ギャラリー おまけ

引越し中:https://megmynit.blog.fc2.com/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

.
原題:Black Swan 伊題:Il cigno nero
監督:ダーレン・アロノフスキー


なんとも壮絶なお話でした。
クラシックバレエ『白鳥の湖』のお話をベースにした、サイコスリラー? ですけれど
こんなホラーでパラノイックな作品とは思いもせず・・・
観終わった後には全身から羽がぷつぷつ生えて来ちゃうかと思うくらい、
すっかり作品と、ナタリー・ポートマンの演技に取り込まれていました。

う〜〜(((( ;゚д゚)))ブルブル


          *       *       *       *       *


ニーナ(=ナタリーポートマン)はクラシックバレエのバレリーナ。New York City Ballet団の一員で、日々研鑽を積み重ねています。

かつてやはりバレリーナだった母(=バーバラ・ハーシー)の厳しい管理下、演目のプリマドンナを射止めるべく、その生活はバレエ一色。

役を巡るしのぎを削る争い、嫉妬、焦り、舞台裏の陰湿な雰囲気は、観客をある種の精神不安の中に放り込んでしまいます。

新しい演目『白鳥の湖』の主役候補に残ったものの、強力なライバル、リリー(=ミラ・クニス)の存在と才能におびえるニーナは、役をもらおうと意を決して舞台監督(=ヴィンセント・カッセル)の元を訪れる。

一方、前演目までのプリマドンナ、ベス(=ウィノナ・ライダー)は役をはずされて絶望の淵に・・・

ニーナは念願かなってプリマドンナに。それでも公演初日まで続く主役を巡る水面下の争いは続く・・・

はたして・・・王子の本当の愛を射止めることはできるのか、悪魔の呪いが解けて本来の姿に戻ることは出来るのか?

そしてタイトルにもなっている、“黒鳥”とはいったい?


          *       *       *       *       *


ニーナの役は、ナタリー・ポートマンにしか出来ないのではと思うくらいぴったり。
ガラスのような脆さを抱えて、それでも果敢に戦おうとして、その結果破綻するニーナという役を体当たりで演じていました。

ここから、ややネタバレです。



          *       *       *       *       *


これはね、母と娘との関係を描いたお話でもありましたね。
母の方は自分の達成できなかった夢を娘に託し、娘の方は母に対する負い目から、それを忠実に実行しようとするんですね。
ほとんど拒食症のようになっている娘の体も精神状態も痛々しいのですが、この人生の舞台を降りるわけにはいかない。

娘が就寝するときに、母が子守歌がわりにかけるオルゴールがあるのですけれど、娘はまさにそのオルゴールの上で踊らされる“人形”みたいなものなんですよね。

ところが、彼女に役が巡ってきて、一人で踊らなくてはいけなくなってくると、“表現する”ことで躓くんですね。なぜなら表現とは“自分自身”と対峙することだからなんです。

自分の殻を破って、内面にあるものを表現しろとけしかけられ、自分の“性”を解放することをけしかけられる。

ところが、彼女の内面には“自分”が見つからない。
なぜなら、その内側には“母の影”しかないからなんですね。 恐ろしいですね〜
その影を『白鳥の湖』の“黒鳥”として表しているのでしょうね。

性を解放することによって、今まで抑えていたものが姿を現しはじめると、その影がだんだん制御不能になってくる。
ニーナは次第に自分の地位を脅かすリリーの存在と、自分の中にあって自分を凌駕している母の影との区別が付かなくなってくるんですね。

これは、アイデンティティ・クライシスを描いたお話ともいえると思うのですけれど、それを肉体を使って表現するというところが、やはり監督の素晴らしいところなのではと思いました。
肉体こそが、個でもあるわけですからね。

なんか、こういうのはちょっと覚えがあるというか。
女性なら誰でも多かれ少なかれ、母親との関係でこういうことを経験しているのではないでしょうか。

でも、こういうストーリーがリアルだと思えるのは、女性がキャリアを求めるようになったからなのでしょうか。
現代の多くの女性に通ずるところもあるのではと感じさせる作品でした。

そういえば、ふと思い浮かんだのは、卓球の○ちゃんとか、バイオリンの五○さんでした。

男性がこれを見てどう感じるのかとても興味のあるところです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事