過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

紅葉を満喫して帰宅

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

2014年11月4日 火曜日 天気雨後晴れ
 起床7時40分。昨夜から断続的に雨が降っている。朝になってもフライシートを叩く雨の音に起きるのは億劫だったが、烏の声が聞こえる。奴等ですら行動を開始しているのに人間様が起きないわけにはいかぬ。出発9時半頃。

 野宿地は湯の花温泉と木賊温泉を繋ぐ道の峠付近。新道はトンネルで旧道は殆ど使われていない様で結構荒れている。旧道の峠にも良さげな野宿地が在ったが、昨夜雨の中の設営だったのでトンネル付近にした。完全犯罪。

 昨日の日光界隈の紅葉は終わっていたが、こちらの檜枝岐界隈は今が満開だ。時期と場所によっては
「俺、薬やってラリってないよな?」と思う程の極採色の紅葉もあるが、この辺の紅葉の色彩は落ち着いている。

 檜枝岐8°C。昨夜の3°Cに比べれば暖かい。
 今回、シュラフはモンベルの化繊#3をチョイスした。他にカリマーの厳冬期用羽毛シュラフも所有しているが、未だ早いと判断した。モンベル#3は快適使用温度5°C・限界使用温度1°Cなので、眠れないかと危惧したが大丈夫だった。
 シュラフカバーが良い仕事をしたと思われる。ぺらぺらのナイロン2枚重ねの安物だ。夏はこれだけで眠れる。安いのに大活躍する逸品だ。
 起きて撤収前に寝袋もシュラフカバーも濡れていた。羽毛だったら、ひとたまりもなかったろう。

 檜枝岐から国道352号線で奥只見湖に向かうが、向かう先の山々は雪を冠っている。そういえば昨日、田代山林道ですれ違ったセロー乗りから、帝釈山の脇を通る川俣檜枝岐林道の両側に雪が在ったと聞いた。
 進むと道路にすら雪が在る!
「勇気ある撤退も必要だぞ?」と呟きながら進むと、やがて雪が無くなった。

 奥只見湖の遊覧船が運航していて、ちょっとびっくり。銀山平の発着所に着くと、お年寄りが大勢並んでいた。彼等には平日も休日も関係ない。まあ、俺もだが。
 奥只見ダムへ行ってみようかとも思ったが、シルバーラインは全線バイク禁止。ふん、頼まれても行ってやるもんか!
 昼間で天候が良ければシルバーラインを使う理由はない。枝折峠経由で。尚、過去に夜間の悪天候時にシルバーラインを通った事はある。もし捕まったら「緊急避難である」として、絶対に署名はしない構えでいたが捕まらなかった。
 とはいえ、昼間の好天時のシルバーラインはナンセンスである。枝折峠経由の国道352号線は絶景続きの良い道だ。

 小出に着く。小出の街もシャッター街だ。その真ん中に辛うじて営業しているスーパーのお惣菜弁当を喰う。この先の三国峠越えは空きっ腹では不可能だからだ。
 旅先ではレストランに寄らなくなった。客が私一人の事が多く、お互いに面倒臭い。
 三国峠越え、峠は6°C程。昨夜の3°Cに比べれば楽勝だ。これではB29迎撃戦闘機乗り気分を味わえないなあ。
 だが、大丈夫。永井食堂に着く頃には身体はしっかり冷えていた。そして、永井食堂のモツ煮込み定食。まさかと思っていた身体の冷えをまたしても解消してくれた。まあ、直ぐにまた冷えるのだが。お土産も買った。
 帰宅22時頃。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事