ギャラリー おまけ

引越し中:https://megmynit.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全170ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Yahoo!のブログサービスが今年12月に閉鎖されるという報を受けて引越し先を探しています。
振り返ってみたら10年以上にわたる月日の記録になっており、なるべくそのまま残しておきたいのですが、そうもいかないようで、記事その他、交流を含めて残せる方法を探しています。
とりあえず、FC2に記事をうつしてみました。最終的な引越し先になるかはまだわかりませんが、URLをお知らせいたしますのでリンクを張っていただければと思います。


最近めっきり更新が途絶えてはいるものの、こちらで交流させていただいた方々とは引き続きお付き合いさせていただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

ひきつづき他のブログも検討しておりますので、変更がある時にはまた改めてお知らせいたします。
作品賞

■『ブラックパンサー』
■『ブラック・クランズマン』
■『ボヘミアン・ラプソディ』
■『女王陛下のお気に入り』
■『グリーンブック』
■『ROMA/ローマ』
■『アリー/スター誕生』
■『バイス』


監督賞

■スパイク・リー 『ブラック・クランズマン』
•パヴェウ・パヴリコフスキ 『COLD WAR あの歌、2つの心』
■ヨルゴス・ランティモス 『女王陛下のお気に入り』
■『アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』
■アダム・マッケイ 『バイス』


脚本賞

■ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー 『グリーンブック』
■デボラ・ディヴィス&トニー・マクナマラ 『女王陛下のお気に入り』
■アダム・マッケイ 『バイス』
•ポール・シュレイダー 『ファースト・リフォームド(原題) / First Reformed』
■『アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』

脚色賞

■ブラッドリー・クーパー、エリック・ロス、ウィル・フェッターズ 『アリー/スター誕生』
■『ニコール・ホロフセナー、ジェフ・ウィッティ 『キャン・ユー・エヴァー・フォーギブ・ミー?(原題) / Can You Ever Forgive Me?』
•バリー・ジェンキンス 『ビール・ストリートの恋人たち』
■スパイク・リー、チャーリー・ワクテル、デイビッド・ラビノウィッツ、ケヴィン・ウィルモット 『ブラック・クランズマン』
•ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 『バスターのバラード』


主演男優賞

■クリスチャン・ベイル 『バイス』
■ブラッドリー・クーパー 『アリー/スター誕生』
•ウィレム・デフォー 『永遠の門 ゴッホの見た未来』
■ラミ・マレック 『ボヘミアン・ラプソディ』
■ヴィゴ・モーテンセン 『グリーンブック』


主演女優賞

■『ヤリッツァ・アパリシオ 『ROMA/ローマ』
•グレン・クローズ 『天才作家の妻 −40年目の真実−』
■オリヴィア・コールマン 『女王陛下のお気に入り』
■レディー・ガガ 『アリー/スター誕生』
■『メリッサ・マッカーシー 『キャン・ユー・エヴァー・フォーギヴ・ミー?(原題) / Can You Ever Forgive Me?』


助演男優賞

■マハーシャラ・アリ 『グリーンブック』
■アダム・ドライヴァー 『ブラック・クランズマン』
■サム・エリオット 『アリー/スター誕生』
■『リチャード・E・グラント 『キャン・ユー・エヴァー・フォーギヴ・ミー?(原題) / Can You Ever Forgive Me?』
■サム・ロックウェル 『バイス』


助演女優賞

■エイミー・アダムス 『バイス』
■『マリーナ・デ・タビラ 『ROMA/ローマ』
•レジーナ・キング 『ビール・ストリートの恋人たち』
■エマ・ストーン 『女王陛下のお気に入り』
■レイチェル・ワイズ 『女王陛下のお気に入り』


外国語映画賞

■『万引き家族』(日本)
■『『ROMA/ローマ』(メキシコ)
•『COLD WAR あの歌、2つの心』(ポーランド)
•『カペナウム(英題) / Capernaum』(レバノン)
•『ネバー・ルック・アウェイ(英題) / Never Look Away』(ドイツ)

長編アニメ映画賞

•『インクレディブル・ファミリー』
■『犬ヶ島』
•『シュガー・ラッシュ:オンライン』
•『未来のミライ』
•『スパイダーマン:スパイダーバース』



今年は観ている本数は少ないのですが、意外とピンポイントで観ていることがわかった。
2019/02/09

作品賞候補を見終わりました。
今年はこれ!というのがあまりなかったかな。
面白かったのは『女王陛下のお気に入り』。そして『バイス』は強烈な作品でした。


Filmarks ID:megmyn
こちらのアプリを最近は使っています。よかったら交流しましょう。

Mara- Heitor Pereira

音楽や匂い、味の好みというのは理屈じゃないと思う。たぶん、子供の頃に刻み込まれているようなものかもしれない。この曲を聴くたびにそう思う。うちのプレイリストでよくかけているのはボサノバなどを中心に集めたものなのだが、この曲がかかるたびに、これ好きだなぁ〜誰だっけ?っていうことになる。でもあえて探すというのでもなくいたのだが、昨日ふと、そうだShazamがある!ということに気づいた。そしてようやくこれがMaraという曲で(女性の名前だろう)、作者がHeitor Pereira (ヘイター・ペレイラ)というブラジル人であることがわかった。検索してみても映像と曲がいっしょになっているものがなかったので、なんだか絵にならないけど、曲だけ貼っておきます。この方映画音楽を手がける作曲家で最近ではミニオンのシリーズも手がけている。ミニオン大好きなのでなんだか嬉しくなった


