ここから本文です

書庫全体表示

火曜日は血内診察でした。
甘い唾液についてサラジェン顆粒の処方を聞いたところ、
自分はサラジェンの禁忌に入っているので処方できないとのこと。

サラジェンのうがいは保険適用できないので、
どうしてもとなれば自費になります。

サラジェンの禁忌には

次の患者には投与しないこと)

1. 重篤な虚血性心疾患(心筋梗塞,狭心症等)のある患者[冠状動脈硬化に伴う狭窄所見を冠状動脈攣縮により増強し,虚血性心疾患の病態を悪化させるおそれがある。]
2. 気管支喘息及び性閉塞性肺疾患の患者[気道抵抗や気管支平滑筋の緊張増大及び気管支粘液分泌亢進のため,症状を悪化させるおそれがある。
3. ・・・・



血液データは相変わらず白血球高め、ヘモが下がってきた。
イメージ 1

慢性GVHDが出る前の白血球は1万以下だったので、1万越えはGVHDのせいかなぁ?

悩みは、
大腸のポリープが癌化するか冠動脈の再狭窄防止の抗血小板薬の休薬するか
余命はどのくらい残っているか知りませんが、現在でも自分の体力の衰えを感じているのに、ここに癌の痛みや苦しみが加わるか、また心筋梗塞を起こすかを比較すると、やはりピンピンコロリがいいなぁ!!



抗血小板薬の休薬は自分の場合は出来ない、抗血小板薬二剤はステント部分の再狭窄の危険が高いからで、勧められません!、ヘパリン代替え療法もあるので、循環器と消化器内科と相談してください。





来週循環器受診なので、さてどっちにしたもんだろうか?

この記事に

  • 顔アイコン

    chuさん、こんばんは
    診察お疲れさまでした

    やはり、心臓が優先でしょうね。サラジェンは難しいですね。
    大腸ポリープは、がん化することは少ないのでは?

    白血球は、上下してないのでこれがchuさんの通常値なのかもね。

    にじます

    2018/5/10(木) 午後 10:16

    返信する
  • 顔アイコン

    > にじますさん こんばんは
    ポリープは3年前から大きくなってきていて、
    大きくなったポリープはがん化しやすいらしいので、大腸がんで数年先に苦しむより、今のうちに除去しておきたいのです。

    CRPもず〜〜〜と高めだし、白血球高めなのも
    GVHDの炎症が未だにあるかもね?

    来週、循環器受診で、相談してみます・・・

    chu

    2018/5/12(土) 午後 8:01

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事