黒黄金幹之虹ラメ

https://aquarium.blogmura.com/medaka/img/medaka88_31_hyou.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ(文字をクリック)して下さい。応援よろしくお願いします。皆さん黒黄金体外光虹ラメ幹之または、黒紅体外光虹ラメ幹之作出できそうと思っているのは自分だけでしょうか?常識にとらわれない交配は失敗することがほとんどですが、万が一と言う事があるのではないかと思っています。だめもとで二通り交配を考えています。色々妄想するのはとても楽しいです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

https://aquarium.blogmura.com/medaka/img/medaka88_31_hyou.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ(文字をクリック)して下さい。応援よろしくお願いします。御覧の交配に成ります。虹ラメにはなっていませんが、ヒカリ体型でラメの入りは一級品だと思います。これとは別の交配で一匹だけ赤ブチ虹ラメヒカリがいますので、それとペア組して様子を観ます。また昨日紹介した黒ラメヒカリとでの交配もします。黒ラメヒカリは黒幹之虹ラメと赤ブチ虹ラメヒカリタイプでの交配も考えています。雑種の中にお宝めだかが現れますので、交配しまくる次第です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

黒ラメヒカリ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

https://aquarium.blogmura.com/medaka/img/medaka88_31_hyou.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ(文字をクリック)して下さい。応援よろしくお願いします。元々黒龍、黒峰にラメを入れたいと取り組んで3年、ラメ幹之を掛け合わせているのですが、最初から極ラメを使用していれば、もうすでに黒極ラメヒカリとなっていたでしょう。去年の黒ラメヒカリ種親と比べるとラメの数は数段上がっていますが体色が数段下がっています。ここからまず黒極ラメヒカリを目指して、それから累代して黒体色を上げて行きます。ちなみに写真のめだかはF2で自家産青強ラメヒカリとの掛け合わせです。黒いめだかは、透明容器で退色しないので良しとします。来年はこの黒に自家産黒極ラメヒカリを掛けます。(透明容器で退色するめだか)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

https://aquarium.blogmura.com/medaka/img/medaka88_31_hyou.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ(文字をクリック)して下さい。応援よろしくお願いします。まず自分の基本的な考え方を書きます。いまや非透明鱗三色は沢山の商品名で流通していますが、品種にすると同一品種と考えています。ただグレードが良いか、悪いかの差ではないでしょうか?
御覧のめだかは(三色虹ラメ♂×三色幹之♀)F1です。ここでの狙いは三色虹ラメ体外光を作出する事です。黒幹之虹ラメが出たと言う事で、これはいけると確信しています。次期種親候補とそうでないめだかに分けました。そうでないめだかの方に白ブチ虹ラメ体外光がいますので期待大になるでしょう。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

https://aquarium.blogmura.com/medaka/img/medaka88_31_hyou.gif
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ(文字をクリック)して下さい。応援よろしくお願いします。(雲州三色から生まれた紅白♂×紅白虹ラメ♀)F1は、一目ぼれしてしまい落札しためだかです。仲間にこのめだかを見せにいった所、雲州三色を最初に譲り受けたお店に近い方なので、間違いないのではとの事でした。今年の9月8日に落札して10月初旬まで採卵しましたが、結果は上々で思った通り紅白体外光が生まれています。三色虹ラメは白ブチ虹ラメから生まれた自家産です。このめだか達から三色虹ラメ体外光、紅白虹ラメ体外光を目指したいと思います。出品した方はF5くらいには、種親の選択を間違わなければ見応えの有る紅白虹ラメが高確率で生まれるでしょうとの事でした。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事