ここから本文です
天体写真Diary
天体写真の趣味に没頭している毎日です。
 昨夜は星友のひろたろうさんとご一緒に妙義山に遠征してきました。
天候はやや危ぶまれた状況でしたが、幸いにも薄明までほぼ快晴微風のグッドコンディションでした。現地は新月期の週末でもあり同好の方で賑わっていて、楽しい天文談義のひと時を過ごす事が出来ました。またひろたろうさんには、いつものとっても美味しいラーメンとコーヒーをご馳走になりました。ひろたろうさん、いつもありがとうございます。
 対象は当初銀河そして後半にはいて座の散光星雲をと考えていましたが、夜の短くなったこの時期では二兎を追う者は一兎も得ずになり兼ねないので、銀河は早々に諦め、後半の対象に備え焦点距離を1880mmから1250mmに変更し準備しました。しかし途中でのシステム変更は、冷却CCDを一旦取り外すためにその温度を戻す作業や、バランスの変更・極軸やアライメント再調整と、思いの外大変で時間のロスが多く課題が残りました。

 ほぼ徹夜の状況下で帰宅後、SAO合成のみで暫定的に画像処理をしてみました。シーイングも不良でしたので後日Hαを中心に再撮影の予定です。

 いて座 M8 The Lagoon Nebula
イメージ 1



機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 1250mm F5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    SⅡ5nm:5min 12枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 3枚
    OⅢ5nm:5min 12枚(2×2ビニング)
    RGB各5min 3枚(2×2ビニング)今回未使用

           露出時間3時間15分

この記事に

開くトラックバック(0)

 南会津にて追加撮影したM16をAOO+RGB合成で仕上げました。SAOも30%ブレンドしています。

M16AOO+RGB
イメージ 1

全体としてはナチュラルのイメージで中心部の構造はナローの良さを生かしたディテール重視にしています。

この記事に

開くトラックバック(0)

14日街中撮影したM16の追加撮影するため翌15日は単独で南会津に遠征しました。
14日もそうですが事前のSCWの予報は厳しいものでしたが結果としてよく晴れてくれました。予報に反し群馬や栃木もほぼ快晴だったようです。南会津まで行かなくても天候は大丈夫だったのですが、久々の南会津の暗い空に堪能した一晩でした。

M16
イメージ 1
機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    SⅡ5nm:5min 20枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 14枚
    OⅢ5nm:5min 24枚(2×2ビニング)
    RGB各5min 4枚(2×2ビニング)

           露出時間7時間

 周辺の淡い所の描写が向上しました。中心部は街中でほぼ十分ですがOⅢの追加でノイズ低減しました。RGBは恒星の補正のみに使用しています。
後日AOO+RGBも画像処理してみます。

この記事に

開くトラックバック(0)

2018年5月14日街中撮影M16

 昨夜は良い天候で遠征に行きたかったですが大変残念ながら夜勤でした。
そこで街中でナローバンド撮影していました。

M16
イメージ 1
機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    SⅡ5nm:5min 12枚(2×2ピニング)
    Hα5nm:10min 12枚
    OⅢ5nm:5min 10枚(2×2ピニング)

           露出時間3時間50分

 シーイングもそこそこでまずまずディテールは捉えられました。
また遠征で残りの撮影して仕上げていきたいです。

この記事に

開くトラックバック(0)

 5月10日の妙義遠征で後半の対象はM20でした。先日4月28日から3夜でナローで撮ったものですが、RGBとOⅢ追加で撮影してみました。結果的にOⅢが良くなかったのでRGBメインでHαを輝度の修正に使用して処理しています。

M20
イメージ 1


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL QHYOAG-Mでオフアキガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    
    Hα5nm:10min 26枚
    
    RGB各5min6枚
      露出5時間50分

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事