ここから本文です
天体写真Diary
天体写真の趣味に没頭している毎日です。
 昨夜は満月期ですがナローバンド撮影をしに遠征してきました。

 場所の選定は、ぴんたんさんが行かれた茨城方面にしようかと思いましたが、考えているうちに圏央道の分岐を過ぎてしまい、直進して北の福島方面に行く事にしました。天候が怪しかったのでより北の方面も考えましたが満月期にあまり遠くにいくのもと考えて南福島で妥協しました。といっても南福島でも十分距離があるので満月で行くなんて少し前には考えられなかったです。ここのところ山形方面や長野など長距離遠征をして感覚が麻痺してきたみたいです。
 現地到着20時半過ぎにやや雲っていましたがその後快晴となり21時半すぎより撮影ができましたが、1時間半で次第に雲ってきてしまいました。結局再び晴れたのは午前2時過ぎで、昨夜は真に残念な一晩でした。ぴんたんさんと茨城合流が正解だったのでしょう。ただ晴れて月も沈んでから薄明ぎりぎりでしたが南会津の暗い満天の星空を見ることができ、暗い気分も吹き飛んでしまいました。

対象はケフェウス座のSh2-129です。淡い対象で短い時間では如何ともしがたいですが後日の追加撮影のためとりあえず画像処理してみました。

Sh2-129 ナローバンドSAO+AOO合成
イメージ 1

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 ε-180ED F2.8 500mm
ガイド starlightXpress LodestarX2 Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon 
    S:SⅡ 5nm 5min(2×2ピニング) 6枚
    A: Hα 5nm 10min 5
    O:OⅢ 5nm 10min (2×2ピニング)5
                  
           
                  露出時間2時間10分
 Hαは昨年のデータを一部ブレンドしています。
OⅢが最も良い条件で撮れたのですが、ダイオウイカが意外と写ってくれたので追加撮影が楽しみになってきました。

この記事に

開くトラックバック(0)

2017 星ナビ9月号入選

 今月発売の星ナビ9月号に入選しました。
天文ガイドの方は、自分ではなかなか良いのではと思った作品を送ったのですが撃沈でした。
 星ナビ入選作品はNGC7000 北アメリカ星雲のメキシコ半島付近です。昨年は落選でしたのでリベンジできました。

NGC7000 
イメージ 1

 今年度はこれで8作品入選しました。昨年とほぼ同じペースです。
入選回数も一つの目標ですが、自分の納得の出来る作品作りをこれからも頑張って行こうと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

 台風5号も近づき、天候不良の毎日で欲求不満です。

 そんな中昨日のSCWの予報で22時頃から午前0時迄ですが霞ヶ浦付近がスポット的に晴れるようで賭けですが行ってみる事にしました。こんなスポット的な晴れ間は今まで行って晴れたことはほとんどありません。でも本日は夜勤で動けないですしその後の予報も絶望的なので性懲りもなく出撃してしまいました。予報もSCWの局地になってより正確になったのを期待しての出撃です。

 自宅から所要時間1時間半と少しで現地に20時過ぎに到着しました。その時点では北側から天頂にかけて晴れていて極軸合わせが出来、アライメントに構図調整までは順調でした。しかし21時少し前から雲が全面を覆ってしまいました。また天候の読みを外したかとがっかりして帰ろうか迷いましたが、少し待ってみようと思いいました。すると22時前からまた晴れてきて次第に全面快晴となりました。しかも予報に反して3時前まで晴れてくれました。こんな運の良い時もたまにはあります。

 現地はこんな天候で同好の方はどなたもいませんでした。場所的に東京にも近く明るい空ですがうっすらと天の川も見え、さいたまよりは10倍増しな空です。ナローもより高コントラストで撮れますし、月が沈めばRGBも撮れそうです。
 
 昨晩は強風の可能性もありかつ短時間しか撮れない予報に、対象をイプシロンで6月16日街中でナローで撮影したペリカン&北アメリカ星雲の続きを少しでもと思って撮影を開始、予想より長時間晴れてくれたのでRGBも撮ってハイブリッド合成することにしました。

ペリカン&北アメリカ星雲 ナローバンドSAO+AOOにRGBのハイブリッド合成
前回のナローバンドSAO+AOOの時よりかなりナチュラルに近い感じで仕上げてみました。
イメージ 1
機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 ε-180ED F2.8 500mm
ガイド starlightXpress LodestarX2 Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -15℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon 
    S:SⅡ 5nm 5min(2×2ピニング) 18枚
    A: Hα 5nm 10min 17
    O:OⅢ 5nm 5min (2×2ピニング)27
    RGB:各5min(2×2ピニング)RGB4枚              
           
