全体表示

[ リスト ]

今年は雨が多くて、心配していましたが咲きだしほっとしています。
夏の終わりころに咲き出して「夏水仙」とは可笑しいような気がします。

「秋水仙」にしたらよいと思うのですが。「水仙」と名が付いていますが、実は「ヒガンバナ」科で
突然茎が地中から伸びて先っぽに花が咲き、彼岸花と同じような成長をする。

イメージ 1


ある日突然ヒガンバナのように葉が出ず、茎が伸びて先にユリのような花が咲き出した。
薄いピンク色でキスゲに似ている花が毎日のように増しながら咲き出すのを楽しみにしている。

イメージ 2


山野草ではなく中国からの渡来植物でヒガンバナ科に属する。
韓国では花と葉が同じ時期に出ることがないことから「葉は花を思い、花は葉を思う」と言う意味で
「相思華」と呼ぶ。

イメージ 3


「ナツズイセン」も「ヒガンバナ」と同じく毒があり、田舎ではお墓や畑の土手に植わっている。
鼠に穴を掘られるのを防ぐため毒のある「ヒガンバナ」を植えるらしい。



花言葉は素敵な花なのに「悲しき思いで」。





森の人

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事