ギャラリー おまけ

引越し中:https://megmynit.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

.
原題:Black Swan 伊題:Il cigno nero
監督:ダーレン・アロノフスキー


なんとも壮絶なお話でした。
クラシックバレエ『白鳥の湖』のお話をベースにした、サイコスリラー? ですけれど
こんなホラーでパラノイックな作品とは思いもせず・・・
観終わった後には全身から羽がぷつぷつ生えて来ちゃうかと思うくらい、
すっかり作品と、ナタリー・ポートマンの演技に取り込まれていました。

う〜〜(((( ;゚д゚)))ブルブル


          *       *       *       *       *


ニーナ(=ナタリーポートマン)はクラシックバレエのバレリーナ。New York City Ballet団の一員で、日々研鑽を積み重ねています。

かつてやはりバレリーナだった母(=バーバラ・ハーシー)の厳しい管理下、演目のプリマドンナを射止めるべく、その生活はバレエ一色。

役を巡るしのぎを削る争い、嫉妬、焦り、舞台裏の陰湿な雰囲気は、観客をある種の精神不安の中に放り込んでしまいます。

新しい演目『白鳥の湖』の主役候補に残ったものの、強力なライバル、リリー(=ミラ・クニス)の存在と才能におびえるニーナは、役をもらおうと意を決して舞台監督(=ヴィンセント・カッセル)の元を訪れる。

一方、前演目までのプリマドンナ、ベス(=ウィノナ・ライダー)は役をはずされて絶望の淵に・・・

ニーナは念願かなってプリマドンナに。それでも公演初日まで続く主役を巡る水面下の争いは続く・・・

はたして・・・王子の本当の愛を射止めることはできるのか、悪魔の呪いが解けて本来の姿に戻ることは出来るのか?

そしてタイトルにもなっている、“黒鳥”とはいったい?


          *       *       *       *       *


ニーナの役は、ナタリー・ポートマンにしか出来ないのではと思うくらいぴったり。
ガラスのような脆さを抱えて、それでも果敢に戦おうとして、その結果破綻するニーナという役を体当たりで演じていました。

ここから、ややネタバレです。



          *       *       *       *       *


これはね、母と娘との関係を描いたお話でもありましたね。
母の方は自分の達成できなかった夢を娘に託し、娘の方は母に対する負い目から、それを忠実に実行しようとするんですね。
ほとんど拒食症のようになっている娘の体も精神状態も痛々しいのですが、この人生の舞台を降りるわけにはいかない。

娘が就寝するときに、母が子守歌がわりにかけるオルゴールがあるのですけれど、娘はまさにそのオルゴールの上で踊らされる“人形”みたいなものなんですよね。

ところが、彼女に役が巡ってきて、一人で踊らなくてはいけなくなってくると、“表現する”ことで躓くんですね。なぜなら表現とは“自分自身”と対峙することだからなんです。

自分の殻を破って、内面にあるものを表現しろとけしかけられ、自分の“性”を解放することをけしかけられる。

ところが、彼女の内面には“自分”が見つからない。
なぜなら、その内側には“母の影”しかないからなんですね。 恐ろしいですね〜
その影を『白鳥の湖』の“黒鳥”として表しているのでしょうね。

性を解放することによって、今まで抑えていたものが姿を現しはじめると、その影がだんだん制御不能になってくる。
ニーナは次第に自分の地位を脅かすリリーの存在と、自分の中にあって自分を凌駕している母の影との区別が付かなくなってくるんですね。

これは、アイデンティティ・クライシスを描いたお話ともいえると思うのですけれど、それを肉体を使って表現するというところが、やはり監督の素晴らしいところなのではと思いました。
肉体こそが、個でもあるわけですからね。

なんか、こういうのはちょっと覚えがあるというか。
女性なら誰でも多かれ少なかれ、母親との関係でこういうことを経験しているのではないでしょうか。

でも、こういうストーリーがリアルだと思えるのは、女性がキャリアを求めるようになったからなのでしょうか。
現代の多くの女性に通ずるところもあるのではと感じさせる作品でした。

そういえば、ふと思い浮かんだのは、卓球の○ちゃんとか、バイオリンの五○さんでした。

男性がこれを見てどう感じるのかとても興味のあるところです。

閉じる コメント(42)

そうだ〜あのオルゴールはニナでしたね〜
自己が見つからないからブラック・スワンが踊れないんですよね。
白鳥は練習で作れるけど…って事ですね。
あ〜また一つ深く解釈出来ました。
わかります。卓球の○ちゃん。。。そそこういう関係ってよくあると思います。何ともそのあたりも監督が凄いって思いました。
あっ!いすからはシートベルトしてたので落ちませんでした(笑)
てか・・・これ面白かったです!監督凄いですね。
TBお願いします。

2011/5/12(木) 午後 3:38 ひかり

アバター

ひかりさん あのオルゴールは象徴的ですよね〜。
私は現代の女性のお話としてこの作品を観たので、黒鳥の存在をそういう風に感じられました。
観る人によって、また別の感じ方もあるかもしれないですね。
自己実現って昔は男性の話だったけれど、今は女性が必死になる時代ですね。
そういう時代を捉えている監督もすごいなぁって思いました。
あはは、シートベルト着用ですね(´▽`)アハハ
TBありがとうございました♪

2011/5/12(木) 午後 6:49 megmynおまけ

アバター

おまちゃんさすが〜♪言いたいけど、言葉にできない部分が
おまちゃんの感想と解説でスッキリしたよぉ〜(o^−^o)
本当にニナもママも可哀想でした・・・
すごい・・・ただただ、すごい作品でしたねぇ(;・∀・)
TBさせて下さいね〜♪

