全体表示

[ リスト ]

今年も「ツリフネソウ」は天候のせいかもしれませんが、同じ一株でも株が小さく花も少ないようです。
名前の由来は、花の形と付き方が帆掛け舟を吊り下げたように見えることに由来する。

イメージ 1


「釣船草」ともいうが、「吊舟草」の方がしっくりしているような姿をしているようだ。

イメージ 2


湿って薄暗い場所を好み群生しているようで、他の植物の陰に生えていて、あまり自己主張をしていないような弱々しく生きているようです。

イメージ 3


花の色は赤が一般的ですが、数が少ないが黄色の花を付けているのもある。

イメージ 4



花言葉は「安楽」、「心を休める」、「私にさわらないで」など、花に触れると種が飛び散るところからついたのだろう。




森の人

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事