全体表示

[ リスト ]

中山道の芦田宿の近くにカタクリと野草の寺で有名な「津金寺」があります。
今年は、「サクラ」「カタクリ」「アズマイチゲ」と「水芭蕉」が同じ時期に花が見頃になっています。

イメージ 1


約2万株あるカタクリの花が最盛期を迎えかれんな淡い紫色の花が日当たりのよい斜面を彩りだしています。

イメージ 2


裏山東側斜面に群生地があり、また境内一帯は県郷土環境保全地域に指定されおりアズマイチゲ、ニリンソウなどさまざまな山野草が自生しています。

イメージ 3


早春のカタクリ、サクラに始まり、夏のホタル、初秋の萩、晩秋の紅葉、雪景色の冬と、四季を通じて心を癒やす古刹の佇まいに触れることができます。

イメージ 4


この寺の歴史は古く、大宝二年(702)大和薬師寺の僧行基により、聖観音を安置し、仏教敷衍の場としてこの寺が開かれた。その後、信濃の国の地方学問所として、学問や文化交流の担い手として今日に至っている。





森の人

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事