2011/5/12(木) 午後 10:11 フラン

アバター

フランさん えぇ〜ほんとに?それはよかった。
あたしはかなり作品に入り込んでしまって、自分勝手な感想書いちゃったんだけど、共感してもらえたとしたら、嬉しいです♪
そうそう、ニナもママもかわいそうでしたよね。
苦しかったけれど、ほんとすごかったよね〜!
TBありがとうございます^^

2011/5/13(金) 午前 3:55 megmynおまけ

あ、そうそう
母親との関係がテーマでもありましたよね〜
なんだかリアリティがありますよね

TBしますね(●´∀`)ノ

2011/5/13(金) 午前 8:26 [ 翔syow ]

アバター

翔さん なんだかリアリティーありすぎましたw
色んな要素も絡んで、色んな風に観られる作品ですよね。
TBありがとうございました。

2011/5/13(金) 午前 9:39 megmynおまけ

顔アイコン

根源は、「母と娘」ですよね、やはり。
でも、それをここまでの物語にする監督が凄いです〜。
もちナタリーの演技もあってこそですが。
かなり満足できた作品でした。
TBしますね〜〜!(・ω・)bグッ

2011/5/14(土) 午後 6:42 Kaz.Log

アバター

( ̄-  ̄ ) うーん、感想が深いわ〜!
母親の相反する感情もうまく描かれてましたよね。
娘の成功を祈りながらもちょっと嫉妬も入ってしまうような。
バーバラ・ハーシーも上手かったですね。
TBさせてくださいね。

2011/5/14(土) 午後 8:23 木蓮

アバター

Kaz.さん そうですね、ここまでの物語にした監督の手腕は凄いですね。
ナタリーにこの役のオファーがあったのが8年前なんだそうですね。
ずいぶんと時間をかけて作っているのですね。
Kaz.さんから観ても満足できる作品だったんですね。
TBありがとうございました。

2011/5/14(土) 午後 9:36 megmynおまけ

アバター

もくれんさん そうそう、母親の相反する感情もうまく描かれていましたね〜!
うんうん、成功を祈りながら、嫉妬も入るという。リアルですよね。
そうですねバーバラー・ハーシーの狂気の母も凄かったですね。
TBありがとうございました。

2011/5/14(土) 午後 9:40 megmynおまけ

顔アイコン

オルゴールは象徴的でしたよね。ニナは自分が徹底してなくて、ベスの物を盗んだりしてベスにもなろうとしますよね。
この監督はいつもインナーの方へ入るから、レスラーとかダンサーとかフィジカルな題材はナイスな選択だったと思います。
自分がないとリアルに考えると身体表現って難しいと思うのですが、その辺は難しバレエ芸術論にならずにうまくラストまで持って行っていると思います。
でも、セクシュアルの発露の仕方が少々男性的な感覚かな、て思いましたww
この監督らしい作品でした。
TBさせてくださいね。

2011/5/17(火) 午前 8:17 [ miskatonic_mgs_b ]

アバター

miskatonicさん そうですね。自分に無いものをベスやリリーと同化することで得ようとしたのでしょうか。
私もこの話は、人間の内面の話として観たので、身体表現はその象徴という風に見えました。
そうですね、自己の開放と性を結びつけるのは、男性的な発想だというのはあると思いますね。
TBありがとうございました。

2011/5/17(火) 午後 5:59 megmynおまけ

顔アイコン

ナタリーの演技も素晴らしく、監督も天晴れな作品でした。
母娘関係が印象的でした。ハネケの「ピアニスト」を思い出しました。
TBお願いします。

2011/5/18(水) 午後 2:09 オネム

アバター

オネムさん ナタリーの演技は本当に素晴らしかったですね。
監督の演出も冴えていましたね。
ご覧になったみなさん、ハネケの「ピアニスト」を思い起こしたみたいですね。
TBありがとうございました。後ほど伺いますね。

2011/5/18(水) 午後 7:43 megmynおまけ

顔アイコン

先日ようやく観に行きました〜。
ややネタバレの部分も読ませていただきました。

・・・この映画そのものよりおまけさんのレビューに心底感服ですよっ。

今さらの感がありますけど、なかなかこんな風に自分のコトバで論理的には表現できないですよ。

そうそう、み○りさん母娘ね。ワタシも常々感じてました。大変だったろうなあ、と。(余計なお世話か?)

2011/5/19(木) 午後 9:25 雨林URIN

顔アイコン

雨林さん いやいや、結構格闘してます(´▽`*)アハハ
でもね、そうそう、なるべく自分のコトバで書きたいなぁっていうのはあるのね。
でも人に伝わってるのかなぁ〜っと不安になりつつ。
雨林さんの表現手法にあこがれていますよ〜ふふ
ありがとうね(^ー^)

そそ、み○りさん母娘ね。余計なお世話と思いつつ、心配しちゃうよねw

2011/5/20(金) 午前 3:54 megmynおまけ

顔アイコン

うんうん、一見シンプルなようで、奥深さのある作品でしたよね。
ナタリーの渾身の演技、大変見ごたえがありました。
TB、させてくださいね。^^

2011/10/30(日) 午前 0:15 サムソン

顔アイコン

あれ、、TBできない。 すいません。。

2011/10/30(日) 午前 0:17 サムソン

アバター

サムソンさん そうそう、奥深さのある作品でしたよね。
やはりナタリーの演技に負うところも大きいですよね。
この役のためにずいぶん時間をかけたようですしね。

2011/10/30(日) 午前 1:12 megmynおまけ

アバター

サムソンさん いえいえお気になさらずに。
コメントありがとうございました。

2011/10/30(日) 午前 1:13 megmynおまけ

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事