ここから本文です
宅撮り天体写真のブログ
晴れたら撮ります宣言!
本日発売の天文ガイドに入選いたしました。5ヶ月ぶりの採用なので嬉しさもひとしおです。最優秀賞をいただい後は不採用が続いていました。
これはただ大きく撮るだけではなくテーマを持って取り組みなさいとのご指導と受け止めて(笑)
今回は秤動を意識して撮影対象を選びました。(という体で?結果的に?)(笑)

選評にあったように細長く見えているクラビウスと並べるとわかりやすかったですね。

これからはただ撮るでなく伝えたいテーマが伝わる写真を目指していこうと思います^^;

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

NGC6990 網状星雲

18日は予報に反して、夜中近くに晴れてきました。前の晩ほど透明度は良くないようでしたがシーイングが良いのか星像もややシャープに写っています。

2018/8/18 23:58~
NGC6990 網状星雲
R200SS skywatcher F4 COMA CORRECTOR - 2"
SBIG STL11000M Narrowband A(AO)O color composite
A 10min x8
O 10min x14
Toral 220min
SXP Auto Guide by QHY5LII&PHDII
Tokyo mizuho

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

昨晩はまるで秋のような気候で過ごしやすい夜でした。そのせいなのか?シーイングは酷い有様だったので久しぶりのDSOを撮りました。何カ月ぶりのかのnarrowband撮影なのでおもいだしながらの作業です^^;
Hαの画像ってこんなだったけ?とかフィルターの選択からとまどいの連続です。何んとか画像作成までたどり着きましたがnarrowbandとしては露光不足のせいで低照度部が荒れています。この時期の露光をかせぐのは夜の短さや天候が不安定のためなかなかうまく行きません。あまり細かいところは見ないでくださいm(. .)m

2018/8/17 23:30~
NGC6992 網状星雲
R200SS skywatcher F4 COMA CORRECTOR - 2"
SBIG STL11000M Narrowband A(AO)O color composite
A 10min x9
O 10min x14
Toral 230min
SXP Auto Guide by QHY5LII&PHDII
Tokyo mizuho
イメージ 1


この記事に

開くトラックバック(0)

夕方、西の空には金星と木星が見えます。木星のシーズンが終わりになりつつあります。今シーズンはなぜか大赤班を撮ることなく終わるのが心残りです。
Win juposの使い方も少しわかってきてまだまだ撮りたいのですが(笑)
まだ土星と大接近中の火星もあるのでもう少し楽しめそうです。
9月くらいからDSOも撮っていこうと計画中です。
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

火星大接近

2018/7/31は火星大接近の最接近日であったため各ニュースでも取り上げられていました。まさに今日しか見れない勢いで取り上げていました(笑)
それにのっかったわけではありませんが快晴ということもあり撮影しました。
二年前の小接近の時に224MCを購入したのですがそのころの写真と比べると上達したなあ^^;という思いです。
もっと上手に撮る方はたくさんおられるので使いこなしているとはまだまだ言えませんが8月いっぱいくらいは火星を楽しめそうなのでもうちょいがんばります!

Meade 16inc SCT
テレビュー パワーメイト4x
ZWO ASI 224MC
EQ8
F=20  f=8120mm
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事