                  露出時間7時間35分。内昨夜は4時間10分
運良く撮影が出来嬉しい一晩でした。

この記事に

開くトラックバック(0)

梅雨明け宣言の後にもかかわらず天候が良くないです。せっかくの新月期なのにまだ一度しか遠征できていません。26日夜は福島の北部あたりが晴れそうな予報に長躯山形県境の白布峠まで遠征してきました。浄土平・蔵王と迷いましたがもっとも晴れそうな地点と考え白布峠にしました。標高1400mで若干米沢方面の光害が北方向にあるものの、その影響は少なくとても暗い良い観測地でした。この夜はみずがめ座流星群を見に来た方が何人か訪れていた他、同好の方は星景写真の方が一組いらしていました。

 天候は現地到着19時半の時点では雲が多かったものの、すぐに快晴となり濃い天の川を堪能できました。しかしその後23時前に東南から雲が出現し一時横切り撮影を中断し15分程度で再開できたものの、その頃からやや風が強くなりまた天の川の見え方も寂しくなり、透明度が落ちてしまったようです。条件はやや不良でしたが薄明まで撮影ができたのは大変うれしかったです。片道3時間以上かけた甲斐がありました。ただ翌日の仕事はきつかったです。体力の低下を感じました。
 対象は先日街中でナローバンドで撮影したIC5146 Cocoon Nebulaです。星雲の周囲の分子雲を表現したくてLRGBを撮影してきました。

IC5146 Cocoon Nebula LRGBに先日街中でのナローバンド撮影したものを若干ブレンド
イメージ 1


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒Mewlon-250CRS レデューサーCR0.73Xにて1825mm F7.3
ガイド starlightXpress LodestarX2 Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    L:10min19枚
    RGB各5min6枚(2×2ピニング)
    
    以下先日の街中撮影
    S:SⅡ 5nm 5min(2×2ピニング) 17枚
    A: Hα 5nm 10min 16
    O:OⅢ 5nm 5min (2×2ピニング)16
    
                        露出時間計10時間5分
                        内遠征分は4時間40分
 分子雲は淡くなかなかうまく表現できないです。

イメージ 2

分子雲をより炙りだしてみました。

この記事に

開くトラックバック(0)

梅雨明けとのことですが天候はよくないですね。せっかくの新月期なのにすっきり晴れてくれません。 18日夜は晴れて皆さん遠征に行かれたようですが、自分はその日は都合で遠征出来ませんでした。
 そんな中チャンスがあればと一昨晩は街中で晴れ間を狙い、昨晩は房総が晴れそうで遠征してきました。一昨夜も雲が多くあまり順調には撮れなかったのですが、昨夜も常に雲がよぎる天候で晴れ間に撮影開始するも雲ですぐ中断を繰り返すこと数十回、深夜にはやや安定してくれたので何とか撮影しました。一昨晩・昨晩とも全く気の抜けない状況で連夜撮影は疲れました。
 一昨夜は街中ナローで昨晩は房総でRGBとOⅢの撮影です。

ケフェウス座 IC1396 ナロー・ブロードハイブリッド合成
イメージ 1

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 ε-180ED F2.8 500mm
ガイド starlightXpress LodestarX2 Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -15℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon 
    S:SⅡ 5nm 5min(2×2ピニング) 7枚
    A: Hα 5nm 10min 11
    O:OⅢ 5nm 5min (2×2ピニング)21
    RGB:各5min(2×2ピニング)RGB4枚              
           
                      露出時間5時間10分
  
ハイブリッド合成ですがナローメインで描出しています。
連日の撮影はほぼ徹夜で翌日の仕事もこなして疲労困憊で画像処理半分眠りながらです。また画像処理は検討中です。
 
 ブロードバンド強めパターン
イメージ 2




ナローとのバランスをとったもの
イメージ 3



この3パターン作ってみました。
ナローバンドのカリッカリのディテール表現もいいですが、ブロードバンドの柔らかい表現もまた良いですね。
今回は遠征でのOⅢが効いてBが綺麗にでたと思います。天候不良でSⅡが不十分なのが惜しいです。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事