作る日々、作られる日々

模型コミュニティ「fg」参加中!http://www.fg-site.net/members/16209

全体表示

[ リスト ]

時代は変わった・・・

イメージ 13

ゴールデンにやっている「深イイ話」というバラエティ番組があるのですが、





そこでモデル女優さんの私生活再現VTRにて

「けいおん!」「狼と香辛料」のフィギュアが映されていたようですwww
イメージ 7
イメージ 8


美人のモデルさんの家に、再現とはいえ美少女フィギュアが机に置かれている…。
それであんまりクレームや違和感が噴出しない。

今はそんな時代なんだなあ・・・と思った25歳の私。


私が中学生・・・12歳のころ。
美少女フィギュアはおろか、深夜アニメを見ているというだけで学校のクラスからは浮いたり、つらつけない態度を取られてしまう時代でした。

クラスの人の目の前で公言できることと言えば
「マリオの新作なんだっけ?」「メタルギアソリッドの続編楽しみ!」がせいぜい。
アニメの話題なんて、少年ジャンプ系列か夕方にやっていた「スクライド」の話がいいとこ。


当時の深夜アニメ「ノワール」や「シスタープリンセス」の話をうっかりポンと出そうもんなら、もうイジメもんでした。
朝の魔法少女アニメなんてもはやリンチもん。オタ仲間の中でこっそりと集まって「おジャ魔女ドレミ」の話を展開していたのが当時の風潮だったのです。

ドラマ「電車男」に出ていた、イヤ〜な女性上司の主人公に対する反応こそが、世間一般の反応でした。
最近のアニメにおいてでも、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」で主人公の父と綾瀬が露骨に生理的嫌悪感を出して今したね。
あれが、2000年代中盤に至るまでの、世間一般のアニメに対する姿勢そのものでした。



しかし・・・。いまはどうでしょう。
昼のワイドショーにはガンダムUCけいおん!が並ぶ画面が映り
ゴールデンのバラエティ番組にすら深夜の美少女キャラクターは10年前に比べ頻繁に出るようになりました。

イメージ 9

イメージ 6



ゴールデンにやっていた全世代別アニメランク番組で、小〜中学生世代のテレビ投票で、人気ある女性キャラに平沢唯がランクインしていたり・・・
魔法少女まどかマギカが「これからのトレンド」として紹介されたのは本当に意外でした。

イメージ 11
イメージ 10
イメージ 12




もはや小学生や中学生の間で、深夜アニメ〜萌えアニメの話題をすることもさして珍しいことではなくなったのかもしれません。
夕方のアニメが少年ジャンプ系列以外衰退しきり、それに代わって大人の男性たちが夢中になる美少女アニメと朝の魔法少女アニメが台頭してきた流れもあるのでしょうね。

特に、「プリキュア」の台頭っぷりは恐ろしい。
今年の「スマイル・プリキュア!」の人気は並みならぬものがあります。
今までプリキュアなどニコニコ動画にロクにランクインしてませんでしたが、この春からやたらとプリキュアネタ関連の動画が頻繁にランキング上位に入っているようになったと感じます。

普通の女児向けアニメというのは、あまり話題にはならなかったものです。
しかし、これだけは様相が違うようです。

「カイジがプリキュアに参加したら」や、プリキュアの魚眼表現シーン、キュアピース変身シーンなど、それまでの「フレッシュ!プリキュア」「ハートキャッチ!プリキュア」などよりもはるかに勢いがあり、購買も促進されている模様。
確かに、私から見ても、プリキュアのキャラ達は非常に愛らしく、恋い焦がれる感傷を持ってもおかしくないと感じますね。ふっくらした頬を持つキュアピース、大人びたセクシーな空気を纏ったキュアビューティ・・・。
イメージ 1
イメージ 5



ディスクの売り上げ見込みに予算が左右される深夜アニメに比べ、大手玩具スポンサーから膨大な予算を与えられている「プリキュア」。当然、動画のクオリティも相当なもの。
それに、女児向けですから、露骨な異性恋愛描写よりも同性間の友情を促進する展開が多い為、男性キャラをディスっている現在のアニメファンにとってはまさに夢のような逸材揃いのアニメが、「スマイル!プリキュア」なわけです。

女児向け作品の製作にも、美少女アニメを見て感化された男性たちが入ってきたこともあるのでしょう。新しい女児向けアニメを作ろうとせんとばかりに、「明日のナージャ」が盛大にコケてしまったのも今は昔・・・。


以上のように、どんどんと女児アニメ&深夜アニメが世間一般の目にさらされ、それもだんだんと浸透していっています。

僕が中学生時代からは想像がつかないくらいに。

しかし、いつからでしょうか?
始まりは「涼宮ハルヒ」が「AQUO」ガムのCMに登用されたあたりからでしょうか?
家電や重工業、J−POPなど、最近まで世間一般から「まともなビジネス」だとされてきた事業が次々と破綻し、しぶとくコツコツと成長していたニッチな萌えアニメ事業が比較的儲かるジャンルだと認識され直したためではないでしょうか・・・。


