ここから本文です

書庫全体表示

 叔母(88歳)が自分の入院中に亡くなり、おととい通夜に行ってきました。

喪服を着用するのは数年ぶりで、夏用はかなり前にサイズオーバーで着れなくなっていたので、冬用に足を入れると、何とかチャックも閉まるので、冬用を着て参列しました。

葬儀は、故人と家族の意向で、宗教色もなく、しのぶ会として行われました。従弟に聞きと戒名もつけずに個人の名前で納骨もするとのこと、はじめてのことで驚きました。

我が家と、叔母との関係は、母の弟と父の妹が結婚したので、従弟とも遺伝子的にもかなり近いものがあるはずですが、調べたことはありません。移植前に叔母の従弟との骨髄提供を聞いた時に、持病があるので断念したことがあります。

父方、母方の冠婚葬祭で出会うのはいつも同じ人々で、今回で両親の兄弟は皆あちらに逝ってしまいました。今度は我々いとこの番ですが、どうも自分が一番早いのかなぁ?と感じる時間で、今回は息子を連れて行き親戚に顔合わせをしてきたので、もし何かあっても息子がやってくれるでしょう!


帰宅してから、ズボンを下ろそうとしたときに、ベルトが緩みません!
かれこれ30年近く使っていたベルトで、皮の部分が多少べとついていましたがバックルに変な機能が付いていて、それが固着してベルトが緩みません!!

仕方なく、おなかを凹ませて、家内にハサミでベルトを切ってもらいました。あとでバックルの固着原因の部分を動かそうとしても手ではだめだったので、ペンチでやっと動かすことができました。



腹が出過ぎるのも困ったものだ!
入院中の体重が70㎏をほんの少し切ったのに、
もう以前の体重に近くなってきました。

この記事に

  • 顔アイコン

    chuさん、おはようございます
    それは、ご愁傷さまでした。お葬式に出席できてよかったですね。
    ベルトも大往生でしたね。
    おいしいゴハンで、ダイエットもなかなかですよね。

    にじます

    2018/9/22(土) 午前 6:57

    返信する
  • 顔アイコン

    > にじますさん
    こんばんは、
    父母の兄弟は全員で14人、皆個人になってしましました。
    いとこの中で、自分は二番目の年寄りだし、大病もしているので
    残念ながら、今度は自分の番だろうと思っています。

    ベルトは寿命でしょうね、切るとき、怖かったですよ!!

    お腹凹ませて、家内にズボンとベルトの間に裁ちばさみを入れて
    切ってもらいましたが、腹刺されるのはと怖かった。

    ダイエットは努力中です。

    chu

    2018/9/22(土) 午後 9:20

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事