怪しげなラジコンヘリの記録

Hitecなどの韓国模型用品不買運動実施中

全体表示

[ リスト ]

日曜日にりえりえさんと「日本特殊鋼管大湊(おおみなと)精錬所跡」に行ってきました。

ここは「むつ市」の市街地近くにあり、マニアの間では結構メジャーな廃墟でして、前から一度行ってみたいと二人で話していた場所です。

イメージ 4

【日本特殊鋼管大湊精錬所跡】
1938年(昭和13年)下北半島の豊富な砂鉄を原料に日中戦争で需要が増した特殊鋼を生産する為に建設。
戦時中の資材不足・交通の便・チタン除去・等の理由で思うような生産できず1943年(昭和18年)稼働を停止。
戦時中は海軍に供出され、港湾施設と数十棟あった工場施設は武器庫・機銃砲台・化学工場などに利用された。
最盛期には18万坪の敷地に800人以上の従業員が従事、廃墟と化した建物は今も残る。


午後3時に出発して、2時間ちょっとの道のりですから、到着は5時を過ぎるでしょう。

初めて行った廃墟の場合、状況確認などで時間が取られますので、日が長くなったとはいえ「時間的に空撮ナシかな?」と考えながら目的地に向かいました。

ほぼ予想通りの時刻に「むつ市」に到着、「むつ市」と言えば「恐山」、ゆるキャラの「イタ子ちゃん」がお出迎えです。

イメージ 1


「大湊精錬所」は高い煙突が目印になっていまして、遠い所からでもおおよその見当は付くのですが、進入路がちょっと分かり辛いので、りえりえさんが助手席でグーグルマップを見ながらナビゲーションをしています。

私が「ここ曲がるんじゃね?」と言ってもりえりえさんは「もっと先」、通り過ぎてから「やっぱアソコ曲がるんだった」…ちょっとキレましたね、車のナビのお陰で無事到着しましたけど。



漁港側に停めた車を降りて、グルリと廃墟を見渡しますが、木々がジャングルの様に生い茂っているので、「煙突」以外の建造物は位置を確認することさえ困難です。

りえりえさんはグーグルマップを見ながら「あっち方向だと思いますけど…」と指差すので、とりあえずそちらに向かって進みました。


少し歩くと一匹のネコがこちらを向いて座っていたので、私が「おい廃墟はどっちだい?」と声をかけると、ネコは逃げる風でも無く、立ち上がってトコトコと奥に進んで行きます。

イメージ 2


実は私はネコの事をちょっと信用していたんですよ… 現に私たちが写真を撮ったりで歩く速度が遅くなると、ネコはこちらを振り返ってペースダウンするんです。

MOMOKO「きっとネコは我々を廃墟に案内しているに違いない」

りえりえ「んな、アホな」

イメージ 3


私は真っ直ぐ進むネコに付いて行こうとしたのですが、マップを見ていたりえりえさんが「ずぇーったい ココを曲がった方が近道ですから!」って訴えるものですから、ネコと別れて曲がりました。

結果的に近道ではありましたけど、イバラで体中がキズだらけになるような酷いルートでした。

ネコに付いて進んだ方が「遠回りだけど安全なルート」だったと判明したのは1時間後のことです。

(つづく)

閉じる コメント(4)

顔アイコン

顔が「なんばしよっと?そっちやなかとこっちばい!」と言ってます
私にはそう見える!(`・ω・´)シャキーン
こんど出身聞いてください、多分博多生まれですよw

2013/6/11(火) 午後 5:55 kaz*ki_*2*01 返信する

顔アイコン

今度こそは幽霊が写っていそうな気がします。

2013/6/11(火) 午後 6:14 motchin 返信する

顔アイコン

KAZさん こんにちは!
そこまでおっしゃるのなら「明太子」を与えて反応を見てみましょう。
送ってください、高級なヤツ(笑)

2013/6/12(水) 午前 2:42 MOMOKO 返信する

顔アイコン

もっちんさん こんにちは!
「恐山」がすぐ近くなので、コチラには不在の事が多いようですね。
カモシカみたいな足跡は見ました。

2013/6/12(水) 午前 2:45 MOMOKO 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事