それだけ、日本のサブカルに底力があったと思うべきか・・・
それとも、日本はもうそこまで追い詰められていると考えるべきなのか・・・。







・・・今から約10年、こんな18禁ゲームがありました。
その名は「アキバ系彼女」。
イメージ 14

登場する美少女ヒロイン全員をアニメオタクにひきずりこんでしまおう、というゲームです。
エロゲーなので、あまり突っ込んだことは言及しませんが・・・

コミカルに、時に生々しく、身の丈の恋愛が始まる。
舞台はごく普通の学院と心の聖地「秋葉原」
表現されるのは、まごうことなき蒼い春の群像劇。

今年進学の主人公は、自分の趣味(アキバ系)が、
一般人、特に「女性」には理解され難たいものだと感じていたが、
自ら良しとしていた。
何故なら、
「人は誰でもアキバ系要素を秘めている」ことと
「趣味全開で生きる人間の素晴らしさを信じている」から。

だからこそ、それ系のサークルである「ダイ部」への入部を決心し・・・
同時に男性の憧れの美女である「一般人のあの娘」を
「自分色」に変えて見せることを心に誓う。



当時としては、
「うはwwとうとうカノジョをオタクにするとかバカじゃねーのww」
「女がアキバに来るとか妄想すぎるw その発想は無かったwwさすがエロゲーww」
という感じで作られたゲームだったことでしょう。

実際、私も高校生になった時(2004年)、家族に向かって「秋葉原行く」なんて恥ずかしくて言えませんでした。
そんなこと言おうもんなら、姉からしばらく白い眼で見られたことでしょうし。
そもそも当時の日本女性からしたら、秋葉原なんて魔境のジャングルみたいなものに思えたことでしょう。



・・・
・・・・・・
しかし・・・それから10年後・・・。
これが今の秋葉原です。
イメージ 2
秋葉原駅前「アトレ秋葉原」店内。ごくごく一般的なデパートの風景。

イメージ 3
まるでラコステやアディダスのファッションバッグのように化したアニメグッズ。

イメージ 4
「秋葉原」の文字の隣に女性用美容グッズ。
今ではもはや何とも感じないのが、時代の変化の恐ろしさ。


また、先日雑談として挙げられた、「【女子のホンネ】 ドライブデートでムカつくオトコの選曲ベスト5」という話題でも、アニソンはJ−POPに比べて、ムカつくランクが低く、アニソンとJ−POPのかつての優位度が逆転した兆しがあるようです。


今までアニメにソッポを向いていた女性たちも、2010年以降は秋葉原に足を通うようになっているのではないでしょうか。
以前、秋葉原のヨドバシの中華料理屋で飲みをしていた時、左隣のポップな格好をしたカップルが「魔法少女まどか★マギカ」の話に花を咲かせていたのを見て、改めてビックリしたものです。

そこでふと思いました、
「アキバ系彼女」で書かれていたことは、戯言妄想などではない!未来予想だったんだ!と。

先に紹介した、一文を読み返してください。

今年進学の主人公は、自分の趣味(アキバ系)が、
一般人、特に「女性」には理解され難たいものだと感じていたが、
自ら良しとしていた。

何故なら、
「人は誰でもアキバ系要素を秘めている」ことと
「趣味全開で生きる人間の素晴らしさを信じている」から。

下の二行を見てみてください。
「人は誰でもアキバ系要素を秘めている」
「趣味全開で生きる人間の素晴らしさを信じている」

近年、ネットの普及と、テレビ娯楽の衰退、不況による大衆娯楽の安価化が進み、それらに伴い趣味の多様化が指摘されていますね。、
震災が起き、政治不信が長引き・・・、よりストレスの無い生活スタイルを推奨する世の中になってきてから、より趣味の多様化を容認する風潮も出てきたように思えます。


近年の深夜アニメ容認&普及の流れもその結果といえるのではないでしょうか?
なにせ、深夜アニメで美少女しか出てこない学園萌えアニメ「けいおん!」が、予想に反して一般邦画に肩を並べるほどの興行収入を得たところからも、それは一目瞭然。



「アキバ系彼女」で書いていた、あの二つのフレーズは、まさに2011年以降の人間の趣味嗜好への考え方を先取りしていたと考えるべきではないでしょうか。


閉じる コメント(2)

顔アイコン

大学に入って女子のボーカロイド好き・アニメ好きの多さに驚きました。自分でカミングアウトする人もいたのですが、『エーッ』って反応はなくて、『オーッ』って反応が多かったです。
自分が中学の頃は、自分でカミングアウトして結局浮いてたんですが……数年でも結構変わるもんですな。

男子ではプラモ好き・ロボ好き・ミリタリー好きもいました。高校の頃より同趣味の友達が増えて万々歳です。
もうさして隠すほどのことでもなくなっているのかもしれませんね。 削除

2012/7/20(金) 午後 0:04 [ フランカーG ] 返信する

顔アイコン

フランカーG様
オーって反応。分かります。
僕も同期間の自己紹介で、まどかマギカにハマってると言った所「ああ、あのアニメか」という反応でした。他にも「あの花」の話題で他のグループは盛り上がってたりしましたし、
けいおんに至っては基礎共通知識になってましたよ。
僕がサークルに入ったころはまだニコニコも知名度低く、アニメはまだアングラ扱いでした。しかし後になって知ったのは、当時の先輩方もかなりの腐女子&アニヲタだったこと。みんなやっぱり隠してたんだな〜と。

大学で知り合いになった方々は是非とも大事になさって下さい。
映画「ゴールデンスランバー」みたく、いつ何時仲間を頼りにする時がくるか分かりませんから(笑)

2012/7/23(月) 午前 1:47 [ コスオルモス ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事