハジっこだから誰にも迷惑はかからない。トラックや乗用車と違うと、高をくくる。
 実際降りてみると先に来ていたライダーも下船出来ていなかった。
 自分はそれからバイクに干してある合羽を片付けたりしてたから終わりから数えた方が早い下船だったが。
2014年8月12日 火曜日 雨
 起床7時56分、出発10時頃。
 昨晩からの発砲音、一晩中続き撤収時にも時折聞こえた。もしこれが銃声だとしたら、色々と整合性がつかない。

 昨晩の設営時から今朝の出発まで12時間、大した労働時間だ。発砲した弾丸は数十発に上る。
 猟銃の弾丸の価格は馬鹿にならない。1000発千数百円で売られているBB弾と違うのだ。1発数百円だったと思う。

 猟師に憧れた時期があるから判るが、獲物をしとめると結構大変なのだ。捌かねばならぬし、その場で捌かなくても軽トラまで運ばねばならぬ。獲物の肉の販路も確保せねばならぬ。
 有害鳥獣の駆除として地方自治体から補助金が出るから放ったらかしとしても、数十発もぶっ放していては足が出るだろう。

 以上から、現代の獅子脅しの様なものと推察する。
 昨晩、初めのなんか畑からの至近距離だったから威嚇射撃されたのかと思い。
「んだよう?!西部劇かよ?」と思ったものだ。
 今時の鹿や猪には、人間様が騙される程リアルな物でないと通用しないのか?
 ま、他人の土地で野宿をしようなんて考えている輩は、鹿や猪と同類と言える。

出発 ケータイ投稿記事

イメージ 1

2014年8月10日 日曜日 晴れ時々豪雨
 給油記録19時18分、燃費29.72km/l。
 出発後、給油してから3km程でゲリラ豪雨に遭い、マルエツに避難。引き返そうかとも思ったが、既に1日延期している。これ以上延期したくない。
 笠間前線基地へ。
 以前のポイントは植物や浸食による地形の変化で到達できず、手前に設営、麦酒開栓時間24時14分。
 あまり快適な場所とはいえない。じめじめしている。台風一過で風が強いので開けた場所ではツェルトが飛ばされるので仕方がない。

帰宅

2014年5月22日 木曜日 晴れ後一時雨
 起床10時16分、出発正午頃、完全犯罪。。
 昨夜今朝の野宿場は正解といえる。場所をよく特定し忘れないようにする。9体のお地蔵様が目印だ。お賽銭を施し拝んだ。次来る頃には忘れているかも知れぬ。だが、お地蔵様が導いてくれよう。林道入り口の民家だと思っていた建造物は公民館、この野宿場の安全性も保証されている。
 安全性とは、防犯とかではなくて、土地の所有者にめっかって怒られないかどうかという安全性だが。

 今日は日が暮れるまで下界に降りないことに決めた。県道37号線を北上する。
 4.8kmだけ国道301号線を通り県道35号線へ。上りきって国道420・473・257号線を南下し、県道435号線に入る。
 まもなく車両通行止めの看板がある。バイクなら通れることもあるので構わず行く。やがて工事中、ユンボが道を塞いでいた。看板で散々警告されていたのだから、引き返しても構わない。そうしようとすると、作業を中断してユンボが退いてくれた。平身低頭で通らせていただく。
 しかし、その先で道を間違え、獣避けのゲートを通ったりした後、国道257号線に戻ってしまい、引き返して迂回したのと同じルートを通ることになる。工事関係者の方、本当にすみません。

 そっから先は記憶が定かではない。とにかく山の中を走り、県道32号線で藤枝に降りて来た。
 携帯ゲームのコロプラで焼津が未登録、静岡県制覇に向けて行く。おかげで、とんでもない遠回りをしてしまった。藤枝インターでバイパスに乗っていれば1〜2時間帰宅が早まったろう。
 清水の先でようやく国道1号線バイパスに乗る。うっかりしていたら、延々下道を行きかねない。
 途中、雨に降られたりしながら、25時半頃帰宅。荷解きして、麦酒開栓した頃には明るくなっていた。

 昨日の日記を書き終えて、パソコンのモニターの解像度を変更したらパソコンが壊れた。この日記を書いている5月26日にやっと復旧した。携帯でググったり、何度もOS再インストールしたりして大変だった。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事