ここから本文です
健康な食生活を目指して&ボーダーコリームギ
いつも拙いブログにお越しいただき、ありがとうございます。

書庫全体表示

もう一品、何か欲しいというときに重宝します。

とっても簡単です。お弁当に入れても美味しいですよ。

●ほうれん草の栄養

年間を通して手に入りますが、栄養価が高まり、おいしさも増す旬の季節は冬。霜にあたって甘みが増すと言われています。

ほうれん草はとても栄養価が高く、緑黄色野菜の代表です。とくにカロチンやビタミンC、鉄分を多く含んでいます。カロチンは抗酸化作用があると言われ、発ガン性物質の毒性を軽減して、がん予防に効果が期待できるほか、動脈硬化を防ぐ作用もあるとされています。

またカロチンとビタミンCの相乗的な効果で、肌荒れの防止、かぜ予防にも有効です。

根元の赤い部分には骨を丈夫にするマンガンが豊富に含まれていますので、捨てずに食べるようにしましょう。

ビタミンB1・B2、カルシウムなどの不足しがちな栄養素を含んでいて、消化もよい食材なので体質改善や病人にも向いています。

●じゃが芋の栄養

収穫は春と秋。産地によって収穫時期のずれがありますが、一般的に春に収穫されたじゃがいもを「新じゃが」と呼びます。皮が薄くて、みずみずしく茹でればツルリと皮が剥がれるのが新じゃがの特徴です。

じゃがいものビタミンCはでんぷんがビタミンCを包み込んで保護するので、加熱しても壊れにくいのが特徴です。ビタミンCは体内の粘膜を強化し、胃潰瘍・十二指腸潰瘍などに有効と言われています。

豊富に含まれるカリウムは体内のナトリウムを排出し、塩分バランスを調整するので、高血圧の予防にぴったりです。


また、じゃがいもはアルカリ性食品なので、肉や油料理につけ合わせることで、体内の酸性化を防いでくれます。

(旬の野菜・栄養情報より)


イメージ 1



<材料 2人分>

じゃがいも 60g
ほうれん草 60g
ごま油 小さじ1/2
醤油 小さじ1
かつを削り節 2g

<作り方>

1.じゃがいもは4cm長さに棒状に切り、水にさらして水気をきる。ほうれん草は熱湯で色よく茹で、冷水にとって水気を絞り、4cm長さに切る。

2.フライパンにごま油を熱して、じゃが芋を透き通るまでいためる。じゃがいもが透き通ったらほうれん草を加えてサッと炒める。醤油で味をととのえ、火を止めて、かつお節をまぶし、器に盛る。

にほんブログ村 料理ブログ
http://www.recipe-blog.jp/
↑レシピブログ
上記のブログのランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事