Mara

2018/2019年度

<機内> 2019/06/10
・Logan
・白鯨との闘い
・The big year
・The bodyguard
・The Intern

-Rocketman 2019/06/07
-Aladdin 2019/05/26
-Dolor y Gloria 2019/05/19
-AVENGERS: ENDGAME 2019/04/26
-DUMBO 2019/03/31
-VICE - L'UOMO NELL'OMBRA 2019/03/05
-ROMA 2019/02/26
-COPIA ORIGINALE 2019/02/24
-IL CORRIERE - THE MULE 2019/02/12
-REMI 2019/02/10
-IL PRIMO RE 2019/02/04
-LA FAVORITA 2019/02/03
-GREEN BOOK 2019/01/31

・君の名前で僕を呼んで 2019/1/2 DVD
・ウィンストン・チャーチル 2018/12/30 DVD
・ザ・スクエア 思いやりの声域 2018/12/29 DVD
・女と男の観覧車 2018/12/28 DVD
・シュガーラッシュ 2018/12/28 DVD
・ファンタスティック・ビースト 2018/12/27 新宿

機内(台湾)
・ミッションインポッシブルfall out(途中まで) 2018/12/16
・ハンソロ 2018/12/13

-ボヘミアン・ラプソディ 2018/12/07
-ヴェノム venom 2018/12/07

<機内>
-DEADPOOL 2
-Ocean's 8
-TAG
-Jurassic World (2) Fallen Kingdom


-Millennium - Quello che non uccide. 2018/11/05
-A star is Born 2018/10/12
-BLACKKKLANSMAN 2018/10/02
-Girl 2018/09/30
-un affare di famiglia 2018/09/23 万引き家族
-Ritorno al bosco dei 100 acri 2018/09/16
-Mamma mia! ci risiamo 2018/09/10

■見た
・未見
☆アカデミー賞

<作品賞 ノミネート>
■☆『シェイプ・オブ・ウォーター』
■『スリー・ビルボード』
■『君の名前で僕を呼んで』
■『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
■『ダンケルク』
■『ゲット・アウト』
•『レディ・バード』
•『ファントム・スレッド』
■『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

<監督賞 ノミネート>
■クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』
■ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』
•グレタ・ガーウィグ 『レディ・バード』
•ポール・トーマス・アンダーソン 『ファントム・スレッド』
■☆ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』

<脚本賞 ノミネート>
•エミリー・V・ゴードン、クメイル・ナンジアニ 『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
■☆ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』
•グレタ・ガーウィグ 『レディ・バード』
■ギレルモ・デル・トロ、ヴァネッサ・テイラー 『シェイプ・オブ・ウォーター』
■マーティン・マクドナー 『スリー・ビルボード』

<脚色賞 ノミネート>
■☆ジェームズ・アイヴォリー 『君の名前で僕を呼んで』
•スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー 『ザ・ディザスター・アーティスト(原題) / The Disaster Artist』
■マイケル・グリーン、スコット・フランク、ジェームズ・マンゴールド 『LOGAN/ローガン』
•アーロン・ソーキン 『モリーズ・ゲーム』
•ヴァージル・ウィリアムズ、ディー・リース 『マッドバウンド 哀しき友情』


<主演男優賞 ノミネート>
■ティモシー・シャラメ 『君の名前で僕を呼んで』
•ダニエル・デイ=ルイス 『ファントム・スレッド』
■ダニエル・カルーヤ 『ゲット・アウト』
■☆ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
•デンゼル・ワシントン 『ローマン・J・イスラエル・エスク(原題) / Roman J. Israel, Esq.』

<主演女優賞 ノミネート>
■サリー・ホーキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』
■☆フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』
•マーゴット・ロビー 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
•シアーシャ・ローナン 『レディ・バード』
■メリル・ストリープ 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

<助演男優賞 ノミネート>
•ウィレム・デフォー 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』
■ウディ・ハレルソン 『スリー・ビルボード』
■リチャード・ジェンキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』
•クリストファー・プラマー 『ゲティ家の身代金』
■☆サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』

<助演女優賞 ノミネート>
•メアリー・J・ブライジ 『マッドバウンド 哀しき友情』
☆アリソン・ジャネイ 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
•レスリー・マンヴィル 『ファントム・スレッド』
•ローリー・メトカーフ 『レディ・バード』
■オクタヴィア・スペンサー 『シェイプ・オブ・ウォーター』

<外国語映画賞 ノミネート>
☆『ナチュラルウーマン』(チリ)
•『ジ・インサルト(原題) / The Insult』(レバノン)
•『ラブレス』(ロシア)
•『心と体と』(ハンガリー)
■『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(スウェーデン)

<長編アニメ賞 ノミネート>
■『ボス・ベイビー』
•『ザ・ブレッドウィナー(原題) / The Breadwinner』
■☆『リメンバー・ミー』
•『ファーディナンド(原題) / Ferdinand』
•『ゴッホ 最期の手紙』



昨年度は劇場に行く機会がなくてシェイプ・オブ・ウォーター』と『ダンケルク』、『ペンタゴン〜』しか見てなかった
夏休みにDVDをかりて見始める。
残りはまた冬の帰国時に。


2018.12
『君の名前で僕を呼んで』
『ウィンストン・チャーチル
をやっと観た。先に『ダンケルク』を観ていて良かった。
今のところ、私の世界観を変えたという意味でチャーチルの映画が一番

全170ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事